建設副産物/経験記述の部品集/建築施工


建築施工管理技術検定試験、経験記述問題の部品集を紹介するページです。
経験記述論文の文章構成は、問題提起をして、その問題に取り組んだ解決策を述べます。「○○○のため、◇◇◇に留意した。」
「○○○の問題点・課題があったため、◇◇◇の対策処置を講じた。」
「のため」「対策処置」の部品集を、たくさん掲載しています。


スポンサーリンク


建設副産物/経験記述の部品集/建築施工

建築施工管理、建設副産物の部品集は、次の項目について、
留意事項(のため)の部品、処置対策の部品を掲載しています。
廃棄物の処置対策、コンクリート塊、アスファルト塊、建設発生土、建設汚泥、建設発生木材、型枠、金属くず、その他の副産物、ゴミ処理など。

このページに掲載している、サンプル部品集は、ほんの一部です。
すべての部品集は、支援ツールを申込み後、ダウンロードして、ご確認ください。


実地試験の経験記述問題、解答例と部品集を、メールで送信しております。


処置対策の部品/型枠/サンプル部品集

留意事項:

鋼製型枠
型枠材(せき板)
型枠材料残材(木くず)
木製型枠

処置対策:

○型枠をフラットデッキに変更した。
○型枠材を合板からプラスチック型枠へ変更した。
○鋼製型枠を使用することにし、木くずの発生を抑えることを実施した。
○施工図作成時から他部所で流用できる型枠寸法とし、木製型枠は使用せず、プラスチック型枠を使用した。
○せき板を合板からプラスチック型枠へ変更した。
○型枠加工に伴う大量の木くずの残材を現場に設置した産業廃棄物箱へ捨てずに、持ち込み業者に持ち帰らせた。
○床版コンクリート打設にデッキプレートを使用した。
○型枠を加工場で加工した。
○型枠材料を打設後、現場内で使用できるように工夫して施工図を作成した。
○建設発生木材を出さないために、鋼製型枠を使用した。
○ウッドチップを使用したのり面保護の吹付け材を、他の現場工事における搬入路の路面材に使用した。

結果評価:

○工期短縮及び型枠材料費の削減を行った。
○合板の残材発生もなく、安全できれいな現場となった。
○木くずの発生抑制及び、型枠の現場加工の労務削減ができた。
○流用寸法とすることで、型枠数量を少なくすることができ、残材処分量も少なく処分費も軽減できた。
○せき板を途中で交換することなく施工できた。合板せき板の残材発生もなく完工できた。
○通常木くずは、産業廃棄物処理業者が回収に来るが、搬入業者に持ち帰らせることにより抑制効果も上がり処理代も節約できた。
○各業者の廃棄物持ち帰りを徹底して、不用材持ち込みが減った。
○型枠の処分が必要なくなり、建設副産物の発生の抑制だけでなく、工期短縮にもつながった。
○副産物の抑制のみならず、工期短縮も可能となった。
○天然資源である木材を使用した型枠の量を減らし、工期短縮に貢献できた。環境保全には有効であると考える。
○現場での加工を行わないので、ゴミが減り精度も確保できた。木材の省資源化に貢献できた。
○天然資源である木材の使用を減らすことができて、環境保全にも役立った。
○廃棄処分費の低減を行うことができた。


スポンサーリンク



処置対策の部品/その他の副産物/サンプル部品集

留意事項:

包装材・梱包材
資材の梱包用ダンボール
仕上材の梱包材
資材等の梱包材
製品の養生材
包装用ダンボール

処置対策:

○搬入材料の包装材等を仕上げの養生材として使用した。
○協力業者へ要請し、パレット等による搬入とした。
○資材の梱包用ダンボールを仕上げ材の養生材として使用した。
○関係業者に、梱包を少なくすると同時に、材料そのものを再使用するために引き取ってもらった。
○包装の簡略化及び無梱包搬入となるよう工夫した。
○作業員に分別収集を徹底させ、一般ごみと区別し、古紙回収業者に引取りしてもらった。
○あらかじめ資材搬入業者に依頼し、梱包材の少ないものを選定し、パレット等による搬入を促進した。
○メーカーに依頼して、再利用できる梱包材を使用した。
○各種仕上材の梱包材の削減を協力会社、メーカーに要請し、パレット等による搬入を促進した。
○全工種に対して廃棄物の処理方法について指導を徹底して行い、分別化を図った。
○梱包材の少ない材料を選んだ。また材料メーカーに梱包材を削減するように指示した。
○仕上部分の養生材として使用し、その後再生紙原料として処分業者へ委託した。

結果評価:

○包装材の処分費が減り、養生代を削減できた。
○梱包材の量を減らすことができた。
○養生材の購入費が約00%削減できた。完成後にはリサイクル業者に持ち込んだ。
○木材の残がらがほとんどなく、環境面から良い結果となった。
○紙くずの仕分け作業が減るとともに、廃棄物の減少につながった。
○作業員のごみの分別回収の意識高揚・作業場内の整理整頓にもつながり、作業性が向上した。
○現場搬入材料の無梱包化の促進によって梱包材を大幅に削減でき、産業廃棄物の処分費用を削減できた。
○現場で処理するごみが減り、現場の美化にもつながった。
○これまでに比べて搬出される梱包材の量を約00%削減することができた。
○指導を徹底したことにより処分に関するコストが従来に比べ00%以上削減できた。
○建設副産物が抑制でき、コストダウンにもつながり、満足できる成果であった。
○現場でのゴミが減り整理整頓にもつながるとともに、工程も順調に進んだ。
○現場の美化と作業工程の短縮に貢献できた。
○現場で発生する養生材を約半分とすることができ、大幅に養生材のゴミが減った。
○他の工種でも実施することで一層抑制につながる。


スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする