工程管理/経験記述の部品集/建築施工


建築施工管理技術検定試験、経験記述問題の部品集を紹介するページです。
経験記述論文の文章構成は、問題提起をして、その問題に取り組んだ解決策を述べます。「○○○のため、◇◇◇に留意した。」
「○○○の問題点・課題があったため、◇◇◇の対策処置を講じた。」
「のため」「対策処置」の部品集を、たくさん掲載しています。


スポンサーリンク


工程管理/経験記述の部品集/建築施工

建築施工管理、工程管理の部品集は、次の工種と項目について、
留意事項(のため)の部品、処置対策の部品を掲載しています。
土工については、土工、掘削、埋戻し、残土、運搬・搬入出、工事用道路など。
コンクリート工事については、コンクリート工、温度対策、型枠、砕石など。
一般工事については、気象・気候、時間・時期、作業員の増員、班編成・配置、機材の増加、並行作業、手戻り・手直し、ネットワーク工程表、バーチャート、工程表、フロート、クリティカルパス、工程会議、打合せ・協議、教育・指導、調査・確認・チェック、工程調整など。

このページに掲載している、サンプル部品集は、ほんの一部です。
すべての部品集は、支援ツールを申込み後、ダウンロードして、ご確認ください。


実地試験の経験記述問題、解答例と部品集を、メールで送信しております。


留意事項の部品/一般工事/サンプル部品集

時間・時期

○設置・撤去や切換作業などにかなりの時間を費やし、作業時間の短縮が求められていたため
○工事時間が夜00時から朝00時までと制限されたため
○夜間の作業時間は00時間しかなく、大型機械使用は大変困難であったため
○手直し、手戻り、手待ち時間をなくし、工期を守ることが求められたため
○適正な平均施工速度を確保して、損失時間のなくす必要があったため

○突貫工事を避け、00日間の作業工程の短縮を行い、工期の遅れを取り戻すため
○残工事は、A工事に00日間、B工事に00日間、C工事に00日間の合計00日間であったが、工期まで00日間しかなかったため
○1日の施工量に制限があり、効率的な日施工量を確保するため
○実際の作業日数は、かなり限られていたため


スポンサーリンク



処置対策の部品/一般工事/サンプル部品集

打合せ・協議

○他工事の関連業者と綿密な打合せを実施し、お互い影響の出ないよう日程調整を行った
○他工事の関連業者との打合せを綿密に実施して日程調整を行った
○他業者との合同打合せを行い、00週間で輻輳工事を完了させた
○手戻りや遅れが発生しないように、前日の作業打合せで作業手順を確認・徹底した
○機器搬入日のメーカーとの綿密な打合せにより、時間損失を防止した
○他工事業者と施工区分、作業の取合いの詳細打合せを行った
○メーカーと資機材納入時期の綿密な打ち合せを行った
○工事着手後は、関連各社の工事進捗状況と作業予定の報告等の打合せを行った
○関係機関との事前協議や地元説明を早期に行い、工事着工を極力早くするよう努めた
○監督員との協議を着工段階で実施し、変更決定及び変更設計を早めに依頼した
○各機関との事前協議や書類等の提出を早めに行い、早期に工事を開始させた
○設計変更等は早めに監督員と協議し、手待ち状態を回避した


スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする