ズバリ「実地試験、経験記述の出題予想です」1級建築施工管理技士

試験対策の質問に、お答えします / 1級建築施工管理技士

ご質問の内容「実地試験、経験記述の出題予想ありますか」1級建築施工管理技士

次のような、ご質問が多く寄せられます。
 先日1級建築施工管理技士の学科試験を受け自己採点では合格でした。
 実地試験に向けた勉強を始めておきたい。
 専門工事業者で働いており、学科は有料アプリで効率よく勉強ができたので、実地も独学でやりたい。
 実地試験勉強におすすめのアプリがあったら教えて欲しい。
 おすすめのテキスト勉強法のアドバイスが欲しい。
 経験記述の出題予想があれば教えてください。

実地の施工経験記述の出題を予想してみました

1級建築施工管理技士の受験者の方々から多くの質問をいただいております。試験対策を支援するため、この記事ではそれらのご質問にお答えしたいと思います。

・学科試験は解答が選択式ですから、アプリなどで勉強することも可能ですが、実地試験は、アプリなどの勉強では無理です。
・実地試験の問題には、穴埋め式と記述式があります。
・特に施工経験記述は、自分が経験した工事の課題や解決方法を、簡潔で技術的な具体文で記述しなくてはいけません。
・そのため、アプリなどで読む、暗記する、というだけでは実地試験対策として、おすすめできません。

・日常の業務にお忙しい現場管理者の方でも、効率的に試験準備のできる勉強法があります。
・どのような勉強法が良いのかご紹介しましょう。

効率的な経験記述対策は、出題予想と解答例から

・実地試験の経験記述では、施工した工事について、工事概要と指定された施工管理項目について技術的に具体的に記述しなくてはいけません。
・経験記述問題の対策には、経験現場の原案、工事概要、添削修正、暗記、書込みなど、多くの時間が必要です。
・本年度の出題を予想し、「経験記述問題の解答例」を使用し、自分が経験した現場条件に変更するだけで、オリジナルの解答文が出来上がります。

・具体的な施工経験記述の勉強法は、引き続き解説します。

経験記述の出題予想はズバリこれ。30件の解答例文がバックアップ。

・1級建築施工管理技術検定試験、経験記述問題の出題は、合理化施工、品質管理、環境問題が、1年ごとに出題されています。
・平成30年度の出題は、品質管理と、環境問題が、予想されます。

・「経験記述問題の解答例」を使用すれば短期間で、確実に合格点が獲れる経験記述の準備ができます。
・解答例文は、品質管理、合理化施工、環境問題など、30件の例文が揃っています。

1級建築施工管理技士に効率よく合格するには、経験記述の「出題予想と解答例」を使うことをオススメします。
一級施工管理取得者が作成した非常に好評な「出題予想と解答例」であり、例年通常の2倍近い合格率を誇っています。

合格するぞという意思をしっかり持って、がんばること。

建築工事の施工経験がある方でも、実際に受験してみると実地試験では不合格になってしまった、という事はたくさんあります。
いざ問題に取り掛かったら何も書けなかった、自分では合っていると思って書いたらテーマが違っていた、という結果になってしまう事が多いのが実地試験です。
経験記述問題では、時間をとり集中して書き込む練習も必要になってきます。
・最後まで、諦めず書き込むことです。ラスト5分もあれば、十分書けます。

・仕事をしながらでは時間を割くことが大変だと思いますが、合格するぞという意思をしっかり持って、頑張って記述問題に取り組んでください。
・きっと、合格の2文字が待っていますよ。

試験対策ツールの、経験記述の「出題予想と解答例」が、業務でお忙しい方々の一級電気工事施工管理技士の受験を支援します。





よく読まれている関連記事



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする