建築施工管理技士 実地試験の出題予想と問題集、重要度優先順位の高いものだけやればいい

試験対策の質問に、お答えします / 建築施工管理技士

ご質問の内容「一級と二級の同時受験、実地試験の出題予想と勉強法を教えて」建築施工管理技士

次のような、ご質問がたくさん寄せられます。
・二級建築施工管理技士を今年受験予定です。
・翌年は一級建築施工管理技士を受験しようかと考えています。
・早めに準備したいので、二級と一級の勉強を同時に進めようと思います。
・一級と二級ともに実地試験は難関だと思います。
・建築施工管理技士の実地試験の出題を予想したものはありませんか。
・また、時間をかけない実地試験の勉強法について、アドバイスをお願いします。

実地試験は暗記だけでは合格できない、一級と二級の同時受験の勉強法を紹介

建築施工管理技士の試験受験者の方々から多くの質問をいただいております。
受験を支援するため、この記事ではそれらのご質問にお答えしたいと思います。

・二級建築施工管理技士を取得すると、主任技術者や、営業所の専任技術者になることができます。
・一級建築施工管理技士を取得すると、二級の管理者に加え、監理技術者になることができます。
・資格試験に挑戦しているのであれば、勉強中の勢いに乗ってさらに上の資格も目指したいところです。

・二級建築施工管理技士、一級建築施工管理技士ともに、受験資格が定められています。
・二級を取得した者が一級の受験資格を得るには、二級合格後5年以上の実務経験が必要になります。
・二級の翌年に一級に挑戦するということであれば、一級を受験できるほかの受験資格が必要になります。

・学科試験の難易度においては、一級は二級に比べて出題分野が多くなりますが、二級と同時でもさほど問題はないと思います。
・しかし実地試験は記述式で出題されるため、学科試験のような単なる暗記では合格できません。
・実地試験では、施工管理や安全管理に関する専門知識が求められるため、難関な試験といえます。
・まずは一級と二級の両方の試験について、良く傾向を把握することが重要です。

次の項では、建築施工管理技士 一級と二級の同時受験にも対応した、実地試験の勉強法について、ご説明しています。

実地試験の勉強法は、「出題予想と重点項目集」の重要度、優先順位の高いものだけやればいい

それでは、ご質問の中でも特に多かった建築施工管理技士「実地試験の勉強法」についてご紹介します。

・建築施工管理技士の過去数年間の出題を分析した「実地試験の出題傾向一覧表」を作成しています。
・これを見れば、本年度の出題が予想できます。
・また、どのような問題が、どれくらいの頻度で出題されるのか、一目瞭然です。

・この出題傾向の分析から重点項目を絞り込み、これだけ項目集を作成しました。
・一級と二級の同時受験の実地試験の勉強法は、重点項目を絞り込んだ「これだけ項目集」の重要度、優先順位の高いものだけをやればいいのです。

・これだけ項目集では、出題年度・出題回数は、色を変えて記入しています。
・項目の重要度、覚える優先順位などが、ハッキリわかります。
・Wordデータです。並べ替え、編集して、オリジナルの項目集が作成できます。
・数枚づつ用紙に印刷して、通勤中や業務の合間にも、効率的な勉強ができます。

・出題傾向の分析と「これだけ項目集」を使用すれば、絞り込んだ重点項目を覚えるだけで、合格点が獲れる準備ができます。


1級建築施工管理技士に効率よく合格するには、実地試験の「出題予想とこれだけ項目集」を使うことをオススメします。
一級施工管理取得者が作成した非常に好評な「出題予想と重点項目集」であり、例年通常の2倍近い合格率を誇っています。

合格するぞという強い意欲を持ち、集中して頑張ってください

・建築施工管理技士の資格は、建設業界で働くには、持っていればとてもメリットがある資格です。
・上を目指し、一級と二級の同時受験に挑戦しようというお気持ちは素晴らしいと思います。
・資格取得には、効率よく勉強することが大切です、ご自身が持つ時間を最大限利用することが重要です。
・ステップを踏んで、できるだけ確実に実行できる、試験対策計画を立てよう。
・合格するぞという強い意欲を持ち、集中して夢がかなうよう、頑張ってください。

試験対策ツールの、実地試験の「出題予想とこれだけ項目集」が、業務でお忙しい方々の建築施工管理技士の受験を支援します。





よく読まれている関連記事



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする