建築施工管理技士1級「出題予想からの実地試験の勉強法」を紹介します

試験対策の質問に、お答えします / 建築施工管理技士

ご質問の内容「実地試験の出題予想、勉強のポイントを教えて」建築施工管理技士1級

建築施工管理技士1級の試験受験者の方々から多くの質問をいただいております。
・建築施工管理技士1級の、実地試験を受けます。
・実地試験の勉強の仕方についての質問です。
・実地試験の勉強は、過去の問題を7年分覚えるくらいで、実地試験を合格することができるでしょうか。
・実地試験の出題予想、勉強のポイントなども含めて、詳しく教えてほしいです。

実地試験の出題予想をもとに効率よく勉強して、合格できる秘策があります

建築施工管理技士1級の試験対策を支援するため、この記事ではそれらのご質問にお答えしたいと思います。

・建築施工管理技士1級は難易度が高い資格試験です。
・学科試験合格後の実地試験は、最も難しい難関試験です。

・学科試験と実地試験との大きな違いは、実地試験が記述式であるところです。
・建築施工管理技士1級の実地試験は、学科試験のように過去問だけ解くことで合格点が取れるほど簡単な試験ではありません。
・記述式は専門的な知識が必要となるので、ある程度建築現場の知識を持っていないと文章にして解答することができません。

・忙しい方でも効率よく勉強して、建築施工管理技士1級の試験に合格ができる秘策があります。
・この対策ツールは、合理的で省力的な試験対策で、資格試験の受験を変えるという信念で作成されています。

それでは、短期間で確実に実地試験の合格点が獲れる「出題予想と重点項目集」を次の項で紹介します。

「出題予想からの実地試験の勉強法」の紹介、建築施工管理技士1級

それでは、ご質問の中でも特に多かった建築施工管理技士1級「出題予想からの実地試験の勉強法」についてご紹介します。

過去問の分析による出題予想からの「これだけ項目集」を使用すれば、絞り込んだ重点項目を覚えるだけで、合格点が獲れる準備ができます。
建築施工管理技士1級の実地試験の勉強は、この「これだけ項目集」の重要度、優先順位が高い問題だけやればいいのです。

・建築施工管理技士1級の実地試験は、問題2 一般記述、問題3 躯体工事、 問題4 仕上げ工事、問題5 施工管理、問題6 法規から出題されます。
・まず、過去数年間の実地試験の出題を分析して「実地試験の出題傾向一覧」を作成します。
・これを見れば、本年度の出題が予想できます。
・どのような問題が、どれくらいの頻度で出題されるのか、一目瞭然です。

・続いて出題傾向一覧から、毎年出題される問題は、隔年・数年間隔で出題される問題は、頻度の多い出題は、近年人気の問題は、などを考慮して、特化すべき重点項目集を掲載しています。
・この特化すべき重点項目集を「これだけ項目集」と呼びます。

・これだけ項目集では、出題年度・出題回数は、色を変えて記入しています。
・項目の重要度、覚える優先順位などが、ハッキリわかります。
・Wordデータです。並べ替え、編集して、オリジナルの項目集が作成できます。
・数枚づつ用紙に印刷して、通勤中や業務の合間にも、効率的な勉強ができます。


建築施工管理技士1級に効率よく合格するには、実地試験の「出題予想とこれだけ項目集」を使うことをオススメします。
一級施工管理取得者が作成した非常に好評な「出題予想と重点項目集」であり、例年通常の2倍近い合格率を誇っています。

自己暗示は、集中力に最高の効果を発揮します

建築施工管理技士1級の実地試験は難関試験です。
次の言葉を信じ、集中力を維持して、実地試験の合格目指して頑張ってください。

・自分に暗示をかけるのは、特別な言葉にする必要はありません。
・言葉は思いを強めます。思いの強さは行動を変え、そして、驚くほどの集中力を高めていきます。
・思いの強さと集中力は比例しています。

・思いの強い言葉を唱えていれぱ、集中して行動でき、成功・実現に向けて、猛然と進むことができます。
・合格するため、必死になれる言葉を、明確にしてください。
・その言葉が、集中力を高める最良の自己暗示語となります。
・あとは日々、それを唱えるだけです。
・集中力、モチベーション、目標達成力、実現力がみるみる倍増していきます。

 「合格して、独立するぞ」
 「社会的信用を得て、自分の納得できる仕事をやるぞ」
 「家族に不自由をかけない、高収入を得てやるぞ」


試験対策ツールの、実地試験の「出題予想とこれだけ項目集」が、業務でお忙しい方々の建築施工管理技士1級の受験を支援します。




よく読まれている関連記事



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする