経験記述問題の解答例/1級建築施工管理



施工経験記述の対策は、過去に自分が経験した工事を選び、施工管理項目ごとに、事前に十分な準備をして、解答文を作成しておく必要があります。
そこで、効率的な試験対策を行うため、本年度の出題を予想し、独自の現場情報に書き換えるだけで、合格点の獲れる、解答例文を作成しました。

経験記述問題の解答例/1級建築施工管理

施工経験記述問題は、施工管理技士となるのにふさわしい施工管理能力を持つ技術者かどうかを、記述された施工経験の内容から判定する問題です。

下記の「経験記述の出題傾向」を見れば、本年度の出題は容易に予想できます。
本年度に出題が予想される施工管理項目(テーマ)に沿った、
合格点が獲れる「施工経験記述の解答例文」を、多数提供しています。

3,000名以上が合格できた、建築施工管理技術検定 支援ツールの実績です。

支援ツール名 H29
申込み数
H29~H15
申込み数(累計)
1級・2級 経験記述問題の対策
 出題予想と解答例文  
380 3,010


1級実地試験の経験記述問題の解答例を、メールで送信しています。

1級実地試験 経験記述の解答例は、ただ今、メール送信中です。


出題予想について(1級実地試験の経験記述)

 1級建築施工管理技術検定試験、経験記述問題の出題は、
合理化施工、品質管理、環境問題が、1年ごとに出題されています。
 下記の「経験記述の出題傾向」を見れば、本年度の出題は容易に予想できます。

平成29年度の出題は「合理化施工」でした。
平成30年度の出題は、品質管理と、環境問題が、予想されます。


解答例について(1級実地試験の経験記述)

 経験記述問題の対策の流れは、経験記述原案を練る、工事概要の数量を揃える、添削をうけ修正する、暗記する、書き込む訓練を行う、という手順になり、たくさんの時間が必要になります。
 「経験記述問題の解答例」を使用すれば、自分が経験した現場条件に変更するだけで、確実に合格点が獲れる経験記述の準備ができます。

解答例文は、下記の内容で、合計30件、作成しています。
品質管理 9件、合理化施工 12件、環境問題 9件。

解答例文は、次の内容で作成しています。

◇ 品質管理
 ・要求品質を実現するための品質管理活動
   ①工種、②要求品質、③重点品質管理目標、④目標達成する品質管理項目、
   ⑤品質管理項目を定めた理由、⑥管理した内容、実施した内容
 ・品質管理活動のあり方と効果
   ①現場での組織的な品質管理活動のあり方、
   ②組織的な品質管理活動により得られる効果
 ・協力業者へ伝達する手段や方法
   ①現場作業所の活動、②現場から社内関連部署への要請

◇ 合理化施工
 ・合理化施工の事例
   ①工種、②目的と実施した内容、③合理化に結び付く理由、
   ④品質を確保できる理由
 ・建設資材廃棄物の縮減に効果がある合理化施工
   ①効果がある施工方法、②効果的であると考える理由
 ・工期短縮と省力化に効果がある合理化施工
   ①工期短縮の合理化施工、理由と効果、②省力化の合理化施工、理由と効果

◇ 環境問題
 ・副産物の発生抑制、再生利用、適正処分の対策
   ①建設副産物対策名、②工種名、③実施した内容、④結果と評価
 ・現場での環境問題への取り組み
   ①地球温暖化、②熱帯林の減少、③水質汚染


スポンサーリンク


経験記述のサンプル解答例文/1級建築施工管理

このページに掲載している、サンプル解答文は、ほんの一部です。
すべての解答例は、支援ツールを申込み後、ダウンロードして、ご確認ください。

品質管理/サンプル解答文

要求品質を実現するための品質管理活動
① 工種
 左官工事
② 要求品質
 タイル張り用モルタル下地の躯体面への接着力を確保する。
③ 重点品質管理目標
 躯体面の表面処理を行ない、左官モルタルの剥離防止をすること。
④ 目標を達成する品質管理項目
 超高圧洗浄面の密実度の確認。モルタル用プライマーの適正使用。
⑤ 品質管理項目を定めた理由
 躯体表面が平滑であると左官モルタルの食込みが少なく接着強度が低くなり、異種材間にせん断力が発生するし、剥離、浮きの原因となる。また、プライマー配合が適正では無い場合、所定の接着力が発現しないためである。
⑥ 管理した内容、実施した内容
 超高圧洗浄面の密実度を確認するため、グリッドチェッカーを使用し、面積当りの傷数量を計測した。左官モルタル施工時には、プライマーの配合比を確認し、秤で希釈水とプライマーを計量し使用することとした。

合理化施工/サンプル解答文

合理化施工の事例
① 工種
 杭地業工事
② 目的と実施した内容
 杭地業工事において、施工が梅雨時期に差し掛かることがわかった。PHC杭の施工日数短縮及び降雨対策のために、接合部の溶接工法を機械式接合工法に、監理者と協議し変更した。

③ 合理化に結び付く理由
 従来の溶接工法では、溶接時間・パス間温度管理・溶接部非破壊検査を行うため、多くの時間を要する。機械式接合であれば、接合部にパーツを取り付け、ハイテンションボルトによる締め込みで完了し合理化できる。

④ 品質を確保できる理由
 従来の溶接工法では、溶接技術に品質が左右されるが、機械式接合であれば、ハイテンションボルトによる軸力管理および接合パーツの適切な資材管理により、目視で容易に品質を確保することができる。


1級実地試験の経験記述問題の解答例を、メールで送信しています。


経験記述の出題傾向/1級建築施工管理

は、予想が的中したものです。

 品質管理 H30
予想
H29 H28 H27 H26 H25 H24 H23 H22-
H16
品質管理項目の実施 3
顧客満足度の向上 1
品質の確認記録 1
組織活動のあり方 3
協力会社への伝達確認 1
 
 合理化施工 H30
予想
H29 H28 H27 H26 H25 H24 H23 H22-
H16
合理化施工の事例 2
 〃 と資材廃棄物削減
 〃 と工期短縮 2
 


まとめ/経験記述問題の対策/1級建築施工管理

施工経験記述問題で問われるのは、次のような点です。
・十分な実務経験があるか
・現場に常駐する主任技術者として適格であるか
・契約条件に基づき、施工計画が立案できるか
・工程管理、品質管理、安全管理等の管理能力が、的確であるか

施工経験記述問題の効果的な試験対策には、「出題予想と解答例文」が必要です。

☆ 出題予想について
1級建築施工管理技術検定試験、経験記述問題の出題は、
合理化施工、品質管理、環境問題が、1年ごとに出題されています。
平成30年度の出題は、品質管理と、環境問題が、予想されます。

☆ 解答例文について
「経験記述問題の解答例」を使用すれば、自分が経験した現場条件に変更するだけで、確実に合格点が獲れる経験記述の準備ができます。
解答例文は、下記の内容で、合計30件、作成しています。
品質管理 9件、合理化施工 12件、環境問題 9件。

☆ 余裕のあるスケジュール管理を
試験前は、余裕のあるスケジュール管理が必要です。
ゆとりと余裕が脳を活性化させ、強い集中力を生みます。
早めの「経験記述の支援ツール」、お申込みをおすすめします。
学科試験、実地試験の対策「これだけ項目集」も実績のあるツールです。併せて、お申込みください。

3,000名以上が合格できた、建築施工管理技術検定 支援ツールの実績です。

支援ツール名 H29
申込み数
H29~H15
申込み数(累計)
1級・2級 経験記述問題の対策
 出題予想と解答例文  
380 3,010


1級実地試験の経験記述問題の解答例を、メールで送信しています。




よく読まれている関連記事



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする