実地試験の出題予想から重点問題を絞り込む方法。一級電気工事施工管理技士

試験対策の質問に、お答えします/電気工事施工管理技士

ご質問の内容「効果的な実地試験の勉強法と出題予想を教えて」一級電気工事施工管理技士

次のような、ご質問がたくさん寄せられます。
 今度の一級電気工事施工管理技士の実地試験を受ける予定です。
 独学で挑戦したいと考えています。
 学科試験とは違い、実地試験は記述式のため、勉強方法がわかりません。
 実地試験を独学でやる場合、どのように勉強すれば良いのでしょうか。
 効果的な勉強方法のアドバイスをお願いします。
 また、出題の予想ってできますか。

出題予想を踏まえた実地試験の効率的な勉強法

一級電気工事施工管理技士の受験者の方々から多くの質問をいただいております。試験対策のため、この記事ではそれらのご質問にお答えしたいと思います。

・学科試験では比較的、皆さんはスムーズに勉強に取り組まれています。
・しかし、記述式の実地試験となると、何から手を付けて良いかわからない方が少なくありません。
・それは記述式の出題のため、単なる暗記や読むだけでは記述ができないことや、記述式の対策方法がわかりにくい、ということが理由として挙げられます。
・電気工事の経験がある方でも、実際に試験を受けてみたら、何も書けなかったということが、実は少なくありません。

・試験対策や効率的な勉強方法は、どの場合でも情報収集がポイントとなります。
・一級電気工事施工管理技士の実地試験に向けて、特に独学で勉強するには、まずは試験の内容と特徴、出題傾向をよく把握することです。
・全部で何問あり、どのような形式の問題が出るのか、点数配分や出題傾向など、内容を把握することで勉強法を考えることができます。
・これらを踏まえ、独学でも合格できる、出題予想を踏まえた、効率的な勉強方法をご紹介します。

実地試験の出題予想から重点問題を絞り込む方法

・一級電気工事施工管理技士の実地試験は、問題2 電気一般、問題3 ネットワーク工程表、問題4 施工管理法、問題5 法規から出題されます。
・それでは、実地試験を独学でやる場合の、効果的な勉強方法を紹介しましょう。

・まず、過去数年間の出題傾向を分析して、出題一覧表を作成します。
・この出題一覧表から、毎年出題される問題は、隔年・数年間隔で出題される問題は、頻度の多い出題は、近年人気の問題は、などが見えてきます。
・どのような問題が、どれくらいの頻度で出題されているのか、一目瞭然です。
・これらを考慮し、本年度の出題予想から、特化すべき重点問題を絞り込みます。

・重点項目集は、出題年度・出題回数は、色を変えて記入します。
・そうすれば、項目の重要度、覚える優先順位などが、ハッキリわかります。
・出題予想を踏まえ、絞り込んだ重点項目を覚えるだけで、合格点が獲れる準備ができます。
・これが、一級電気工事施工管理技士の実地試験を独学でやる場合の、効率的な勉強方法です。


一級電気工事施工管理技士に効率よく合格するには、実地試験の「出題予想とこれだけ項目集」を使うことをオススメします。
一級施工管理取得者が作成した非常に好評な「出題予想と重点項目集」であり、例年通常の2倍近い合格率を誇っています。

独学ではモチベーションの持続が必要不可欠です。

・独学での資格試験挑戦は、一級電気工事施工管理技士の実地試験に限らず、ご自身のモチベーションをいかに持続させることができるか、勉強時間をきちんと確保し続けるかが大きなポイントとなります。
・独学は自分の生活に合った、好きな時間やタイミングで勉強できる反面、自分自身で戒めない限り誰も強制してくれません。
・日々何かと忙しいでしょうが、実地試験に合格すれば晴れて資格取得です。
・最後まで、強い意志を持ち、合格を目指して頑張ってください。

試験対策ツールの、出題予想と重点項目集が、業務でお忙しい方々の一級電気工事施工管理技士の受験を支援します。





よく読まれている関連記事



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする