実地試験の出題を予想し、重要度が高い項目から覚えるだけで合格点。電気工事施工管理技士

試験対策の質問に、お答えします / 電気工事施工管理技士

ご質問の内容「現場知識に乏しい、実地試験の出題予想や勉強法を教えて」二級電気工事施工管理技士

次のような、ご質問が多く寄せられます。
・二級電気工事施工管理技士の受験のため勉強を始めています。
・学科試験は独学でやろうと思っています。
・現場にあまり行かない仕事なので、実地試験の知識が乏しいのです。
・実地試験は過去問を押さえ、出題を予想して勉強すれば合格できるでしょうか。
・実地試験だけは学校に通ったほうが良いでしょうか。
・出題予想のやり方や勉強法について、アドバイスをお願いします。

出題予想に基づく重点問題集、効率的な実地試験の勉強法を紹介します

電気工事施工管理技士の試験受験者の方々から多くの質問をいただいております。
試験対策を支援するため、この記事ではそれらのご質問にお答えいたします。

・電気業界で働く場合、電気工事施工管理技士は是非取得しておきたい資格です。
・電気工事業界で働く人にとって、電気工事施工管理技士は現在でも将来にわたっても、持っていると有益な資格です。
・二級電気工事施工管理技士は主に小規模工事を取り扱いますが、電気工事業界では重宝される資格ですから、是非とも取得しておきたい資格です。

・電気工事業界とはいえ、中にはあまり現場にあまり出ない仕事を担っている方も多いことでしょう。
・この場合、どうしても現場知識が乏しくなり、実地試験に不利なのではと考えてしまうのではないでしょうか。
・二級電気工事施工管理技士の学科試験については、独学でも支障ありません。

・一方で、実地試験の問題は、穴埋めや記述式で施工方法、法規、施工管理法などが問われます。
・また、自分が経験した工事体験を交えて解答文を作成する経験記述問題が出題されます。
・あまり現場に出られない方は、どのように実地試験に取り組めば良いかについて解説します。

それでは次の項で、現場経験の不足を補うことが出来る勉強法をご紹介します。
出題予想に基づく重点問題集、効率的に合格点が獲れる、電気工事施工管理技士 実地試験の勉強法です。

実地試験の出題予想と「これだけ項目集」を使用すれば、重点項目を重要度が高いものから覚えるだけです

・現場経験があまり積めず、実地に対する知識が乏しい場合でも、実地試験対策は可能です。
・電気工事施工管理技士の実地試験では、過去に出された問題が出てくることが非常に多いです。
・テーマを決めて、ある一定のローテーションでだされているのでは、といわれているくらいです。
・そのため、実地試験でも過去問からの出題予想がしやすく、対策が可能だということです。

それでは、ご質問の中でも特に多かった電気工事施工管理技士、実地試験の「出題予想や解答例」を使った勉強法についてご紹介します。

電気工事施工管理技士、実地試験の出題は、次の通りです。
・電気一般、語句記述、単線結線図、ネットワーク工程表、施工管理法、法規。

電気工事施工管理技士、実地試験の対策ツールでは、これらの出題傾向の分析から、本年度の出題予想しています。
・重点項目を絞り込み、重点問題集である「これだけ項目集」を作成しています。
・これだけ項目集では、出題年度・出題回数は、色を変えて記入しています。
・項目の重要度、覚える優先順位などが、ハッキリわかります。
・Wordデータです。並べ替え、編集して、オリジナルの項目集が作成できます。
・数枚づつ用紙に印刷して、通勤中や業務の合間にも、効率的な勉強ができます。

・「これだけ項目集」を見れば、特化すべき本年度の重点問題が絞り込めます。
・出題傾向の分析と「これだけ項目集」を使用すれば、絞り込んだ重点項目を重要度、優先順位が高いものから覚えるだけです。
・これが効率的に合格点が獲れる、電気工事施工管理技士 実地試験の勉強法です。


電気工事施工管理技士に効率よく合格するには、実地試験の「出題予想とこれだけ項目集」を使うことをオススメします。
一級施工管理取得者が作成した非常に好評な「出題予想と重点項目集」であり、例年通常の2倍近い合格率を誇っています。

実地試験の勉強では、締切の設定が強い集中力を生みます

・現場経験があまり積めない方の実地試験の論文対策には、「出題予想や解答例」などの試験対策ツールがないと勉強は進みません。
・しかし、電気業界にお勤めでしたら、周囲のわかる方に現場での体験を聞いて知識を深めるなど、事前準備に備えるのもひとつの実地試験対策です。
・就業しながらの独学では、時間のやりくりの他、自分一人でやりきるだけのモチベーションと根気を維持することが重要です。

・実地試験の勉強では、締切の設定が強い集中力を生みます。
・1カ月ではここまでマスターするためには、1週間でどこまでやればいいと予想する、これが「締切」になります。
・締切を設定すると、具体的な、一日当たり、一週間当たり、一カ月当たりの目標が明確になります。
・裏付けのある予想からの具体的な目標が、強い集中力を生むのです。

・現場経験が少ない方でも合格者は沢山いますから、電気工事施工管理技士の試験の合格を目指して、最後まで頑張ってください。

試験対策ツール、実地試験の「出題予想とこれだけ項目集」が、業務でお忙しい方々の電気工事施工管理技士の受験を支援します。




よく読まれている関連記事



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする