経験記述の解答例/2級電気工事施工管理




施工経験記述の対策は、過去に自分が経験した工事を選び、施工管理項目ごとに、事前に十分な準備をして、解答文を作成しておく必要があります。
そこで、効率的な試験対策を行うため、本年度の出題を予想し、独自の現場情報に書き換えるだけで、合格点の獲れる、解答例文を作成しました。

経験記述問題の解答例/2級電気工事施工管理

施工経験記述問題は、施工管理技士となるのにふさわしい施工管理能力を持つ技術者かどうかを、記述された施工経験の内容から判定する問題です。

下記の「経験記述の出題傾向」を見れば、本年度の出題は容易に予想できます。
本年度に出題が予想される施工管理項目(テーマ)に沿った、
合格点が獲れる「施工経験記述の解答例文」を、多数提供しています。

2,000名以上が合格できた、電気工事施工管理技術検定 支援ツールの実績です。

支援ツール名 H29
申込み数
H29~H15
申込み数(累計)
1級・2級 経験記述問題の対策
 出題予想と解答例文  
240 2,230


2級実地試験の経験記述問題の解答例を、メールで送信しています。

2級実地試験 経験記述の解答例は、ただ今、メール送信中です。


出題予想について(2級実地試験の経験記述)

近年の、電気工事施工管理技術検定試験、2級実地試験の経験記述問題の出題は、
工程管理と、安全管理が、1年おきに、出題されています。
平成29年度の出題は「安全管理」でした。

平成30年度の出題は、「工程管理」が予想されます。

施工経験記述問題は、工程管理と、安全管理について、
しっかりと準備して、臨んでください。

解答例について(2級実地試験の経験記述)

解答例文は、下記の内容で、合計24件、作成しています。
安全管理 6件、工程管理 18件。

解答例文は、次の内容で作成しています。

安全管理(感電災害、墜落・飛来落下災害)
 ① 危険性を予測した事項と理由  ② その対策

工程管理
 ① 工程上の問題と理由  ② その対策


スポンサーリンク


経験記述のサンプル解答例文/2級電気工事施工管理

このページに掲載している、サンプル解答文は、ほんの一部です。
すべての解答例は、支援ツールを申込み後、ダウンロードして、ご確認ください。


安全管理(墜落・飛来落下災害)/サンプル解答文

① 危険性を予測した事項と理由
 ケーブルラック取付用足場にて、昇降中・作業中・移動中に、墜落・飛来落下災害の発生が予測されたため。

② その対策
1.作業前に有資格者による足場の点検を行い、点検リストに記録・表示させた。
2.高所での作業には事前に安全帯の点検を行い、着用・使用を厳守させた。また、単独作業は禁止し、互いに見守ることで墜落防止を図った。
3.垂直昇降箇所(タラップ設置)には、ロリップを設けて昇降時に使用させた。ロリップの取付位置は、着用した安全帯より高い位置とした。
4.垂直昇降時には三点支持にて昇降し、部品工具等は工具袋に入れて、昇降後にロープ等で引き上げるように徹底させた。
5.足場上部では、常に手摺に安全帯のフックを掛けさせて作業及び移動をさせた。


工程管理/サンプル解答文

① 工程上の問題と理由
 受注生産品のケーブル納入が遅れると、ケーブル布設の工程に遅れが生じ、以降の結線・端末処理・配線チェック等の作業工程に影響を与えることが予測されたため。

② その対策
1.受注生産のケーブルは納入仕様書返却後に生産が開始され、通常3ヶ月程度の納期が必要となる。全体工程表にて納入時期を想定し、提出・返却期間、工程調整期間に余裕を確保して逆算した日付で納入仕様書を用意・提出を行った。
2.受注生産品については、メーカーのケーブル製造ライン能力により最低条長が決まっているので、メーカー担当者に確認を行い発注した。
3.単価の高いケーブルは実測するのが望ましいが、受注生産品については納期が間に合わないので施工図により算出し、余長を見込んで発注した。


2級実地試験の経験記述問題の解答例を、メールで送信しています。


経験記述の出題傾向/2級電気工事施工管理

は、予想が的中したものです。

出題項目 H30
予想
H29 H28 H27 H26 H25 H24 H23 H22-
H16
工程管理   2
安全管理   4
 


まとめ/経験記述問題の対策/2級電気工事施工管理

施工経験記述問題で問われるのは、次のような点です。
・十分な実務経験があるか
・現場に常駐する主任技術者として適格であるか
・契約条件に基づき、施工計画が立案できるか
・工程管理、品質管理、安全管理等の管理能力が、的確であるか

施工経験記述問題の効果的な試験対策には、「出題予想と解答例文」が必要です。

☆ 出題予想について
近年の、電気工事施工管理技術検定試験、2級実地試験の経験記述問題の出題は、
工程管理と、安全管理が、1年おきに、出題されています。
平成30年度の出題は、「工程管理」が予想されます。

☆ 解答例文について
解答例文は、下記の内容で、合計24件、作成しています。
安全管理 6件、工程管理 18件。

☆ 余裕のあるスケジュール管理を
試験前は、余裕のあるスケジュール管理が必要です。
ゆとりと余裕が脳を活性化させ、強い集中力を生みます。
早めの「経験記述の支援ツール」、お申込みをおすすめします。
学科試験、実地試験の対策「これだけ項目集」も実績のあるツールです。併せて、お申込みください。

2,000名以上が合格できた、電気工事施工管理技術検定 支援ツールの実績です。

支援ツール名 H29
申込み数
H29~H15
申込み数(累計)
1級・2級 経験記述問題の対策
 出題予想と解答例文  
240 2,230


2級実地試験の経験記述問題の解答例を、メールで送信しています。




よく読まれている関連記事



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする