経験記述の解答例/2級電気工事施工管理

スポンサーリンク


2tool-den

経験記述問題の解答例/2級電気工事施工管理

2級実地試験の経験記述問題の解答例を、メールで送信しております。

2級実地試験 経験記述の解答例は、ただ今、メール送信中です。


1.出題予想について(2級実地試験の経験記述)

近年の、電気工事施工管理技術検定試験、2級実地試験の経験記述問題の出題は、
工程管理と、安全管理が、1年おきに、出題されています。
平成28年度の出題は「工程管理」でした。

平成29年度の出題は、「安全管理」が予想されます。

施工経験記述問題は、工程管理と、安全管理について、
しっかりと準備して、臨んでください。

2.解答例について(2級実地試験の経験記述)

解答例文は、下記の内容で、合計20件、作成しております。
安全管理 12件、工程管理 8件。

解答例文は、次の内容で作成しています。

安全管理(感電災害、墜落・飛来落下災害)
 ① 危険性を予測した事項と理由  ② その対策

工程管理
 ① 工程上の問題と理由  ② その対策

2samp-den

経験記述のサンプル解答/2級電気工事施工管理

このページに掲載している、サンプル解答文は、ほんの一部です。
すべての解答例は、支援ツールを申込み後、ダウンロードして、ご確認ください。

安全管理(墜落・飛来落下災害)/サンプル解答文

① 危険性を予測した事項と理由
 ケーブルラック取付用足場にて昇降中・作業中・移動中に墜落・飛来落下災害の発生が予測されたため。

② その対策
1.作業前に有資格者による足場の点検を行い、点検リストに記録・表示させた。
2.高所での作業には事前に安全帯の点検を行い、着用・使用を厳守させた。また、単独作業は禁止し、互いに見守ることで墜落防止を図った。
3.垂直昇降箇所(タラップ設置)にはロリップを設けて昇降時に使用させた。ロリップの取付位置は着用した安全帯より高い位置とした。
4.垂直昇降時には三点支持にて昇降し、部品工具等は工具袋に入れて昇降後にロープ等で引き上げるように徹底させた。
5.足場上部では常に手摺に安全帯のフックを掛けさせて作業及び移動をさせた。

工程管理/サンプル解答文

① 工程上の問題と理由
 受注生産品のケーブル納入が遅れると、ケーブル布設の工程に遅れが生じ、以降の結線・端末処理・配線チェック等の作業工程に影響を与えることが予測されたため。

② その対策
1.受注生産のケーブルは納入仕様書返却後に生産が開始され、通常3ヶ月程度の納期が必要となる。全体工程表にて納入時期を想定し、提出・返却期間、工程調整期間に余裕を確保して逆算した日付で納入仕様書を用意・提出を行った。
2.受注生産品についてはメーカーのケーブル製造ライン能力により最低条長が決まっているのでメーカー担当者に確認を行い発注した。
3.単価の高いケーブルは実測するのが望ましいが受注生産品については納期が間に合わないので施工図により算出し、余長を見込んで発注した。


2級実地試験の経験記述問題の解答例を、メールで送信しております。


スポンサーリンク


2keikou-den

経験記述の出題傾向/2級電気工事施工管理

経験記述の出題傾向

は、予想が的中したものです。

出題項目 H29
予想
H28 H27 H26 H25 H24 H23 H22 H21-
H16
工程管理   1
安全管理   4
 


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする