土木施工管理技術検定試験



業務でお忙しい方々を支援する、試験対策ツールです。
「経験記述問題の出題予想と解答例文」
「学科試験・実地試験の対策(出題傾向の分析と重点項目集)」

土木施工管理技術検定試験/経験記述問題の解答例、学科試験・実地試験の対策

経験記述問題の出題予想と解答例文

 経験記述問題の対策には、経験現場の原案、工事概要、添削修正、暗記、書込みなど、多くの時間が必要です。
 「経験記述問題の解答例」を使用すれば、自分が経験した現場条件に変更するだけで、確実に合格点が獲れる経験記述の準備ができます。

2,000名以上が合格できた、土木施工管理技術検定 支援ツールの実績です。

支援ツール名 H29
申込み数
H29~H15
申込み数(累計)
1級・2級 経験記述問題の対策
 出題予想と解答例文  
320 2,480

  経験記述の解答例/1級土木施工    経験記述の解答例/2級土木施工


学科試験・実地試験の対策(出題傾向の分析と重点項目集)

 業務でお忙しい方々には、学科試験や実地試験の対策として、何をどう準備するかは、難しい悩みです。特化すべき本年度の、重点問題を掲載しています。
 「これだけ項目集」を使用すれば、絞り込まれた重点項目を覚えるだけです。

1,000名以上が合格できた、土木施工管理技術検定 これだけ項目集の実績です。

これだけ項目集 H29
申込み数
H29~H24
申込み数(累計)
1級・2級 学科試験・実地試験の対策
 出題傾向の分析と重点項目集
320 1,400

  これだけ項目集/1級 実地試験     これだけ項目集/2級 実地試験
  これだけ項目集/1級 学科試験     これだけ項目集/2級 学科試験


土木施工管理技術検定試験の支援ツールのサイトでは、
 1級・2級、経験記述の出題予想と解答例、使える部品集を、メール送信します。
 品質管理、工程管理、安全管理、環境問題の施工管理項目について、留意した技術的課題、検討した理由と内容、実施した対応処置を記述しています。

土木施工管理技術検定試験のこれだけ項目集のサイトでは、
 1級・2級、実地試験と学科試験の出題傾向分析と重点項目集を、メール送信。
 実地試験は、土工、コンクリート工、品質管理、施工計画、安全管理、建設副産物、環境対策などについて、出題傾向分析と重点項目集を作成しています。
 学科試験は、土木一般、専門土木、法規、共通工学、施工管理法などについて、出題傾向分析と重点項目集を作成しています。


スポンサーリンク

kouji-dob

土木工事内容のサンプル/経験記述問題

土木施工管理試験の経験記述で記入する、具体的な工事内容を紹介します。
工事名、発注者、工期、工種、施工量、工事現場における立場などの記述例です。

土木工事内容の記述例(経験記述問題)

工事名の記入例
① 土木工事名であること。
② 契約書等に記載されている正式の工事名とする。
③ 完了した工事名とする。
  ○○排水区○○幹線管渠布設工事    ○○用水路○○工区工事
  地下鉄○○線○○駅新設工事      ○○線○○トンネル工事
  ○○橋上部工架設工事         ○○自動車道○○高架橋工事
  ○○フィルダム盛立工事        ○○ダム建設工事
  ○○工業団地整地工事         ○○土地区画整理事業造成工事

発注者の記入例
① 下請け工事の場合は、元請けの業者名を記入する。
  ○○県                ○○県○○土木事務所
  ○○県○○市             国土交通省○○工事事務所
  国土交通省○○地方建設局       首都高速道路公団
  JR西日本              住宅都市整備公団○○支社

工期の記入例
① 契約書に記載されている工期、実施した工期を記入する。
② 完了済みの工期とする。
  平成○○年○○月~平成○○年○○月

主な工種、施工量の記入例

① 土木工事の工種であること。
② その工事の主体的な工種を2~3記入する。
③ 問題提起した課題の工種を入れること。

④ 「主な工種」に記入した工種の施工量を記入する。
⑤ 土量、打設コンクリート量、下水管の径と長さなど具体的な施工量を記入する。

主な工種:土工、コンクリート工
施工量 :掘削土量 70,000m3、コンクリート打設量 6,000m3

主な工種:道路土工、舗装工
施工量 :掘削工 5,500m3、盛土工 17,000m3、アスファルト舗装工 25,000m2

主な工種:浅層安定処理工
施工量 :延長100m、幅40m、厚さ1.5m、改良土量 6,OOOm3、
     安定材添加量 100kg/m3

主な工種:コンクリート工、鋼管矢板工
施工量 :コンクリート打設量 1,400m3、鋼管矢板 φ1000mm H=20m 40本

工事現場における立場の記入例
① 指導監督的な立場を記入する。
② 係長、課長などの役職は記入しない。
  現場監督員、    主任技術者、    現場代理人




よく読まれている関連記事



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする