品質管理/経験記述の部品集/土木施工


土木施工管理技術検定試験、経験記述問題の部品集を紹介するページです。
経験記述論文の文章構成は、問題提起をして、その問題に取り組んだ解決策を述べます。「○○○のため、◇◇◇に留意した。」
「○○○の問題点・課題があったため、◇◇◇の対策処置を講じた。」
「のため」「対策処置」の部品集を、たくさん掲載しています。


スポンサーリンク


品質管理/経験記述の部品集/土木施工

土木施工管理、品質管理の部品集は、次の工種について、
留意事項(のため)の部品、処置対策の部品を掲載しています。

土工は、掘削、盛土・埋戻し、調査・観測、工事用道路など。基礎工は、排水・湧水対策、軟弱地盤対策、地盤改良・置換え、基礎杭(アースドリル工法)など。コンクリート工は、材料・種類、プラント・工場、運搬、配合、打込み、養生、脱型の時期、テストピース、ジャンカ、コールドジョイント、ひび割れ・クラック、仕上げなど。鉄筋工は、かぶり、養生、継手、内部欠陥など。舗装工は、プラント・運搬、温度管理、舗設など。下水道は、推進工、管・材料など。塗装工など。品質管理の方法は、施工要領書、熟練工、チェック・その他など。

このページに掲載している、サンプル部品集は、ほんの一部です。
すべての部品集は、支援ツールを申込み後、ダウンロードして、ご確認ください。


実地試験の経験記述問題、解答例と部品集を、メールで送信しております。


留意事項の部品/土工/サンプル部品集

盛土・埋戻し

○埋戻・盛土による、路床部の安定を図り、強度を確保するため
○現場発生土は、高含水比であり、無処理では盛土材として不適当であったため
○種類の異なる盛土材を用いた盛土の管理が必要であったため
○場内発生の粘性土を、盛土材として利用しなければならないため

○安定したトラフィカビリティーを確保するため
○盛土工法の決定と、盛土の締固めの管理が必要であったため
○コーン指数が3~4と、トラフィカビリティーの確保が困難であったため
○軟弱地盤対策として、盛土部分の強度確保が必要なため
○飽和度、空気間隙率の管理基準値をクリアするための施工方法を検討するため

○施工箇所は、路体の現場CBRが00以下の軟弱地盤上であったため
○現場流用土と採取土により、軟弱地盤上の傾斜地に、高さ00mの盛土を行うため
○盛土材、搬入条件、雨水処理などの問題点を解決し、盛土の品質を確保するため
○設計時調査に比べて、盛土材料のばらつきが大きく、細粒分含有率が00%も高いことが判明したため


スポンサーリンク



処置対策の部品/基礎工/サンプル部品集

排水・湧水対策

○特に湧水の多い切土法尻に、地下排水工としてφ000の有孔管を00カ所、総延長000mにわたって埋設した
○特に軟弱な部分は良質の砂れき土に置き換えるとともに、排水と乾燥の両面で促進を図った
○砕石を敷設することで、トラフィカビリティーを確保した
○盛土にあたっては、厚さ00cmのサンドマットを設け、地盤の排水を促進した
○土は薄層に敷き均し、乾燥を図りながら十分転圧することで、強度を確保した

○湧水遮断のため、仮排水を湧水箇所、区画の切土部分に0.0m~0.0m程度の深さで施工した
○湧水対策として、構造物周辺にφ000の有孔管を、地下排水溝として埋設した
○粗目の砕石を巻き立て、排水の促進を図った

○ウェルポイント工法にて地下水位を下げ、掘削面に順次栗石を敷均し締め固めた
○釜場排水を設けることによって、掘削面の早期安定とドライ化を図った
○粒度調整砕石を00cm厚で敷き均し締め固めた上に、早強コンクリートを00cm厚で打設して120°基礎とした
○接合部においては、樹脂モルタルを360°シール巻き立てて保護した
○埋戻は、良質土を用い均等に敷き均して、005cmごとにタンパーで入念に締め固めた

○礫層の地下水の流速を測定し、施工上ほとんど影響のない地下水の流れであることを明らかにした
○構造物を土木シートで被い、コンクリートが地下水に洗われにくいようにした
○作業工程ごとに、鉄筋応力や変位を測定した
○コンクリート外観や漏水について、異状の有無を確認した

○法面の湧水量低減策として、背面に釜場排水を、法面内に暗渠排水管を設置した
○除去層下部からの湧水量低減策として、ディープウェルを3ケ所設置した
○除去・置換時の湧水量を極力抑えるため、1区画の施工延長を10mに限定した
○盛土1層目の材料は、水中でも締固め可能な栗石に変更し、遮断層の役目を持たせた

○少量の漏水箇所は、おが屑を詰め込んだ布袋を外側からロープで垂らした
○おが屑が水圧により吸い寄せられることで、漏水原因の穴を塞いだ
○それ以上の漏水箇所は、内側から鉄板を溶接した
○ビニールパイプを差し込んだ後、漏水箇所付近に採石を充填した
○上部をコンクリートで固定し、パイプ内の水位が上昇することで、水頭差により止水させた


スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする