環境保全/経験記述の部品集/土木施工


土木施工管理技術検定試験、経験記述問題の部品集を紹介するページです。
経験記述論文の文章構成は、問題提起をして、その問題に取り組んだ解決策を述べます。「○○○のため、◇◇◇に留意した。」
「○○○の問題点・課題があったため、◇◇◇の対策処置を講じた。」
「のため」「対策処置」の部品集を、たくさん掲載しています。


スポンサーリンク


環境保全/経験記述の部品集/土木施工

土木施工管理、環境保全の部品集は、次の項目について、
留意事項(のため)の部品、処置対策の部品を掲載しています。
地球温暖化、熱帯林の減少、水質汚染・濁水対策、地下水処理、大気汚染・粉塵対策、資源の枯渇、環境負荷の低減、騒音・振動対策など。

このページに掲載している、サンプル部品集は、ほんの一部です。
すべての部品集は、支援ツールを申込み後、ダウンロードして、ご確認ください。


実地試験の経験記述問題、解答例と部品集を、メールで送信しております。


処置対策の部品/水質汚染・濁水対策/サンプル部品集

留意事項:水質汚染

処置対策:

○現場内処理水は、砂利、砂層などの所定フィルター層にて処理し、沈殿池を設置した。
○現場内で発生した汚水をそのまま下水に放流せずに、浄化ピットにて浄化した。
○降雨時に土砂が、掘削土置き場から周辺排水路などに流出しないよう、調整池・仮設沈砂池を設置した。
○工事現場からの濁水の流出防止策について検討した。
○地下の掘削作業で発生する湧水の排水について、湧水の水質に応じ適切な水処理施設を設置する計画とした。
○地下湧水の水質が良好な場合には、場内散水等に直接利用することとし、放出量を低減できる排出方法について検討した。
○地下掘削で発生する濁水、酸性やアルカリ性廃液に対して、適切な水処理施設の設置など、保全措置を検討した。
○コンクリート工事中に、高アルカリ性の排水や濁水が発生したが、切り回し水路と仮設沈砂池を設置して、工事範囲の排水が直接下流域に流出しないように対処した。
○排水の水質に応じて適切な水処理を計画し、モニタリングによって水質を確認した後に放出を行った。
○工事に発生した濁水の拡散を抑制するため、濁水の発生が少ない工法を検討し、汚濁防止膜、汚濁防止フェンスを設置した。


スポンサーリンク



処置対策の部品/地下水処理/サンプル部品集

留意事項:地下水処理

処置対策:

○地下水をポンプで汲み上げ沈砂槽にかけてから、土工事の道路清掃に再利用した。
○掘削工事部分をドライにするため、掘削部分の地下水は、掘削前に汲み上げられる。
○酸化・変質による地下水の水質変化が土質へ及ぼす悪影響を避ける方法を検討した。
○地下水を下水へ放流することによる環境負荷を削減するため、汲み上げた層へ地下水を戻す工法について検討した。
○地下水を取水するため、掘削工事で周囲に止水壁をつくり、井戸を掘るディープウェルを設置した。
○汲み上げた地下水の水質変化を避けるため、完全密閉型の配管設備を経由して、汲み上げた層へ戻した。


スポンサーリンク



処置対策の部品/騒音・振動対策/サンプル部品集

留意事項:騒音・振動対策

処置対策:

○建設機械の稼働時の騒音・振動を低減するため、複数の建設機械を同時に使用する作業手順を極力少なくした。
○建設機械の作業を可能な限り周辺住宅から離すような計画とした。
○工事現場周辺の立地条件を調査し、全体的に騒音・振動を低減する方法について検討した。
○工事用車両走行時の騒音・振動を低減するため、法定速度の厳守、過剰な積載をしないことなど、運転者への指導・教育の徹底について検討した。
○周辺住民との良好な関係が維持できるよう、工事概要を事前に周辺住民に説明して、協力を得られるようにした。
○可能な限り低騒音型の建設機械を使用した。
○騒音・振動を起こさない作業方法に留意し、作業時間を厳守した。
○歩行者が多く歩車道の区別のない道路は、できる限り避ける運搬ルートとした。
○運搬道路は、往路と復路を別経路にして、影響区域を分散した。
○舗装道路や幅員の広い道路を選び、急な縦断勾配や急カーブの多い道路は避ける経路にした。
○周辺住民と事前に十分話し合い、快適なまちづくりになる工事であることを説明し、了解を得るように努めた。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする