これだけ項目集/1級 実地試験/土木施工



施工管理技士の資格の取得は、十分な実務経験を有する技術的評価と、的確な管理能力を備えた技術者、人材として評価され、優遇されます。
この「これだけ項目集」(出題傾向の分析と重点項目集)が、学科試験・実地試験の勉強法がかわからない方、業務でお忙しい方々の受験を支援します。


これだけ項目集/1級 実地試験/土木施工管理

出題を分析した「実地試験の出題傾向」を見れば、本年度の出題が予想できます。
どのような問題が、どれくらいの頻度で出題されるのか、一目瞭然です。
「これだけ項目集」は、出題回数別に色分けした解答例です。下記の「これだけ項目集のサンプル」を見れば、特化すべき本年度の重点問題が絞り込めます。

1,000名以上が合格できた、土木施工管理技術検定 これだけ項目集の実績です。

これだけ項目集 H29
申込み数
H29~H24
申込み数(累計)
1級・2級 学科試験・実地試験の対策
 出題傾向の分析と重点項目集
320 1,400


1級 実地試験の重要項目集と出題傾向を、メールで送信しています。

これだけ項目集と出題傾向は、ただ今、メール送信中です。


これだけ項目集について/1級 実地試験/土木施工

「これだけ項目集」では、出題傾向を分析して、出題一覧表を作成しています。
どのような問題が、どれくらいの頻度で出題されているのか、一目瞭然です。
毎年出題される問題は、隔年・数年間隔で出題される問題は、頻度の多い出題は、近年人気の問題は、などを考慮し、特化すべき重点問題を掲載しています。

出題傾向の分析と「これだけ項目集」を使用すれば、
絞り込んだ重点項目を覚えるだけで、合格点が獲れる準備ができます。

これだけ項目集とは
・出題傾向の分析から、重点項目を絞り込み、これだけ項目集を作成しています。
・これだけ項目集では、出題年度・出題回数は、色を変えて記入しています。
・項目の重要度、覚える優先順位などが、ハッキリわかります。
・Wordデータです。並べ替え、編集して、オリジナルの項目集が作成できます。
・数枚づつ用紙に印刷して、通勤中や業務の合間にも、効率的な勉強ができます。


スポンサーリンク


これだけ項目集のサンプル/1級 実地試験

これだけ項目集では、1級 実地試験で出題されるすべての、
次の出題分類について、重要項目集と出題傾向を作成しております。

1級実地試験は、
問題2 土工、問題3 コンクリート工、
問題4 品質管理、問題4 施工計画、問題5 安全管理、問題6 建設副産物。

このページに掲載している、サンプル項目集は、ほんの一部です。
すべての項目は、これだけ項目集を申込み後、ダウンロードし、ご確認ください。

1級 実地試験 問題2 土工のサンプル

1土木 実地  H25-2-2  H23-2-2  H19-2-2  H18-2-2
深層混合処理工法
 深層混合処理工法は、軟弱地盤中に現地土とセメント系固化材を処理機を用いて攪拌混合し、所定の強度に固化することで、地盤沈下を防止し、支持力、せん断強度を高める工法である。
 各種構造物の基礎地盤改良として用いられる他、山留め壁、掘削時の地盤安定確保のような仮設構造物としての用途もある。
 海上埋立地などでは、液状化対策として採用される。
 〔期待される効果〕
  ・全沈下量の減少
  ・すべり抵抗の増加
  ・せん断変形の抑制

1級 実地試験 問題3 コンクリート工のサンプル

1土木 実地  H29-8-1  H27-3-2  H25-3-1  H20-3-1-3
暑中コンクリートの打込み
 暑中コンクリートの打込み時のコンクリートの温度は、35℃以下でなければならない。
 暑中コンクリートの練り混ぜ開始から打ち終わりまでの時間は、1.5時間以内とする。
 直射日光などにより高温になると予想される箇所は、散水、覆いなど、適切な処置を講じる。
 暑中コンクリートの打込み時には、コンクリートから吸水すると予想される箇所の湿潤状態を保持する。
 暑中コンクリートでは、運搬中のスランプの低下、連行空気量の減少、コールドジョイントの発生などの危険性があるため、コンクリートの打込み温度をできるだけ低くする。


1級 実地試験の重要項目集と出題傾向を、メールで送信しています。


1級 実地試験の出題傾向/土木施工管理

このページに掲載している、実地試験の出題傾向は、ほんの一部です。
すべての出題は、これだけ項目集を申込み後、ダウンロードし、ご確認ください。

1級 実地試験 問題2 土工 の出題傾向

出題傾向の分析と重点項目について

 問題2 土工の問題は、文章に当てはまる適切な語句を記述します。土と地盤特性からは、材料の粒度分布、材料の遮水性、偏土圧など。
 掘削・切土からの出題は、掘削底面の安定、ポイリング、ヒービング、盤ぶくれ、地下水位低下工法、切土法面の排水工の種類と機能・目的など。
 盛土・埋戻しからの出題は、トラフィカビリティの確保、含水比の増加、剪断強度の低下、地下排水対策などの出題が予想されます。
 切土を盛土に流用する土量計算の出題も予想されます。
 問題2 土工の問題は、対策工法の概要・効果・留意点について記述します。
 軟弱地盤対策からの出題は、対策工法の説明と効果、盛土補強工法、サンドドレーン工法、深層混合処理工法、ウェルポイント工法、押え盛土工法、プレローディング工法などの出題が予想されます。
 法面保護工からの出題は、法面保護工の目的と留意点、種子散布工、植生基材吹付工、現場打ちコンクリート枠工、吹付枠工などの出題が予想されます。

は、予想が的中したものです。

問題2 土工 H30
予想
H29 H28 H27 H26 H25 H24 H23 H22-
H17
◇ 土留め工
 掘削底面の安定
 ボイリング 1
 ヒービング
 盤ぶくれ
 パイピング
 土留め壁の根入長 1
 土留め壁の変状現象 1
 土留め壁の補助工法 1
 破壊現象と計測管理
 土留め壁の目視点検項目 1
 土留支保工の目視点検 1
 土留工の計測管理と対策 1
 

このページに掲載している、実地試験の出題傾向は、ほんの一部です。
すべての出題は、これだけ項目集を申込み後、ダウンロードし、ご確認ください。


まとめ/実地試験の対策/1級土木施工管理

出題傾向の分析と「これだけ項目集」を使用すれば、
絞り込んだ重点項目を覚えるだけで、合格点が獲れる準備ができます。

これだけ項目集とは
・出題傾向の分析から、重点項目を絞り込み、これだけ項目集を作成しています。
・これだけ項目集では、出題年度・出題回数は、色を変えて記入しています。
・項目の重要度、覚える優先順位などが、ハッキリわかります。
・Wordデータです。並べ替え、編集して、オリジナルの項目集が作成できます。
・数枚づつ用紙に印刷して、通勤中や業務の合間にも、効率的な勉強ができます。

☆ 余裕のあるスケジュール管理を
試験前は、余裕のあるスケジュール管理が必要です。
ゆとりと余裕が脳を活性化させ、強い集中力を生みます。
「これだけ項目集」(出題傾向の分析と重点項目集)、早めのお申込みを。
施工経験記述問題の対策「出題予想と解答例文」も実績のあるツールです。
併せて、お申込みください。

1,000名以上が合格できた、土木施工管理技術検定 これだけ項目集の実績です。

これだけ項目集 H29
申込み数
H29~H24
申込み数(累計)
1級・2級 学科試験・実地試験の対策
 出題傾向の分析と重点項目集
320 1,400


1級 実地試験の重要項目集と出題傾向を、メールで送信しています。




よく読まれている関連記事



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする