実地試験の出題予想と勉強法を教えます。一級土木施工管理技士。

試験対策の質問に、お答えします/土木施工管理技士。

ご質問の内容「実地試験の記述式の勉強法を教えて、出題予想はできますか」一級土木施工管理技士

 一級土木施工管理技士の学科試験には合格しました。
 学科試験の勉強は、過去問を繰り返して勉強することで、80~85%は点数が取れる感じでした。
 実地試験の勉強は、過去問の繰り返しで合格ラインまでいけるのでしょうか。
 実地試験の過去問をさらっと一通り見たのですが、
 記述式問題はどんなふうにでも解答できる感じなので、過去問の対策だけで合格できるのか、不安に思っています。
 実地試験に合格された方は、どんな勉強方法で対策をされてきたのでしょうか。
 実地試験の出題予想は、簡単にできるものなのですか。

実地試験の記述式の攻略は、出題を予想することから

一級土木施工管理技士の受験者の方々から多くの質問をいただいております。試験対策を支援するため、この記事ではそれらのご質問にお答えしたいと思います。

・工事現場の現場担当者の仕事を行う場合は、一級土木施工管理技士の資格取得が求められます。
・一級土木施工管理技士の資格を持っていないと仕事ができない工事の種類があるので、会社としては一級土木施工管理技士の資格取得を求めます。
・一級土木施工管理技士は難易度が高い試験ですので、簡単に合格できる資格ではありません。
・中には、何度も受けている方もいるのではないでしょうか。

・一級土木施工管理技士を受ける人のほとんどの方が、日常の現場仕事が忙しいのが現状です。
・そのため、勉強する時間が限られている状態で試験へと挑まないといけません。
・忙しい合間を利用して、コツコツと少ない時間を積み重ねて勉強をしていくことが、とても大事となります。

・一級土木施工管理技士の試験は、学科試験と実地試験があります。
・中でも難しいと言われているのが、実地試験です。
・昨年度の実地試験の合格率は30.0%と、3割以下の合格率となっています。

・実地試験の合格率が低い理由は、択一式でなく記述式の問題なので、どのように勉強すれば良いのかわかりにくいという方が非常に多くいます。
・記述式の文章問題でも、コツを掴むことで効率よく勉強することができます。
・忙しい現場担当者でも効率よく試験勉強をして、合格できる秘策があります。

・過去数年間の実地試験の出題傾向を分析して、本年度の出題を予想します。
・その出題が予想される重点問題だけに特化して勉強すればよいのです。
・この効率的な勉強法について、詳しくご紹介しましょう。

出題予想から重要度と優先順位が一目瞭然、実地試験は重点問題だけやればいい

・出題予想から、重点問題だけに特化して行う、効率的な勉強法を紹介します。
・次に紹介するすべての教材が揃っている、一級土木施工管理技士の試験対策ツールがあります。必見です。

・まず、過去の実地試験の出題傾向を分析し、出題一覧表を作成しています。
・この一覧表を見れば、どのような問題が、どれくらいの頻度で出題されているのか、一目瞭然です。
・毎年出題される問題は、隔年・数年間隔で出題される問題は、頻度の多い出題は、近年人気の問題は、などが見えてきます。
・これらを考慮し、本年度の出題を予想し、特化すべき重点問題を絞り込みます。

・このサイトでは、特化すべき重点問題を「これだけ項目集」と呼んでいます。
・これだけ項目集では、出題年度・出題回数は、色を変えて記入しています。
・項目の重要度、覚える優先順位などが、ハッキリわかります。
・Wordデータです。並べ替え、編集して、オリジナルの項目集が作成できます。
・数枚づつ用紙に印刷して、通勤中や業務の合間にも、効率的な勉強ができます。


一級土木施工管理技士に効率よく合格するには、実地試験の「出題予想とこれだけ項目集」を使うことをオススメします。
一級施工管理取得者が作成した非常に好評な「出題予想と重点項目集」であり、例年通常の2倍近い合格率を誇っています。

満点をとる必要はない、効率的に要領よく合格点以上を目指そう。

・一級土木施工管理技士の実地試験も、満点をとる必要はありません。
・効率的に要領よく合格点以上をとれば、資格取得となります。

・一級土木施工管理技士の実施地検の勉強は、1日1時間ずつ行っても十分な対策となります。
・現場仕事は忙しいですが、1日1時間を目標に勉強をして、実地試験に取り組みましょう。
・1日1時間であれば、どなたでも時間を割いてコツコツと勉強することができます。

試験対策ツールの、実地試験の「出題予想とこれだけ項目集」が、業務でお忙しい方々の一級土木施工管理技士の受験を支援します。





よく読まれている関連記事



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする