重点項目を重要度が高いものから覚えるだけの実地試験の勉強法/土木施工管理技士

試験対策の質問に、お答えします / 土木施工管理技士

ご質問の内容「現場監督の経験がない、実地試験の勉強法を教えて」二級土木施工管理技士

次のような、ご質問がたくさん寄せられます。
・会社から言われ、今度の二級土木施工管理技士の試験を受ける予定です。
・作業員として建設業に5年いますが、現場監督の経験はありません。
・テキストを読んでみたものの、全然頭に入らず困っています。
・合格者の方、どのように勉強されたのでしょうか。
・現場監督の経験が無い私にもできる、良い勉強方法を教えてください。

効率的に合格点が獲れる実地試験の勉強法を紹介

土木施工管理技士の試験受験者の方々から多くの質問をいただいております。
試験対策を支援するため、この記事ではそれらのご質問にお答えいたします。

・建築業界は人手不足の傾向にありますが、中でも施工管理技士の不足は深刻であるといわれています。
・建設業法によって、施工現場には主任技術者の設置が義務付けられていますが、
・その資格保持者が不足しているために、会社で二級土木施工管理技士の資格取得を促すことがよくあります。
・資格取得者が多いと、作業員を必要人数確保できれば複数の施工を請負うことができます。
・逆に、資格保持者が一人の場合は、その人がいないと施工が出来なくなります。
・また会社側には、建設業法によって、建設業許可に必要な種別の資格を持った人員を、必要な各営業所等に配置しなくてはいけない事情もあります。
・そのため、施工管理技士を社員に取得してほしい、という依頼が出されることがよくあるのです。
・会社の都合で資格取得に取り組むのは、仕事をしながらでは大変だと思います。
・しかし、土木施工管理技士の資格の取得は建設業界で働く上では、ご自身にも大きなメリットがあります。

それでは、重点項目を重要度が高いものから覚えるだけの、効率的に合格点が獲れる実地試験の勉強法を紹介しましょう。

出題予想から絞り込んだ重点問題集をやるだけの効率的な実地試験の勉強法

それでは、ご質問の中でも特に多かった土木施工管理技士「実地試験の勉強法」についてご紹介します。

・まず、過去問から出題を分析した「実地試験の出題傾向一覧」を作成します。
・これを見れば、土木施工管理技士 実地試験の出題が予想できます。
・どのような問題が、どれくらいの頻度で出題されるのか、一目瞭然です。

・続いて出題傾向の一覧から、毎年出題される問題は、隔年・数年間隔で出題される問題は、頻度の多い出題は、近年人気の問題は、などを考慮し、特化すべき重点問題を掲載しています。

・重点問題集の「これだけ項目集」は、出題回数別に色分けした解答例です。
・これだけ項目集では、出題年度・出題回数は、色を変えて記入しています。
・項目の重要度、覚える優先順位などが、ハッキリわかります。
・Wordデータです。並べ替え、編集して、オリジナルの項目集が作成できます。
・数枚づつ用紙に印刷して、通勤中や業務の合間にも、効率的な勉強ができます。

・「これだけ項目集」を見れば、特化すべき本年度の重点問題が絞り込めます。
・出題傾向の分析と「これだけ項目集」を使用すれば、絞り込んだ重点項目を重要度、優先順位が高いものから覚えるだけです。
・これが効率的に合格点が獲れる、土木施工管理技士 実地試験の勉強法です。


土木施工管理技士に効率よく合格するには、実地試験の「出題予想とこれだけ項目集」を使うことをオススメします。
一級施工管理取得者が作成した非常に好評な「出題予想と重点項目集」の勉強法であり、例年通常の2倍近い合格率を誇っています。

実地試験の勉強法は、自分自身のために資格を取るという強い信念を持ってやること

・日常業務で忙しい中、会社からの指示で時間を作って土木施工管理技士の試験勉強するのはたいへんなことです。
・しかしこの資格は、取得する自分自身にも大きなメリットがあります。
・国家資格ですから、持っているだけで必要な専門知識を習得している証明となり、信頼感が高まります。
・また、建設業界で働く場合は、社内で待遇され、転職するにも有利になります。

・実地試験の勉強法は、自分自身のために資格を取るんだという強い信念を持ってやることです。
・満点を取る必要はありません。合格点を目指して頑張ってください。

土木施工管理技士の試験対策ツール「出題予想とこれだけ項目集」が、業務でお忙しい方々の実地試験の勉強法を支援します。




よく読まれている関連記事



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする