土木施工管理技士 実地試験の出題予想から、重点問題を絞り込み準備する勉強法

試験対策の質問に、お答えします / 土木施工管理技士

ご質問の内容「実地試験で出る問題の予想と勉強法を教えて」2級土木施工管理技士

次のような、ご質問がたくさん寄せられます。
・2級土木施工管理技士の実地試験を今年受けます。
・実地試験に合格するためには、日ごろからどのようなことに注意して勉強していけばよいのでしょうか。
・実地試験は学科試験と全く違うので、どのようなことに気を付けていくべきなのか、全くわかりません。
・実地試験で出る問題の予想は出来るのでしょうか。
・試験合格のための色んなポイントを教えてもらえると、ありがたいです。

しっかりと実地試験の出題を予想して、効率的な勉強で合格ができる秘策を紹介

土木施工管理技士の試験受験者の方々から多くの質問をいただいております。
試験対策を支援するため、この記事ではそれらのご質問にお答えいたします。

・2級土木施工管理技士は、主任技術者として施工計画書の作成、工程管理、安全管理などの職務を行います。
・土木工事の全般的な技術管理を行うための資格ですから、現場仕事では必要な資格となります。
・そのため、ある程度の現場経験をした後に、試験を受ける方が大半です。

・2級土木施工管理技士は、独学での受験者が大半を占めますが、そう簡単な試験ではありません。
・中でも実地試験は、記述方式のため難しい試験です。
・そのため、しっかりと出題を予想して、必要な項目を頭に叩き込まないと合格することはできません。

・2級土木施工管理技士を受験する年代は、現場業務に忙しい年代の方が多いです。
・朝早くから夜遅くまで現場に追われているので、なかなか勉強の時間を作ることができないと思います。

それでは次の項で、日常業務にお忙しい方でも、効率よく土木施工管理技士の勉強をして、合格ができる秘策をご紹介します。

実地試験の出題予想から、特化すべき重点問題を絞り込み準備すること

それでは、ご質問の中でも特に多かった土木施工管理技士「実地試験の出題予想と勉強法」についてご紹介します。

2級土木施工管理技士の実地試験は、過去問の分析による出題予想から、効率的に勉強するための、特化すべき重点問題を絞り込む準備がとても重要になります。

・まず、過去問から出題を分析した「実地試験の出題傾向一覧」を作成します。
・これを見れば、土木施工管理技士 実地試験の出題が予想できます。
・どのような問題が、どれくらいの頻度で出題されるのか、一目瞭然です。

・続いて出題傾向の一覧から、毎年出題される問題は、隔年・数年間隔で出題される問題は、頻度の多い出題は、近年人気の問題は、などを考慮し、特化すべき重点問題を掲載しています。

・重点問題集の「これだけ項目集」は、出題回数別に色分けした解答例です。
・これだけ項目集では、出題年度・出題回数は、色を変えて記入しています。
・項目の重要度、覚える優先順位などが、ハッキリわかります。

・「これだけ項目集」を見れば、特化すべき本年度の重点問題が絞り込めます。
・出題傾向の分析と「これだけ項目集」を使用すれば、絞り込んだ重点項目を重要度、優先順位が高いものから覚えるだけです。
・これが効率的に合格点が獲れる、土木施工管理技士 実地試験の勉強法です。


土木施工管理技士に効率よく合格するには、実地試験の「出題予想とこれだけ項目集」を使うことをオススメします。
一級施工管理取得者が作成した非常に好評な「出題予想と重点項目集」であり、例年通常の2倍近い合格率を誇っています。

実施試験の出題予想に基づいた重要項目を、通勤中や業務の合間に勉強していくこと

・2級土木施工管理技士の実施試験に合格するためには、出題予想に基づいた重要項目を毎日コツコツ勉強していくことがとても大事です。
・Wordデータ「のこれだけ項目集」を並べ替え、編集して、オリジナルの項目集を作成してください。
・それを数枚づつ用紙に印刷して、通勤中や業務の合間に使用すれば、効率的な実施試験の勉強ができます。

短期間で、毎日短時間の勉強で土木施工管理技士に合格するためには、いかに集中して勉強できるかにかかっています。
そんな集中力のつけ方を紹介しましょう。

・終了時間などを設定することで、集中力を高める
・呼吸を整えることで、集中力を高める
・集中する言葉を使うことで、集中力を高める
・体の中の筋肉を弛緩させることで、集中力を高める
・暗示やイメージでリラックス状態にして、集中力を高める
・瞑想の姿勢になり、心身の調整を行なうことで、集中力を高める
・ある一点に視点を置き、そこを凝視することで、集中力を高める


試験対策ツール、実地試験の「出題予想とこれだけ項目集」が、業務でお忙しい方々の土木施工管理技士の受験を支援します。





よく読まれている関連記事



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする