舗装施工管理技術者資格試験


舗装施工管理技術者資格試験の対策ツールは、次のものを掲載しています。
1級・2級の応用試験の経験記述の解答例が、メール送信されます。
経験記述の解答例は、工程管理、品質管理、安全管理の施工管理項目について、舗装工事の施工に当たって、留意した課題、現場で実施した対策、得られた結果の解答文を作成しています。


スポンサーリンク


工事内容のサンプル/経験記述問題

舗装施工管理試験の経験記述で記入する、具体的な工事内容を紹介しております。
舗装工事名、発注者、工期、主な工種、施工量、あなたの立場など。

工事内容の記述例(経験記述問題)

(1) 舗装工事名
○ 舗装工事の工事名であること。(路床、路盤、表層、基層、補修工事など)
○ 現場が特定できること。   (工事地区・工事区間などを入れるとよい)
○ 完了した工事名であること。
○ 工事概要と整合した、工事名であること。
 国道○○号線○○地区道路舗装工事    県道○○号線○○地区舗装改修工事
 市道○○号線○○地区舗装修繕工事    国道○○号線○○地区改良舗装工事
 県道○○号線○○地区舗装補修工事    市道○○号線○○地区舗装新設工事

(2)-1 発注者
 ○○県○○土木事務所、  ○○県○○市、      JR西日本、
 建設省○○工事事務所、  建設省○○地方建設局、  首都高速道路公団
 ○○水道局、       ○○下水道局
 ○○開発株式会社、    ○○電力株式会社、    ○○鉄道株式会社

(2)-2 工 期
 平成○○年○○月~平成○○年○○月 (約○○日間)

(2)-3 主な工種
○ その工事の主体的な工種を2~3記入する。
○ 問題提起した課題の工種を入れること。
 新設舗装工、   修繕舗装工、     舗装維持工
 路盤工、     路体・路床工、    切削オーバレイ工
○ 主な工種の中で舗装工事を行った場合、主な工種も記入する。
 河川砂防工事、   海岸工事、    ダム工事、   地すべり防止工事
 電線共同溝工事、  道路改良工事、  橋梁工事、   下水道工事
 公園工事、     トンネル工事、  港湾工事、   空港工事
 土地造成工事、   農業上水工事、  森林土木工事

(2)-4 施工量
○ 「主な工種」に記入した工種の施工量を記入する。
○ 施工量は、工種名、数量、単位を記入する。
○ 工期の日数に、見合った施工量となっているかに、注意すること。

 日当たり施工量の参考 (積算基準より)
 路盤工(車道) … 約1,100m2/日
 路盤工(歩道) … 約 200m2/日
 敷均し・締固め(1.6m≦施工幅≦2.4m) … 約1,000m2/日
 敷均し・締固め(2.4m<施工幅≦4.5m) … 約1,900m2/日
 敷均し・締固め(4.5m<施工幅)    … 約2,600m2/日
 敷均し・締固め(歩道 1.6m≦施工幅) … 約1,000m2/日

 アスファルト混含物舗装面積  10,000m2
 アスファルト混台物使用量   10,000t
 路床構築土量         10,000m3
 路盤構築安定処理量      10,000m3
 路盤築造面債         10,000m2

(3) あなたの立場
○ 現場での指導監督的な立場を記入すること。
○ 係長、課長など、会社での役職を記入するのではない。
 現場主任、     現場代理人、    現場監督員
 主任技術者、    工事主任


スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする