経験記述の解答例/2級応用試験 舗装施工

スポンサーリンク


2tool-hosou

2級応用試験の経験記述の解答例

2級応用試験の経験記述問題の解答例を、メールで送信しております。

申込書を送信していただくと、支援ツールを、メールでお送りします。
内容の確認後に、お支払いいただく、安心システムになっています。

2級応用試験 経験記述の解答例は、ただ今、メール送信中です。


1.出題傾向について(2級応用試験の経験記述)

近年の、舗装施工管理技術者資格試験、2級応用試験の経験記述の出題は、次の内容で出題され、工程管理、品質管理、安全管理から選んで解答します。

【 問1. 】
 あなたが経験した舗装工事のうちから1つを選び、その工事について、
 下記の(1)~(4)のの問に答えなさい。
  (1) 舗装工事名: 工事名を明確に記述しなさい。(例: 県道0線0舗装工事)
  (2) 工事内容: 工事の発注者、工期、主な工種、施工量を記述しなさい。
  (3) 工事現場における施工管理上のあなたの立場を明確に記述しなさい。
  (4) その舗装工事の施工に当たって、
    ①留意した施工管理上の課題を78文字以内で、
    ②現場で実施した対策を218文字以内で、簡潔に記述しなさい。

2.解答例について(2級応用試験の経験記述)

2級応用試験の経験記述の解答例は、次の内容で、合計30件、作成しております。
工程管理 10件、品質管理 10件、安全管理 10件。

2samp-hosou

サンプル解答文/2級応用試験の経験記述

このページに掲載している、サンプル解答文は、ほんの一部です。
すべての解答例は、支援ツールを申込み後、ダウンロードして、ご確認ください。

工程管理/サンプル解答文

(4)-① 留意した施工管理上の課題
 本工事は、交通量の多い県道〇〇線の舗装版を撤去し、上層路盤と表層を打換える、施工延長400mの補修工事であった。
 G.Wの混雑を避け、4月下旬までに表層工を完了させるため、舗装版撤去工、路盤撤去工における工程短縮が、本工事の課題となった。

(4)-② 現場で実施した対策
 舗装版撤去工、路盤撤去工の工程短縮のため、次の対策を実施した。
① 撤去に使用する機械をバックホウから切削機に変更し、切削後の発生材をベルトコンベアーでダンプトラックに直接積込み、施工効率を向上させた。実稼働日数は施工延長400mで4日であり、バックホウでの平均的な施工実績50m/日と比較して、4日以上の短縮が可能となった。
② 縦断方向の5cmの段差のスリツケをアスファルト合材から反対車線の切削スリツケに変更し、アスファルト合材によるスリツケの施工手順を省略した。

品質管理/サンプル解答文

(4)-① 留意した施工管理上の課題
 本工事は、海浜公園道路の新設工事であった。
 一部区間の路床安定処理工事で、未固化部分があり、土壌成分は強酸性土壌であった。そのため、該当区間の土壌性質改良、固化材凝固が、品質管理上の課題であった。

(4)-② 現場で実施した対策
 該当土壌のPH値対策として、現場で講じた内容は以下の通りであった。
① 固化含有成分量の多いセメント系材料を使用した。使用前に、該当土壌サンプルと配合試験をおこない、固化・支持力発現を確認した後、施工することとした。
② 該当区間の中でも、特に強酸性を示した範囲については、炭酸カルシウムを散布し、スタビライザを使用して攪拌することで、土壌改良を行い中性化させた。
 上記対策の結果、セメント固化材の凝固により、所定の締め固め度を確保することができた。

安全管理/サンプル解答文

(4)-① 留意した施工管理上の課題
 舗装敷設時の大型車両が、舗装車両移動時に作業員と接触する重機災害が予測された。そのため、作業員の安全確保、重機オペレーターの視認確保について留意した。

(4)-② 現場で実施した対策
 夜間作業であるため、舗設作業員と、重機との重機災害を防止するため安全確保した施策は以下の通りであった。
① 夜間作業において、良好な視認性を確保するため従来の反射ベストに加え、赤色点滅ライトを取り付けた。ライトの発熱を抑えるため、LEDを採用した。
② 作業員のヘルメットに重機障害センサーを取り付け、受信機をコンバインドローラー等の重機に設置した。重機と作業員が接近した場合、受信機がブザーと発光する方式でオペレーターが視認できるものとした。


2級応用試験の経験記述問題の解答例を、メールで送信しております。


スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする