品質管理/経験記述の部品集/管工事施工


管工事施工管理技術検定試験、経験記述問題の部品集を紹介するページです。
経験記述論文の文章構成は、問題提起をして、その問題に取り組んだ解決策を述べます。「○○○のため、◇◇◇に留意した。」
「○○○の問題点・課題があったため、◇◇◇の対策処置を講じた。」
「のため」「対策処置」の部品集を、たくさん掲載しています。




品質管理/経験記述の部品集/管工事施工

管工事施工管理、品質管理の部品集は、次の項目について掲載しています。
「○○○のため」部品
「◇◇◇に留意した」部品
「処置・対策」部品

このページに掲載している、サンプル部品集は、ほんの一部です。
すべての部品集は、支援ツールを申込み後、ダウンロードして、ご確認ください。


実地試験の経験記述問題、解答例と部品集を、メールで送信しております。


「○○○のため」部品/サンプル部品集

○給水管の配管工事における品質確保
○保温材の施工における品質確保
○小枝管布設勾配、接続部の施工精度の確保
○排水横枝管および排水立て管における施工精度の確保
○洋風大便器取付け工における品質規格値の確保
○ストール(小便器)の取付け工における品質規格値の確保
○配管施工図に基づく管接合規格値の確保
○軟弱地盤箇所での地耐力の確保
○屋内排水管、通気管の品質規格値の確保
○ダクト工事における施工精度の確保
○給湯配管施工時の施工精度の確保
○発注者の要求への対応
○下水道小枝管布設工事の規格値確保


スポンサーリンク



「◇◇◇に留意した」部品/サンプル部品集

○ウォーターハンマーの防止
○配管の勾配の確保
○伸縮管継手の性能確保
○小枝管接続部の漏水防止
○作業班による施工精度のチェックと機能強化
○軟弱地盤処理工法、基礎コンクリートの施工精度の確保
○下水道小枝管の布設勾配の規格値確保
○接続部の漏水防止
○汚水ますの性能確保
○ダクタイル鋳鉄管の接続精度の確保
○工程図、施工要領書に基づく管勾配、埋設深さ、防食機能の確保
○配管施工図に基づく、管接合の施工精度の確保
○下水道小枝管の出来形規格値の確保


スポンサーリンク



「処置・対策」部品/サンプル部品集

○保温工は、保温材、外装材、施工の三要素の適正な整合性に配慮
○所要の機能発揮と付加価値を高めるため、熟練者を中心とした作業班の編成
○伸縮する主管からの分岐は、クッションとする
○伸縮したとき逆勾配にならないように配慮
○排水横枝管の合流点は、必ず45゚以内の鋭角をもって水平に近く合流させる
○間接排水管は水受容器のあふれ縁より、管径の2倍以上の吐水口空間を確保
○最小○○m/sの流速を確認
○給水栓・弁などは閉鎖時間により異なるが、水撃圧は流れていた速度に比例するため、管内流速を抑える
○揚水ポンプと高置タンクが平面的に離れているため、揚水管の横引きは、なるべく低い位置で行い水柱分離を防止
○減圧弁やエアーチャンバー、水撃防止器具の上流側への設置
○ウォーターハンマーの発生を防止
○屋内横走排水管の勾配は、管径○○mm以下は1/○○、○○mmを超えるものは1/○○にして、最小流速○○m/sを確認
○通気横走管は必ず先上り勾配とする
○最高位器具あふれ縁から○○mm以上高い位置で伸頂通気管、通気主管に接続
○漏えい試験による、機能の確認



よく読まれている関連記事



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする