これだけ項目集/1級 実地試験/管工事施工



施工管理技士の資格の取得は、十分な実務経験を有する技術的評価と、的確な管理能力を備えた技術者、人材として評価され、優遇されます。
この「これだけ項目集」(出題傾向の分析と重点項目集)が、学科試験・実地試験の勉強法がかわからない方、業務でお忙しい方々の受験を支援します。

これだけ項目集/1級 実地試験/管工事施工

出題を分析した「実地試験の出題傾向」を見れば、本年度の出題が予想できます。
どのような問題が、どれくらいの頻度で出題されるのか、一目瞭然です。
「これだけ項目集」は、出題回数別に色分けした解答例です。下記の「これだけ項目集のサンプル」を見れば、特化すべき本年度の重点問題が絞り込めます。

700名以上が合格できた、管工事施工管理技術検定 これだけ項目集の実績です。

これだけ項目集 H29
申込み数
H29~H24
申込み数(累計)
1級・2級 学科試験・実地試験の対策
 出題傾向の分析と重点項目集
160 780


1級 実地試験の重要項目集と出題傾向を、メールで送信しています。

これだけ項目集と出題傾向は、ただ今、メール送信中です。


これだけ項目集について/1級 実地試験/管工事施工

「これだけ項目集」では、出題傾向を分析して、出題一覧表を作成しています。
どのような問題が、どれくらいの頻度で出題されているのか、一目瞭然です。
毎年出題される問題は、隔年・数年間隔で出題される問題は、頻度の多い出題は、近年人気の問題は、などを考慮し、特化すべき重点問題を掲載しています。

出題傾向の分析と「これだけ項目集」を使用すれば、
絞り込んだ重点項目を覚えるだけで、合格点が獲れる準備ができます。

これだけ項目集とは
・出題傾向の分析から、重点項目を絞り込み、これだけ項目集を作成しています。
・これだけ項目集では、出題年度・出題回数は、色を変えて記入しています。
・項目の重要度、覚える優先順位などが、ハッキリわかります。
・Wordデータです。並べ替え、編集して、オリジナルの項目集が作成できます。
・数枚づつ用紙に印刷して、通勤中や業務の合間にも、効率的な勉強ができます。


スポンサーリンク


これだけ項目集のサンプル/1級 実地試験

これだけ項目集では、1級 実地試験で出題されるすべての、
次の出題分類について、重要項目集と出題傾向を作成しております。

問題1 設備全般、問題2 空調設備、問題3 給排水設備、問題4 工程管理、問題5 法規。

このページに掲載している、サンプル項目集は、ほんの一部です。
すべての項目は、これだけ項目集を申込み後、ダウンロードし、ご確認ください。


1級 実地試験 問題1 設備全般 のサンプル

1管工事 実地  H29-1-1  H22-1-3  H19-1-2
排水、通気系統図
・汚水槽の流出管は、トラップ形式でないため、T形トラップを設置する。
・汚水槽の通気立て管は、別系統に接続せず、単独系統で大気中に開放する。
・汚水槽から屋外のインバート桝へ排水される系統は、合流させずにそれぞれ単独系統で、インバート桝まで配管する。
・逆止弁の下に防振継手を取付けて、形鋼支持とする。

1級 実地試験 問題5 法規 のサンプル

1管工事 実地  H28-5-1-2  H24-5-1  H22-5-1  H20-5-1  H18-5-1
労働安全衛生法 15条の2-1 元方安全衛生管理者
 統括安全衛生責任者を選任した事業者で、建設業を行うものは、厚生労働省令で定める資格を有する者のうちから、元方安全衛生管理者を選任し、その者に統括安全衛生責任者が統括管理すべき事項のうち、技術的事項を管理させなければならない。

1管工事 実地  H29-5-5  H27-5-2  H27-5-3  H26-5-1    H25-5-1  H19-5-4
労働安全衛生規則 36条 特別教育を必要とする業務
 事業者は、〇〇〇の業務に労働者をつかせるときは、当該業務に関する安全、衛生のための特別の教育を行わなければならない。
 〇 アーク溶接機を用いて行う金属の溶接、溶断等の業務  3項
 〇 作業床の高さ10m未満の高所作業車運転業務  10の5項
 〇 小型ボイラー取扱業務  14項
 〇 玉掛(1トン未満のクレーン、移動式クレーン、デリック)業務  19項
 〇 酸素欠乏危険作業にかかる業務  26項
 〇 足場の組立て、解体、変更の作業に係る業務  39項


1級 実地試験の重要項目集と出題傾向を、メールで送信しています。


1級 実地試験の出題傾向

このページに掲載している、実地試験の出題傾向は、ほんの一部です。
すべての出題は、これだけ項目集を申込み後、ダウンロードし、ご確認ください。

1級 実地試験 問題1 設備全般 の出題傾向

出題傾向の分析と重点項目について

問題1 設備全般の問題は、個別の記述問題、適切でない部分の改善策を記述する問題が、出題されます。

個別の記述問題では、
排水・通気設備図のループ通気管の接続、リバースリターン方式の修正と利点、特性曲線及び送風機廻まわり詳細図の送風機の調整方法、建物エキスパンションジョイント部の配管要領、天井吊り送風機の耐震要領、空調配管系統の圧力線図の作成、ポンプ性能の確認事項などの項目から出題されています。

適切でない部分の改善策を記述する問題では、
可とう性を有する継手・ハウジング形管継手、ループ通気管の施工、通気管末端の開口位置、冷却水配管系統図、配管の保温施工要領図、ポンプ廻り配管要領図、器具排水管と排水横枝管の施工要領、給水設備系統図、屋内防水床の貫通部施工要領図、防火区画を貫通する配管の処置、テーパねじリングゲージによるねじの検査などの項目から出題されています。

は、予想が的中したものです。

適当でないものの理由・改善策 H30
予想
H29 H28 H27 H26 H25 H24 H23 H22-
H20
◇ 配管
 単式・複式伸縮管継手の取付け要領図 1
 液化石油ガス配管の屋内施工要領図 1
 重量機器のアンカーボルトの施工要領図 1
 屋内防水床の貫通部施工要領図 1
 防火区画を貫通する配管の処置 1
 可とう性を有する継手を使用した鋼管の棒鋼吊り要領図 1
 Vベルトの納り 1
◇ 給水管・排水管
 給水タンクまわり状況図
 床上式タンクにおける揚水ポンプまわりの施工要領
 防振基礎に据え付ける冷温水ポンプ廻りの配管要領図 1
 器具排水管と排水横枝管の施工要領
 消火設備系統図
 グリース阻集器の屋内設置要領図 1
 テーパねじリングゲージによるねじの検査 1
 ポンプ廻り配管要領図 1
 蒸気主管からの枝管の分岐 1

このページに掲載している、実地試験の出題傾向は、ほんの一部です。
すべての出題は、これだけ項目集を申込み後、ダウンロードし、ご確認ください。


まとめ/実地試験の対策/1級管工事施工管理

出題傾向の分析と「これだけ項目集」を使用すれば、
絞り込んだ重点項目を覚えるだけで、合格点が獲れる準備ができます。

これだけ項目集とは
・出題傾向の分析から、重点項目を絞り込み、これだけ項目集を作成しています。
・これだけ項目集では、出題年度・出題回数は、色を変えて記入しています。
・項目の重要度、覚える優先順位などが、ハッキリわかります。
・Wordデータです。並べ替え、編集して、オリジナルの項目集が作成できます。
・数枚づつ用紙に印刷して、通勤中や業務の合間にも、効率的な勉強ができます。

☆ 余裕のあるスケジュール管理を
試験前は、余裕のあるスケジュール管理が必要です。
ゆとりと余裕が脳を活性化させ、強い集中力を生みます。
「これだけ項目集」(出題傾向の分析と重点項目集)、早めのお申込みを。
施工経験記述問題の対策「出題予想と解答例文」も実績のあるツールです。
併せて、お申込みください。

700名以上が合格できた、管工事施工管理技術検定 これだけ項目集の実績です。

これだけ項目集 H29
申込み数
H29~H24
申込み数(累計)
1級・2級 学科試験・実地試験の対策
 出題傾向の分析と重点項目集
160 780


1級 実地試験の重要項目集と出題傾向を、メールで送信しています。




よく読まれている関連記事



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする