これだけ項目集/2級 学科試験/管工事施工



施工管理技士の資格の取得は、十分な実務経験を有する技術的評価と、的確な管理能力を備えた技術者、人材として評価され、優遇されます。
この「これだけ項目集」(出題傾向の分析と重点項目集)が、学科試験・実地試験の勉強法がかわからない方、業務でお忙しい方々の受験を支援します。

これだけ項目集/2級 学科試験/管工事施工

出題を分析した「実地試験の出題傾向」を見れば、本年度の出題が予想できます。
どのような問題が、どれくらいの頻度で出題されるのか、一目瞭然です。
「これだけ項目集」は、出題回数別に色分けした解答例です。下記の「これだけ項目集のサンプル」を見れば、特化すべき本年度の重点問題が絞り込めます。

700名以上が合格できた、管工事施工管理技術検定 これだけ項目集の実績です。

これだけ項目集 H29
申込み数
H29~H24
申込み数(累計)
1級・2級 学科試験・実地試験の対策
 出題傾向の分析と重点項目集
160 780


2級 学科試験の重要項目集と出題傾向を、メールで送信しています。

これだけ項目集と出題傾向は、ただ今、メール送信中です。


これだけ項目集について(2級管工事 学科試験)

「これだけ項目集」では、出題傾向を分析して、出題一覧表を作成しています。
どのような問題が、どれくらいの頻度で出題されているのか、一目瞭然です。
毎年出題される問題は、隔年・数年間隔で出題される問題は、頻度の多い出題は、近年人気の問題は、などを考慮し、特化すべき重点問題を掲載しています。

出題傾向の分析と「これだけ項目集」を使用すれば、
絞り込んだ重点項目を覚えるだけで、合格点が獲れる準備ができます。

これだけ項目集とは
・出題傾向の分析から、重点項目を絞り込み、これだけ項目集を作成しています。
・これだけ項目集では、出題年度・出題回数は、色を変えて記入しています。
・項目の重要度、覚える優先順位などが、ハッキリわかります。
・Wordデータです。並べ替え、編集して、オリジナルの項目集が作成できます。
・数枚づつ用紙に印刷して、通勤中や業務の合間にも、効率的な勉強ができます。


スポンサーリンク


これだけ項目集のサンプル/2級管工事 学科試験

これだけ項目集では、2級管工事 学科試験で出題されるすべての、
次の出題分類について、重要項目集と出題傾向を作成しております。

2級管工事 学科試験は、
原論・電気・建築 No.01~No.06、空調 No.07~No.14、
衛生 No.15~No.23、設備・設計図書 No.24~No.28、施工管理法 No.29~No.33、工事施工 No.34~No.42、法規 No.43~No.52。

このページに掲載している、サンプル項目集は、ほんの一部です。
すべての項目は、これだけ項目集を申込み後、ダウンロードし、ご確認ください。


2級管工事 学科試験 空調 No.7~No.14 のサンプル

2管工事 学科  H29-10 H28-9 H27-9 H26-8 H24-9 H22-9
熱負荷(空気調和)

 日射による熱負荷は、一般に、暖房負荷としては考慮しない。
 構造体の材質が同じであれば、厚さの薄い方が熱通過率は大きくなる。
 熱通過率の値が大きいほど、熱をよく通す。
 窓ガラス面からの熱負荷を計算するときは、ブラインドの有無も考慮する。
 窓ガラス面からの冷房負荷計算では、ひさしや袖壁の影響も考慮する。
 人体による熱負荷は、作業形態と室温によって異なる。


2管工事 学科  H28-13  H26-14  H24-12  H23-12  H22-12
換気設備と換気方式(換気・排煙)

 喫煙室の換気には、第3種機械換気を採用した。
 浴室の換気には、第3種機械換気を採用した。
 熱源機械室の換気には、第1種機械換気を採用した。
 自然換気は、風力又は温度差による浮力を利用している。
 厨房の換気に、給排気側にそれぞれ送風機を設けた。(第1種機械換気)
 ボイラー室の換気に、給排気側にそれぞれ送風機を設けた。(第1種機械換気)
 便所や浴室の換気に、排気側のみに送風機を設けた。(第3種機械換気)
 有害なガスが発生する部屋の換気に、排気側に送風機を設けた。(第3種機械換気)

2級管工事 学科試験 衛生 No.15~No.23 のサンプル

2管工事 学科  H29-18 H27-18 H26-18 H24-18 H23-18 H22-18
給湯設備 その1(給水・給湯)

 瞬間式湯沸器の能力は、それに接続する器具の必要給湯量を基準に算定する。
 屋内に給湯する屋外設置のガス湯沸器は、先止め式である。
 給湯配管で上向き式供給の場合、給湯管は先上がり、返湯管は先下がりとする。
 中央式給湯用の循環ポンプは、一般に、貯湯タンクの入口側の給湯管に設ける。
 逃がし管は、貯湯タンクから単独で立ち上げ、保守用の仕切弁を設けない。
 密閉式膨張タンクは、設置位置や高さの制限を受けずに設置することができる。
 ヒートポンプ給湯機は、大気中の熱エネルギーを給湯の加熱に利用する。


2管工事 学科  H28-19  H26-19  H25-20  H24-20
排水設備(排水・通気)

 排水管を地中に埋設する場合の最小管径は、50 mm 以上が望ましい。
 排水立て管の最下部又はその付近には、掃除口を設ける。
 手洗い器を接続する排水横枝管の最小管径は、30 mm 以上とする。
 排水管の管径決定法には、器具排水負荷単位法と定常流量法がある。
 排水横枝管の最小管径は、40 mm とした。
 ルームクーラーのドレン管を、間接排水とした。
 排水横主管の管径は、これに接続する排水立て管の管径以上とする。


2級 学科試験の重要項目集と出題傾向を、メールで送信しています。


2級管工事 学科試験の出題傾向

このページに掲載している、学科試験の出題傾向は、ほんの一部です。
すべての出題は、これだけ項目集を申込み後、ダウンロードし、ご確認ください。

2級管工事 学科試験 衛生 No.15~No.23 の出題傾向

出題傾向の分析と重点項目について

衛生 No.15~No.23 の出題傾向は、上下水道、給水・給湯、排水・通気、消火設備、ガス設備、浄化槽などから出題されます。

は、予想が的中したものです。

衛生 No.15~No.23 H30
予想
H29 H28 H27 H26 H25 H24 H23 H22-
H22
◇ 給水・給湯
 受水タンクと高置タンク
 給水設備 その1 1
 給水設備 その2
 給湯設備 その1 1
 給湯設備 その2
 ガス瞬間湯沸器 1
◇ 排水・通気
 排水
 排水設備
 排水・通気設備
 通気設備 1
 通気方式
 排水トラップ 1
 トラップます
◇ 消火設備
 屋内消火栓ポンプ周りの配管
 屋内消火栓設備
 ポンプの仕様決定項目
 

このページに掲載している、学科試験の出題傾向は、ほんの一部です。
すべての出題は、これだけ項目集を申込み後、ダウンロードし、ご確認ください。


まとめ/学科試験の対策/2級管工事施工管理

出題傾向の分析と「これだけ項目集」を使用すれば、
絞り込んだ重点項目を覚えるだけで、合格点が獲れる準備ができます。

これだけ項目集とは
・出題傾向の分析から、重点項目を絞り込み、これだけ項目集を作成しています。
・これだけ項目集では、出題年度・出題回数は、色を変えて記入しています。
・項目の重要度、覚える優先順位などが、ハッキリわかります。
・Wordデータです。並べ替え、編集して、オリジナルの項目集が作成できます。
・数枚づつ用紙に印刷して、通勤中や業務の合間にも、効率的な勉強ができます。

☆ 余裕のあるスケジュール管理を
試験前は、余裕のあるスケジュール管理が必要です。
ゆとりと余裕が脳を活性化させ、強い集中力を生みます。
「これだけ項目集」(出題傾向の分析と重点項目集)、早めのお申込みを。
施工経験記述問題の対策「出題予想と解答例文」も実績のあるツールです。
併せて、お申込みください。

700名以上が合格できた、管工事施工管理技術検定 これだけ項目集の実績です。

これだけ項目集 H29
申込み数
H29~H24
申込み数(累計)
1級・2級 学科試験・実地試験の対策
 出題傾向の分析と重点項目集
160 780


2級 学科試験の重要項目集と出題傾向を、メールで送信しています。




よく読まれている関連記事



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする