経験記述の解答例/1級管工事施工管理




施工経験記述の対策は、過去に自分が経験した工事を選び、施工管理項目ごとに、事前に十分な準備をして、解答文を作成しておく必要があります。
そこで、効率的な試験対策を行うため、本年度の出題を予想し、独自の現場情報に書き換えるだけで、合格点の獲れる、解答例文を作成しました。

経験記述問題の解答例/1級管工事施工管理

施工経験記述問題は、施工管理技士となるのにふさわしい施工管理能力を持つ技術者かどうかを、記述された施工経験の内容から判定する問題です。

下記の「経験記述の出題傾向」を見れば、本年度の出題は容易に予想できます。
本年度に出題が予想される施工管理項目(テーマ)に沿った、
合格点が獲れる「施工経験記述の解答例文」を、多数提供しています。

1,600名以上が合格できた、管工事施工管理技術検定 支援ツールの実績です。

支援ツール名 H29
申込み数
H29~H15
申込み数(累計)
1級・2級 経験記述問題の対策
 出題予想と解答例文  
190 1,650


1級実地試験の経験記述問題の解答例を、メールで送信しています。

1級実地試験 経験記述の解答例は、ただ今、メール送信中です。


1.出題予想について(1級実地試験の経験記述)

近年の、管工事施工管理技術検定試験、1級実地試験の経験記述問題の出題は、
次の項目から出題されています。
・工程管理 + 試運転調整と自主検査、または、現場受入れ検査
・安全管理 + 試運転調整と自主検査、または、現場受入れ検査

平成29年度の出題は、「安全管理+現場受入れ検査」でした。
平成30年度の出題は、「工程管理+試運転調整と自主検査」が予想されます。

工程管理、安全管理、試運転調整と自主検査、現場受入検査のすべてについて、しっかりと準備をして、臨んでください。


2.解答例について(1級実地試験の経験記述)

 経験記述問題の対策の流れは、経験記述原案を練る、工事概要の数量を揃える、添削をうけ修正する、暗記する、書き込む訓練を行う、という手順になり、たくさんの時間が必要になります。
 「経験記述問題の解答例」を使用すれば、自分が経験した現場条件に変更するだけで、確実に合格点が獲れる経験記述の準備ができます。

解答例文は、下記の内容で、合計30件、作成しています。
工程管理 10件、安全管理 10件、試運転調整 5件、受入れ検査 5件。

解答例文は、それぞれの施工管理項目について、次の内容で作成しています。
(1) 特に重要と考えた事項
(2) とった措置又は対策


スポンサーリンク


経験記述のサンプル解答/1級管工事施工管理

このページに掲載している、サンプル解答文は、ほんの一部です。
すべての解答例は、支援ツールを申込み後、ダウンロードして、ご確認ください。

安全管理のサンプル解答文/高所作業時の転落墜落防止

(1) 特に重要と考えた事項
 マンション屋上に室外機を搬入する際に玉掛け外し作業で高所作業が発生した。外部足場は撤去されており、落下防止の柵は無い。室外機架台は屋上レベルから1,100mm上がっており作業員の墜落・転落災害防止を最重要課題とした。

(2) とった措置又は対策
 作業前日に送り出し教育を協力業者の会社で行い、現場の概要と明日の作業ミーティングを行いリスクを抽出した。
 前日のリスク抽出から本日の危険予知ミーティングに反映させた。屋上に落下防止用の親綱をパラペットから持ち出して設置すること。また作業員は常時フルハーネスを使用させ親綱に掛けさせることとした。室外機の玉掛け外しは2500mmと高かったが脚立作業を禁止し立ち馬を使用することで脚立上部からの落下防止を行った。

総合的な試運転調整のサンプル解答文/
高置タンク方式の液面制御運転の試運転調整

(1) 特に重要と考えた事項
 マンションの施設管理者が1日のうち午前・午後合わせて2時間程度業務する形態であったため、高置タンクの液面制御運転調整・緊急連絡体制の構築を最重要課題とした。

(2) とった措置又は対策
 試運転調整計画において試験調整項目が非常に多岐に渡るため、電気設備業者との綿密な打合せが必要となった。計画書には試運転フロー、調整項目のチェックリストを盛り込んだ。また水位変動時の発報が正常に作動することを擬似信号で試験することで発報確認した。緊急時の連絡体制は発報時に火報用連絡線を介し管理会社へ、火報・液面制御異常を個別に受信する機能を付けるよう提案し承諾を得た。
 試運転調整結果をまとめ、竣工書類に含めることとした。

現場受入れ検査のサンプル解答文/
機器の設計図書及び顧客要求事項・安全性の確認

(1) 特に重要と考えた事項
 大規模店舗新築工事において冷暖房設備機器、冷凍設備機器、給湯設備や衛生設備機器などが、設計図書に記述された仕様及び顧客要求事項を満たしていること。また不特定多数の要員による使用が想定されたため、安全性の検証を最重要事項とした。
(2) とった措置又は対策
① 工場製作品の検品作業時に合格したものについてロット番号を入れ、現場設置後に製品の識別が出来るようにした。これにより設計図書との確認をロット番号確認で行うようにした。
② 輸送時の破損を保護箱に発泡体を取付け、衝撃を受けたのか目視確認できるようにし、破損した機器が抽出できるようにした。
③ 承諾図リストを作成し搬入時・設置時・施工完了時社内検査に各設備機器の仕様及び安全性の確認をおこなった。各工程検査は別の検査員が行うこととした。


1級実地試験の経験記述問題の解答例を、メールで送信しています。


経験記述の出題傾向/1級管工事施工管理

は、予想が的中したものです。

出題項目 H30
予想
H29 H28 H27 H26 H25 H24 H23 H22-
H10
工程管理 7
安全管理 6
試運転調整、自主検査 7
受入れ検査   6
 


まとめ/経験記述問題の対策/1級管工事施工管理

施工経験記述問題で問われるのは、次のような点です。
・十分な実務経験があるか
・現場に常駐する主任技術者として適格であるか
・契約条件に基づき、施工計画が立案できるか
・工程管理、品質管理、安全管理等の管理能力が、的確であるか

施工経験記述問題の効果的な試験対策には、「出題予想と解答例文」が必要です。

☆ 出題予想について
1級管工事施工管理技術検定試験、経験記述問題の出題は、次の項目から出題されています。
・工程管理 + 試運転調整と自主検査、または、現場受入れ検査
・安全管理 + 試運転調整と自主検査、または、現場受入れ検査

平成30年度の出題は、「工程管理+試運転調整と自主検査」が、予想されます。

☆ 解答例文について
「経験記述問題の解答例」を使用すれば、自分が経験した現場条件に変更するだけで、確実に合格点が獲れる経験記述の準備ができます。
解答例文は、下記の内容で、合計30件、作成しています。
工程管理 10件、安全管理 10件、試運転調整 5件、受入れ検査 5件。

☆ 余裕のあるスケジュール管理を
試験前は、余裕のあるスケジュール管理が必要です。
ゆとりと余裕が脳を活性化させ、強い集中力を生みます。
早めの「経験記述の支援ツール」、お申込みをおすすめします。
学科試験、実地試験の対策「これだけ項目集」も実績のあるツールです。併せて、お申込みください。

1,600名以上が合格できた、管工事施工管理技術検定 支援ツールの実績です。

支援ツール名 H29
申込み数
H29~H15
申込み数(累計)
1級・2級 経験記述問題の対策
 出題予想と解答例文  
190 1,650


1級実地試験の経験記述問題の解答例を、メールで送信しています。





よく読まれている関連記事



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする