品質確保 01/管理技術力の部品集


RCCM試験/その他の管理技術力の解答例の一覧ページです。


スポンサーリンク


品質確保 01/管理技術力の部品集


1.公共工事を取り巻く環境

①入札・契約制度の大改革
②建設市場の国際化
③建設費縮減の要請
④建設産業の環境整備の立ち遅れ
⑤環境問題への関心の高まり
⑥規制緩和と製造物責任者(PL法)の施行
⑦高度情報化の進展
⑧国民ニーズの多様化


2.品質確保の取組みの必要性

①「公正さの確保」と「コスト縮減」の強い要請と制度改革の取組みの進展
②建設市場の国際化、外国企業の公共工事への参入に伴う商習慣の改善と契約書・仕様書の明確化の必要性
③事業量の増加、建設関連技術の高度化・専門化に相応した発注者の体制の不備
④阪神・淡路大震災による品質の再認識


3.品質確保の課題

①設計者の施工に関連した技術力不足、施工者の熟練技術者・技能者の不足
②設計基準や施工管理基準等の技術基準の整備不足
③公共工事の各段階ごとに実施主体が異なることによる管理サイクルの不具合
④公共施設を長期間維持管理していく上での情報管理システム等の不備
⑤発注者・設計者・施工者の役割分担、責任、権限の所在等の不明確
⑥設計者における社内での照査の不足
⑦設計者の持つ技術力に対する適正な評価の不足
⑧民間の有する技術力を有効に活用するシステムの不備
⑨市町村等における監督・検査技術者の不足


4.設計者の瑕疵責任の明確化

 公共工事の品質の確保・向上のためには、設計品質の確保が極めて重要であり、設計者の照査及び自己責任の徹底、設計者の瑕疵責任の明確化等が求められている。
 そのため、現場条件との整合性のチェックを含む設計成果品の設計者による十分な照査と自己責任の徹底、設計者の照査を充実するためのガイドラインの整備等を推進する必要がある。
 また、現場条件と整合した設計や設計段階における施工法の検討にあたっては、特定の施工者が利益を得ることのないように、透明性・公平性を確保しつつ、一般に施工者に集積されている知識・経験を積極的に活用していくことも検討する必要がある。


5.品質管理体制の確立

 建設コンサルタントにとって、成果品の品質の向上は本質的な課題である。業務がますます高度化、複合化する中で、それに対応できる技術力を養成することは当然であるが、一方で、自動設計、CAD化等による生産システムの効率化を図り、それぞれの企業体力に見合った品質管理の体制を確立する必要がある。
 設計業務に瑕疵があった場合、成果品の欠陥に関わる損害だけでなく、その工事目的物にまで及ぶこともある。そのため、標準契約約款では、故意または重大な過失により生じた場合の瑕疵担保期間を10年と例示している。また、設計図書に定める場合には照査技術者を定め、照査することを義務づける場合もある。設計成果の影響の重大さを正しく認識し、品質の向上に向けて常に努力することは、設計者の当然の責任であるといえる。
 国際化の進展、瑕疵担保責任の明確化に伴い、ISO9000シリーズによる審査登録制度は、建設コンサルタントにおいても必須のものとなると予想される。


スポンサーリンク




よく読まれている関連記事



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする