プロポーザル方式 01/部品集を活用した解答例

RCCM試験/その他の管理技術力の解答例の一覧ページです。


スポンサーリンク


プロポーザル方式 01/部品集を活用した解答例


問い

 プロポ-ザル方式について、次の問に答えなさい。
① 建設コンサルタント業務において、選定・契約方式の1つとして現在、建設省等が導入しているプロポ-ザル方式とは、どんなものか説明しなさい。
② 技術者としてあなたがプロポ-ザルを作成するとした場合、どのような点に重点を置くべきか、あなたの専門とする分野において、3点あげて説明しなさい。


解答例

 「公共事業の入札・契約手続きの改善に関する行動計画」の目的は、質の高い公共事業の確保、より透明性・客観性・競争性の高い入札・契約制度への改革、内外無差別原則の徹底を図り国際化に対応した改革とすることにある。今後、我が国は、この行動計画の理念に基づき、透明性・客観性かつ競争性を確保した調達方式の採用、外国企業の適正な評価、入札談合等不正行為の防止等の具体的措置を実施していく必要がある。
①透明・客観的かつ競争的な調達(プロポーザル方式)
 国および一定の政府関係機関の公共事業に係わる設計・コンサルティング業務の調達については、公募型プロポーザル方式、または公募型競争入札方式が採用されている。プロポーザル方式は、発注者が複数の関心表明者に、対象プロジェクトの設計業務に対する設計体制、実施方法やプロジェクトに対する考え方、展開方法などについて技術提案を求め、設計者を特定する方法である。
 プロポーザル方式の対象となる業務としては、次のようなものが挙げられる。
○複数の分野にまたがる調査など広域かつ高度な知識と豊かな経験を必要とする業務
○高度な構造計算・解析を伴う比較検討、新技術を必要とする業務
○先端的な計測・試験などの実験解析、特殊な観測・診断を必要とする業務
○計画から設計まで一貫発注する業務
 プロポーザル方式における設計者の特定は、技術提案と配置予定者の資格・経験から選定し、提案の独創性等を的確に判定するための評価方法や技術者の業務実績等を適正に評価する手法を確立する必要がある。
②プロポーザルを作成する上での留意点
(1) 会社の業務経歴についての記載
 過去数年間の同種又は類似業務、専門分野別の保有技術者数及び有資格技術者の保有状況等について記入し、十分に適応可能な実施体制であること、全社的な取り組みであることをアピールする。
(2) 技術職員の経験と能力についての記載
 管理技術者・照査技術者・担当技術者について、資格及び専門分野の適切性、類似性の高い業務の経験、手持ち業務の件数、過去数年間に担当した業務の業務成績等を記入するとともに、各担当者の発表論文、表彰、取得特許等の状況を強調する。
(3) 業務実施方針と手法についての記載
○業務説明書の理解度
 業務の目的、内容、現地特性、評価基準等を十分に理解し、諸条件を多方面から検討して、技術上及び業務実施上の問題点や課題を抽出する。
○業務方針の妥当性
 業務の実施方針について、技術的作業が明確なテーマを持ち、独創的な主張を持つものであることを強調して作成する。
○提案の適格性・独創性・現実性
 業務について、その目的・内容・諸条件を正しく把握した十分に適格性のある提案であること。
 提案が独創性に富み、技術的テーマ・主張を持ったものであること。
 現地特性、環境面、経済性、施工性などについて、十分に検討された現実性のある提案であること。
○工程計画及び動員計画の妥当性
 工程計画及び技術者の動員計画については、業務の実施方針や手法に対応して、的確な計画であることを強調して作成する。
                             - 以 上 -


スポンサーリンク




よく読まれている関連記事



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする