PFI方式 01/その他の管理技術力の解答例


RCCM試験/その他の管理技術力の解答例の一覧ページです。


スポンサーリンク


PFI方式 01/その他の管理技術力の解答例

問い

 PFI方式について、以下の観点から述べなさい。
① PFI方式の概要と、それが求められる背景について述べなさい。
② PFI方式を導入し、進めていく上での、今後の課題について述べなさい。


解答例

1.PFIの基本理念及び概念
 PFI法及びPFI基本方針等による、PFIの基本理念や基本概念は以下のとおりである。
(1) PFI法の目的
 民間の資金、経営能力及び技術的能力を活用した公共施設等の建設、維持管理及び運営(これらに関する企画を含む。)の促進を図るための措置を講ずること等により、効率的かつ効果的に社会資本を整備し、もって国民経済の健全な発展に寄与することが目的である。(PFI法第1条)
(2) PFIの対象となる公共施設
 PFI法第1条の「公共施設等」とは、次に掲げる各施設である。(PFI法第2条)
① 公共施設は、道路、鉄道、港湾、空港、河川、公園、水道、下水道、工業用水道等。
② 公用施設は、庁舎、宿舎等。
③ 公益的施設は、公営住宅、教育文化施設、廃棄物処理施設、医療施設、社会福祉施設、更生保護施設、駐車場、地下街等。
④ その他施設は、情報通信施設、熱供給施設、新エネルギー施設、リサイクル施設(廃棄物処理施設を除く)、観光施設、研究施設。
⑤ 上記に準ずる施設として政令に定めるもの。
(3) PFIの基本理念
 PFIの基本理念は以下のように定義されている。(PFI法第3条)
① 公共施設等の整備等に関する事業は、国及び地方公共団体と民間事業者との適切な役割分担並びに財政資金の効率的使用の観点を踏まえつつ、当該事業により生ずる収益等をもってこれに要する費用を支弁することが可能である等の理由により民間事業者に行わせることが適切なものについては、できる限りその実施を民間事業者にゆだねるものとする。
② 国及び地方公共団体と民間事業者との責任分担の明確化を図りつつ、収益性を確保するとともに、国等の民間事業者への関与を必要最小限のものとすることにより民間事業者の有する技術及び経営資源、その創意工夫等が十分に発揮され、低廉かつ良好なサービスが国民に対して提供されることを旨として行わなければならない。(4) PFI事業実施に係る原則
 PFIの基本理念や期待される成果を実現するため、PFI事業は次のような5つの原則と3つの主義の下で実施する必要があります。(PFI基本方針)
① 5つの原則
ア.公共性の原則:住民ニーズの高い公共性のある事業であること。
イ.民間経営資源活用原則:民間の資金、経営能力及び技術的能力を活用すること。
ウ.効率性原則:民間事業者の自主性と創意工夫を尊重することにより、効率的かつ効果的に事業を実施すること。
エ.公平性原則:特定事業(PFIで実施する方針が決定された事業)の選定や民間事業者の選定において公平性が担保されること。
オ.透明性の原則:特定事業の発案から事業の終了に至る全過程を通じて透明性が確保されること。
② 3つの主義
ア.客観主義:事業の各段階での評価決定について客観性があること。
イ.契約主義:公共施設等の管理者等と選定事業者との間の合意については、明文により、当事者の役割及び責任分担等の契約内容を明確にすること。
ウ.独立主義:事業を担う企業体の法人格上の独立性が確保されること。また、複数の事業を実施している企業体がPFI事業者となった場合は、PFI事業に係る経理をその他の部門の経理と区別して管理すること。

2.PFIの概要
我が国の社会経済状況は今なお停滞しており、市税収入の鈍化や行政需要の量的拡大などに伴い、今後も厳しい財政状況が予測されるため、質の高い豊かな生活を実現するためには、これまでの様な行財政改革にとどまらず、民間の力を引き出し、官民それぞれの能力を活かした役割分担による補完・協調的なパートナーシップのもとに、効率的な資源配分に努める方策が必要となってきている。
 PFI手法は、公共政策の効率性、有効性、経済性を追求する新たな手法として、英国をはじめ諸外国で活用されてきており、現下の社会経済状況を踏まえた最小費用による最大効果を発揮する手法として有効な手法である。
 国においては、PFI手法に関して、「民間資金等の活用による公共施設等の整備等の促進に関する法律(平成11年7月30日成立9月24日施行法律第117号)」や「民間資金等の活用による公共施設等の整備等に関する事業の実施に関する基本方針(平成12年3月13日総理府告示第11号)」が策定されている。

3.PFI導入の課題
 自治体では、これまでPFI手法導入に向けての調査研究を行うとともに、PFI事業として実施しており、これまでの調査や経験を踏まえ、PFI事業を推進する上で必要となるPFI導入に関する「基本的な考え方」や「標準的な手続事項や留意点」などについて体系的なとりまとめが必要になっている。

 PFI市場の活性化を図るとともに、PFI事業を迅速・適切に実施するため、PFI事業に関わる民間事業者向けに、PFI事業としてメリットの可能性がある事業の有効性に関する検討を通して、「最適な事業手法の決定」や「官民協力による最良の事業実施」を行っていく必要がある。
                             - 以 上 -


スポンサーリンク




よく読まれている関連記事



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする