PFI方式 02/その他の管理技術力の解答例


RCCM試験/その他の管理技術力の解答例の一覧ページです。


スポンサーリンク


PFI方式 02/その他の管理技術力の解答例

問い

 PFI(「民間資金等の活用による公共施設等の整備等の促進に関する法律」に基づく事業方式)について、以下の観点から述べなさい。
① PFIについて、従来の公共事業方式との違い、民営化との違いについて述べなさい。
② PFI導入により、期待される効果について述べなさい。


解答例

1.PFI方式と従来方式の違い
(1) 第三セクター方式との違い
 三セクは、行政と民間が共同出資した事業体が事業を実施することで、公益的な事業に民間の経営手法を取り入れて効率的な事業運営を行おうとするものである。
 他方、PFIは行政と民間の協働を前提とするが、民間の資金や経営ノウハウを活用し、契約に基づいて建設、資金調達、維持管理の一連の行為を民間に委ねるものである。(ただし、例外的に維持管理のみのものも考えられる)
 三セクが経営悪化に陥ったのは、一般的に次のようなことが原因といわれている。
○ 自治体を担保にした信用膨張(自治体を担保にした金融機関の甘い融資等)
○ 経営責任の曖昧さ(官民もたれ合いで、責任体制が不明確等)
○ 施設の経営に対する意識が希薄(施設建設を重視、運営は二の次的な感覚等)
○ 公的支援を受けていることによる制約(出資を受けている分、経営の自由度が低い等)
○ 当初の採算見積の甘さ(バブル期の右肩上がりの採算見込み等)
○ 経営のチェック機構がない(工事受注等のための出資者が多く経営に無関心、情報開示少ない等)
 PFIは上記の反省の上に立って、以下の面が期待されている。
○ プロジェクトの採算性の十分な評価
○ 市場メカニズムに基づく資金調達
○ 官民の責任分担の明確化
○ 利害関係者に対する積極的な情報開示
 また、PFI事業者が国又は地方公共団体の出資又は拠出に係る法人である場合には、責任が不明確にならないよう特に留意して、事業計画又は協定において公共施設等の管理者との責任分担が明記されなければならないとしている。(法第10条2項)
(2) 公設民営との違い
 公設民営方式という言葉は多義的に使われるが、主として以下のものがある。
1.PFI制度を活用した公設民営型ケアハウスの整備
 PFI法に基づく選定を受けた事業者が公設民営型ケアハウスの運営を行う場合に、新たにその施設整備費について、国庫補助の対象とされた。
2.保育所の運営
 公有施設を用いて民間がサービスを提供する公設民営方式促進のため、公立保育所の運営委託先制限を撤廃
3.大学の整備
 長岡造形大学は、長岡市が新潟県の支援を得て設立し、開学後は学校法人による私立大学として弾力的な運営と特色ある大学づくりをめざす公設民営方式をとっている。

 一般的に公設民営においては、施設の整備費用は行政が負担し、運営は民間で担うことになる。
 一方、PFIも様々な方式があるが、一般的には、施設整備、資金調達、運営等を一括して民間で担い、行政はこのサービスを購入する、あるいは、独立採算で運営することを認めるものである。
 したがって、公設民営がPFIのBTO方式の一部ということになる。

2.PFIの効果
(1) 低廉かつ良質な公共サービスの提供
 PFI事業では、民間事業者の経営上のノウハウや技術的能力を活用することができる。また、事業全体のリスク管理が効率的に行われることや、設計・建設・維持管理・運営の全部又は一部を一体的に扱うこと等により、事業期間全体を通じてのコスト(ライフサイクルコスト)の削減が期待できる。これらにより、コストの削減と質の高い公共サービスの提供が期待される。
(2) 新たな官民パートナーシップの形成
 従来、国や地方公共団体等が行ってきた事業を民間事業者が行うようになるため、官民の適切な役割分担に基づく新たな官民パートナーシップが形成されていくことが期待される。
(3) 柔軟性のある財政運営の確立
 民間事業者の資金調達能力の活用により、公共部門の支出の平準化が期待でき、将来発生するリスクを一部民間に移転することで、従来、あいまいで不確実性が高かった将来支出を明確化かつ低減化することが可能となり、柔軟性のある財政運営の確立に寄与する。
(4) 説明責任の向上
 各手続過程の中で、情報公開、質疑・応答及び意見募集などに積極的に対応することで説明責任の向上に寄与する。
(5) 民間の事業機会の創出及び経済の活性化
 従来、国や地方公共団体等が行ってきた事業を民間事業者にゆだねることから、民間に対して新たな事業機会をもたらす。また、他の収益事業と組み合わせることによっても、新たな事業機会を生み出すこととなる。
 PFI事業のための資金調達方法として、プロジェクトファイナンス等の新たな手法を取り入れることで、金融環境が整備されるとともに、新しい金融市場の創出につながることも予想される。
 このようにして、新規産業を創出し、経済構造改革を推進する効果が期待される。
                             - 以 上 -


スポンサーリンク




よく読まれている関連記事



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする