問題3 管理技術力の解答文の書き方、教えます / RCCM試験

試験対策の質問に、お答えします / RCCM試験

ご質問の内容「問題3の解答の書き方を教えて、箇条書きの注意点は」RCCM試験 管理技術力

・はじめてRCCM試験を受験します。
・問題3 管理技術力の記述問題で悩んでいて、解答の書き方がわかりません。
・どんなテーマが出ても解答が書ける参考資料はありませんか。
・仕事が忙しいので、日常生活の中で専門知識を頭に入れる方法はありませんか。
・解答の書き方ですが、箇条書きや下線を使うのがいいと聞きましたが、注意することはありますか。
・問題3の初心者です。アドバイスをお願いします。

問題3 管理技術力の解答の書き方、箇条書きの注意点

RCCM試験の受験者の方々から多くの質問をいただいております。
試験対策を支援するため、この記事ではそれらのご質問にお答えいたします。

質問の中でも特に多かった、問題3 管理技術力の解答の書き方と、箇条書きの注意点についてご紹介します。

・浅くても広い知識があり、どんなテーマが出ても、それを文章にまとめることができる練習をする。
・RCCM試験の問題3では、キーワードを使いながら、管理技術者、土木技術者としての意見を述べること。
・与えられたキーワードを使って、自分自身の考えをわかりやすく書くこと。
・建設関連の新聞を毎日読むと、自然とキーワードに気付く。

・テキストを参考に問題3の論文構成を考える場合は、長い文章を短くしたり、追記したりして調整する。
・テキストやガイドラインの他に、建設コンサルタンツ白書を参考にして、品質管理や維持管理の考えをまとめておくこと。出題予想が外れた場合の対応力が付く。

・タイトルや見出しをつけて書くと分かりやすい。
・論文は、見やすさが大事、文字を丁寧に書く。
・問題3の文字数は、7~8割を満たすような量にする。

・箇条書きは、読みやすい文章にする有効な手段です。
・箇条書きの多様は、空欄が目立つので、バランスを考えて使うこと。
・箇条書きや、段落記号や段落番号を使っての短文列挙にする場合は、それぞれの関係を明示する接続詞をしっかり書くようにすること。
・「つまり」「すなわち」「そこで」「そのため」「いっぽう」「しかし」「なぜなら」などの接続詞を使う。
・関係を明示する接続詞がなく、ただ短文が並んでいると、問題3の解答として何がいいたいのかわからなくなってしまう。

自分の言葉で自分の考えをはっきりと書くこと、これが問題3の合格点が獲れる書き方です。

・解答文に、テーマや語句の詳細説明を書く必要はありません。
・RCCM試験の問題3がどんな出題であっても、テーマの課題やあり方について、一般論も含め自分の考えをはっきりと書くことが大切です。
・一般的なことばかりの羅列では、採点サイドも飽きてきます。
・目を惹く文章を書くこと、自分の言葉で書くことがポイントです。

・そこで、時間をかけない解答文の書き方を教えます。
・このような考え方に沿った、省力的な試験対策ツールを紹介しましょう。
・過去数年間の問題3 管理技術力の出題傾向から、本年の出題を予想しています。
・出題予想に基づいた「管理技術力の解答例文」を使用すれば、確実に合格点が獲れる準備ができます。
・解答例のダウンロード後は、オリジナル論文に書換える、暗記する、書き込む訓練、この手順により、短期間での試験対策が可能です。

・これが、RCCM試験の問題3 管理技術力論文の、効率的な勉強方法です。


RCCM試験に効率よく合格するには、問題3 管理技術力の「出題予想と解答例文」を使うことをオススメします。
現役技術士が作成した非常に好評な「出題予想と解答例文」であり、例年通常の2倍近い合格率を誇っています。

強い意志を持続し自分のためにがんばること。

・日常の仕事で忙しい中、時間を作って試験勉強するのはたいへんなことです。
・会社からのプレッシャーもあるでしょうし、試験勉強を継続するのは、決して簡単なことではありません。
・しかしRCCMの資格を取得することは、ご自身に大きなメリットがあります。
・RCCMの資格を持っているだけで、高い専門知識をもつ技術者の証明となり、信頼感が高まります。
・また、建設業界で働く場合、社内待遇でも、転職する際にもたいへん有利です。

・絶対に合格するぞという強い意志を持ち続けること、自分自身のために、頑張ってください。

試験対策ツールの、問題3 管理技術力の「出題予想と解答例文」が、業務でお忙しい方々のRCCM試験の受験を支援します。




よく読まれている関連記事



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする