問題3の課題とあり方の解答例、過去問からの出題予想 / RCCM試験

試験対策の質問に、お答えします / RCCM試験

ご質問の内容「過去問からの予想、問題3のキーワード指定の解答法を教えて」RCCM試験 管理技術力

RCCM試験の受験者の方々から多くの質問をいただいております。

・問題3 管理技術力の記述問題についての質問です。
・キーワード指定型で出題される、問題3は、みなさんは当日試験会場で論文構成を考えて完成させているのですか。
・事前に、過去問から予想解答例をたくさん準備しておく必要があるのですか。

・また、課題やあり方についての一般的な解答の書き方を教えてください。
・過去問から問題3の今年の出題は予想できますか。
・仕事と試験の両方で独学中の受験者です。いろいろ教えてください。

RCCM試験 問題3の論文構成、課題の解決方法

RCCM受験を支援するため、この記事ではご質問へのアドバイスを行っています。
質問の中でも特に多かった「問題3 管理技術力の現状課題とあり方の論文構成、見事な課題の解決方法の書き方」についてご紹介します。

・近年の問題3は、キーワード指定型で出題されます。
・この出題形態は、準備してきた想定論文を変化させないといけないため、当日の試験会場では、かなり大変な作業になります。
・準備した論文をベースにキーワードを盛り込む必要があるため、構成を変化させながら論文を当日完成させなければなりません。
・試験会場で骨子を考えて論文を構成する方法では、それに慣れていないと時間の浪費がかなり多いと思います。
・想定論文を複数準備しておいて、これに応用を効かせうまく変化させて論文を完成させる方法が、おススメです。

・問題3 管理技術力の論文は、要求されている内容に沿ったもので、事例を整理して書くようにしましょう。
・出題テーマの現状、課題、今後のあり方、の流れに沿うとともに、相互に関連する論点から記述する必要があります。
・言い換えれば、論文全体をに三分割して、序論、本論、結論の流れとし、結論を明確に書きましょう。
・結論は必ず書いてください。結論がないと途中の内容がよくても、合格点にはなりません。

・あり方で具体的な対策を記述すると点数アップになると言われています。
・テーマの現状課題と解決策(あり方)が対比されて、はっきりしている必要があります。
・最初に「あり方」を3件ほど書いてから、逆行してそれに関わる現状課題を書くと、課題を見事に解決したな、という結論になります。

過去問を分析した出題予想に基づく、問題3 全29件の解答例から学ぶ

・問題3の管理技術力の問題は、解答論文を準備して、試験に臨む必要があります。
・近年の問題3は、キーワード指定型で出題されるため、準備してきた解答文を試験会場で変化させるか、たくさんの解答例を作成して行かなければなりません。
・そこで、効率的な問題3の試験対策として、過去問を分析した「出題予想と解答例」を作成しました。

・問題3 管理技術力の過去問を分析すると出題は、前年度、前々年度と、同じテーマで出題されています。
・本年度の出題は、簡単に予想されます。
・その出題が予想されるテーマに沿った、合格点が獲れる「管理技術力の解答例文」を、全29件提供しています。
・全29件の解答例は、コンパクトシティ、人材確保育成、防災・減災、倫理とコンプライアンス、ICT技術の利活用、維持管理と長寿命化に関するものです。

問題3「管理技術力の解答例文」を使用すれば、確実に合格点が獲れる準備ができます。
・キーワード指定型の出題対策として、準備した論文をベースにキーワードを盛り込む方法を習得できます。
・たくさんの解答例からは、経験した現場条件に書換える方法がわかります。
・「あり方」から逆行して「現状課題」を書く、見事な解決方法のテクニックが身に付きます。
・「課題」と「あり方」が整合するような記述で、文章全体の流れや結論を重視した論文の書き方ができます。

・これが、RCCM試験の問題3 管理技術力論文の、効率的な勉強方法です。


RCCM試験に効率よく合格するには、問題3 過去問からの「出題予想と解答例文」を使うことをオススメします。
現役技術士が作成した非常に好評な「出題予想と解答例文」であり、例年通常の2倍近い合格率を誇っています。

試験は要領、合格するには合格する勉強法があります

・誰でも試験勉強など、したくありません。いつも、楽な方法を考えています。
・楽に合格できないか。もっと効率よく勉強できないか。
・こんな問題提起があるから、ベストな勉強方法の工夫や提案ができます。
・いつも、こう念じています。試験に合格したい。資格をとりたい。
・試験は、要領です。合格するには合格する勉強の仕方があります。
・勉強を楽に、効率よく進めて、最大の成果をあげる方法が、あります。
・社会のあらゆる場所で、能力のあるなしの差別化がどんどん進んでいます。
・勝ち組、負け組の区別が鮮明になってきています。
・能力での差別、勝ち負けで人生を決めることは、望ましいものではありません。
・しかし、それが現実です。生き残るためには、やるしかありません。
・がんばってください。

試験対策ツールの、問題3の管理技術力、過去問からの「出題予想と解答例文」が、業務でお忙しい方々のRCCM試験の受験を支援します。




よく読まれている関連記事



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする