問題3の出題予想と全29件の解答例、結論重視の論文構成/RCCM試験 管理技術力

試験対策の質問に、お答えします / RCCM試験

ご質問の内容「問題3の維持管理の論文構成と解答例、出題予想を教えて」RCCM試験 管理技術力

次のような、ご質問がたくさん寄せられます。

・RCCM試験、問題3 管理技術力の出題は、維持管理が出ると予想しています。
・解答を何度か書き出したのですが、一向に進みません。
・問題3を維持管理で解答する場合の論文の書き方を教えてください。
・維持管理の現状、課題、あり方に分けて、具体的な事例でアドバイスください。

・インフラ整備が必要なことから、維持管理の予想ですが、予想は合ってますか。
・過去問などから問題3の出題を予想する方法についても教えてください。
・仕事が忙しく、RCCMの勉強に時間がとれません。よろしくお願いします。

維持管理の課題とあり方の整合、結論を重視した論文すること

RCCM試験の合格を支援するため、この記事では受験される方々からのご質問にお答えしています。
ご質問の中でも特に多かった「問題3 管理技術力の維持管理の論文構成と解答例」についてご紹介します。

・「現状」は老朽化が進むため、
・「課題」として今後の維持管理をどうすべきか、
・「あり方」については、更新補修を行うための点検診断を行った後、その結果を受けてライフサイクルコストを考慮した予防保全や長寿命化対策を行う。

・社会のインフラの「現状」として、少子化による問題、高齢化による社会保障整備費増大、災害増のための整備費増などをまず書き、
・「課題」については、高度経済成長期に建設されたインフラの老朽化の進行、補修更新の時期が重複、必要施策に対する財源不足などを述べて、
・維持管理の「あり方」としては、限られた予算での対策の優先順位づけ、事後保全から予防保全への効果的な対策、致命的損傷が現れる前の長寿命化の実施、LCCがミニマムとなる補修更新の必要性、選択や集中による対応となどについて、具体的な新技術の活用を含めた方策で締める。

・維持管理に関する次の題材を参考にして、課題とあり方が整合するような記述で、文章全体の流れや結論を重視した論文にしてください。
・従前の造っては取り壊しのスクラップ&ビルドの認識の見直しを行う。
・少子化や財源の減少を踏まえて不要なインフラは切り捨てる。
・必要なインフラだけを選択して点検診断を実施する。
・点検診断の結果を踏まえて優先順位を考慮して、ITの活用による維持管理、長寿命化対策を実施する。  

RCCMの論文予想はズバリこれ、全29件の解答例が問題3をバックアップ。

RCCM試験、問題3の効果的な論文対策には、過去問からの「出題予想と解答例文」が必要です。

・問題3 管理技術力の論文は、出題傾向を分析して、出題を予想します。
・毎年3問が出題されますが、その内2問は、前年度、前々年と同じテーマです。
・本年度の出題テーマは、明らかに予想できます。
・平成30年度の出題テーマは、コンパクトシティ、人材確保育成、防災・減災、倫理とコンプライアンス、などの出題が予想されます。

本年度の出題予想に基づいて、問題3 管理技術力の解答例文は、全29件を作成しています。
問題3の解答例文を使用すれば、短期間で確実な論文の準備ができます。
・オリジナル論文に書換える、暗記する、書き込む訓練などの手順により、短期間での論文対策が可能です。
・たくさんテーマの解答例から、経験した現場条件に書換える方法がわかります。
・現状、課題、あり方の起承転結に配慮した論文構成力を習得できます。
・「あり方」を書いてから逆に「現状課題」を書く、見事に課題を解決するテクニックが身に付きます。
・「課題」と「あり方」が整合するような記述で、文章全体の流れや結論を重視した論文の書き方ができます。

・これが、RCCM試験の問題3 管理技術力論文の、効率的な論文対策です。

RCCM試験に効率よく合格するには、問題3の「出題予想と解答例文」を使うことをオススメします。
現役技術士が作成した「出題予想と解答例」は、非常に好評な論文構成であり、例年通常の2倍近い合格率を誇っています。

なぜ受験するのか、強い意志と目的をもつこと

・何があっても、RCCM試験に合格したいと思い続けること。それはなぜか。
・その理由が、合格する最大の、がんばれる力、奮起剤になります。
・世の中に、理由のない結果はありません。
・勉強が進まない、成績が伸びない、試験に合格しない。
・これらには、必ず何らかの理由があります。
・勉強が進む、成績が伸びる、試験に合格する。これにも、必ず理由があります。
・心の底から望んだことは、必ず実現できると、信じることです。
・心の底から「RCCM試験に合格したい」と望むなら、努力すれば、合格できないはずがありません。
・しかし、それが実現していないのは、心の底からの本気ではないからです。
・本気でなければ、望みは実現しません。
・モチベーション、意欲は高まらず、集中力は持続せず、勉強は進まない。
・望みを実現させるため、必死になれる言葉を、明確にしてください。
・合格したい理由を明確にして、成功を暗示することからスタートしてください。
・なぜ受験するのか、強い意志と目的をしっかりと持つことです。

試験対策ツールの、問題3の管理技術力、過去問からの「出題予想と解答例文」が、業務でお忙しい方々のRCCM試験の受験を支援します。




よく読まれている関連記事



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする