これだけ項目集/1級・2級 実地試験


施工管理技士の資格の取得は、十分な実務経験を有する技術的評価と、的確な管理能力を備えた技術者、人材として評価され、優遇されます。
この「これだけ項目集」(出題傾向の分析と重点項目集)が、学科試験・実地試験の勉強法がかわからない方、業務でお忙しい方々の受験を支援します。


これだけ項目集/1級・2級 実地試験

出題を分析した「実地試験の出題傾向」を見れば、本年度の出題が予想できます。
どのような問題が、どれくらいの頻度で出題されるのか、一目瞭然です。
「これだけ項目集」は、出題回数別に色分けした解答例です。下記の「これだけ項目集のサンプル」を見れば、特化すべき本年度の重点問題が絞り込めます。

300名以上が合格できた、造園施工管理技術検定 これだけ項目集の実績です。

これだけ項目集 H29
申込み数
H29~H24
申込み数(累計)
1級・2級 学科試験・実地試験の対策
 出題傾向の分析と重点項目集
70 310


1級・2級 実地試験の重要項目集と出題傾向を、メールで送信しています。

これだけ項目集と出題傾向は、ただ今、メール送信中です。


これだけ項目集について(1級・2級 実地試験)

「これだけ項目集」では、出題傾向を分析して、出題一覧表を作成しています。
どのような問題が、どれくらいの頻度で出題されているのか、一目瞭然です。
毎年出題される問題は、隔年・数年間隔で出題される問題は、頻度の多い出題は、近年人気の問題は、などを考慮し、特化すべき重点問題を掲載しています。

出題傾向の分析と「これだけ項目集」を使用すれば、
絞り込んだ重点項目を覚えるだけで、合格点が獲れる準備ができます。

これだけ項目集とは
・出題傾向の分析から、重点項目を絞り込み、これだけ項目集を作成しています。
・これだけ項目集では、出題年度・出題回数は、色を変えて記入しています。
・項目の重要度、覚える優先順位などが、ハッキリわかります。
・Wordデータです。並べ替え、編集して、オリジナルの項目集が作成できます。
・数枚づつ用紙に印刷して、通勤中や業務の合間にも、効率的な勉強ができます。


スポンサーリンク


これだけ項目集のサンプル/1級・2級 実地試験

これだけ項目集では、1級・2級 実地試験で出題されるすべての、
次の出題分類について、重要項目集と出題傾向を作成しております。

1級実地試験は、
問題2 造園施工記述、問題3 工程管理、問題4 品質管理、問題5 安全管理。
2級実地試験は、問題2 造園施工記述、問題3 安全管理。

このページに掲載している、サンプル項目集は、ほんの一部です。
すべての項目は、これだけ項目集を申込み後、ダウンロードし、ご確認ください。


1級・2級 実地試験 問題2 造園施工記述 のサンプル

1造園 実地  H29-2-3-1  H26-2-5-2  H24-2-4  H20-2-3-3
樹木の立込みの留意事項
 立込みは、植穴に樹木を美しく据え付ける作業であり、この良否により植栽景観の良し悪しが大きく左右されるため、根蜂の深さ、木の表裏、傾きぐあいに注意して立込みを行う。
 高木、中木を美しく立込むには、樹木の大きさや裏表、気勢の強さや方向等を見極め、四方からの見え方を検討する。
根鉢の上面が周囲の土の高さと同程度となるように植え付け、深植えは避ける。
 根鉢の養生に使用した縄紐類、化学繊維などの腐らないものは根から取り外し、立込み後の発根を促進する。
 クレーン車等により作業を行う場合、ワイヤで樹木をつり下げる際に、幹等にワイヤが食い込み樹木を傷つけることがあるため、必ず幹当て等の養生を行う。

1級 実地試験 問題4 品質管理 のサンプル

1造園 実地  H29-4-2 H28-4-1 H27-4-1 H26-4-2 H25-4-1   H24-4-1 H23-4-1 H22-4-1 H21-4-2 H20-4-1
寸法規格の検査部位
樹高(H)
 樹木の樹冠の頂端から根鉢の上端までの垂直高をいい、一部の突出した枝は含まない。
 ヤシ類など特殊樹にあって「樹高」と特記する場合は、幹部の垂直高をいう。
幹周(C)
 樹木の幹の周長をいい、根鉢の上端より1.2m上りの位置を測定する。
 この部分に枝が分岐している時は、その上部を測定する。
 幹が2本以上の樹木の場合は、各々の幹周の総和の70%をもって幹周とする。
枝張(葉張)(w)
 樹木の四方面に伸長した枝(葉)の幅をいう。
 測定方向により幅の長短がある場合は、最長と最短の平均値とする。
 なお、一部の突出した枝は含まない。葉張とは、低木の場合についていう。
株立数
 株立(物)の根元近くから分岐している幹(枝)の数をいう。
 樹高と株立数の関係については、以下のように定める。
  2本立:1本は、所要の樹高に達し、他は、所要の樹高の70%以上に達して
      いること。
  3本立以上:過半数は、所要の樹高に達し、他は、所要の樹高の70%以上に
        達すること。

1級・2級 実地試験 問題3・5 安全管理 のサンプル

2造園 実地  H28-3-1  H26-3-2  H23-3-2  H21-3-2-1
資材の搬入出と公園利用者の安全
 資材運搬の搬入出口には誘導員を配置し、車両の運行は誘導員が合図して行う。
 作業車両の公園内の走行速度を制限し、徐行運転を徹底する。
 工事の作業区域を明確にし、周囲にロープやバリケードを設置し、作業関係者以外の立入りを禁止する。
 工事看板や注意標識を設置して、公園利用者の注意を喚起する。
 公園利用者の動線と重ならないように、工事作業の範囲を設定する。
 公園利用者が利用する時間帯を避けて、資材の搬入出時間を設定する。
 仮設道路については、幅員1.5mを確保して、安全フェンスを設置するとともに、交通誘導員を配置する。
 剪定した枝葉を落下させる場合は、監視人を配置し、投下設備を設置する。
 剪定作業においては、安全帯等の墜落防止器具を使用させる。


1級・2級 実地試験の重要項目集と出題傾向を、メールで送信しています。


1級・2級 実地試験の出題傾向

このページに掲載している、実地試験の出題傾向は、ほんの一部です。
すべての出題は、これだけ項目集を申込み後、ダウンロードし、ご確認ください。

1級 実地試験 問題4 品質管理 の出題傾向

出題傾向の分析と重点項目について
 問題4 品質管理は、次のような問題が、出題されています。
 品質規格については、寸法基準の判定、寸法規格の検査部位、樹姿・樹勢・芝・草花の品質規格、樹木の樹高と樹形、品質規格と寸法規格、株立(物)などから出題されています。
 植栽工については、掘り取りの作業、樹木の保管措置、植付け後の防寒対策、植付け後の養生作業、根鉢の品質管理、根巻きの目的と方法、幹巻きの目的、仮置き場の表土の保護養生などから出題されています。
 土壌・基盤については、透水試験器からの判定、土壌貫入計からの判定、植栽基盤の試験器、石材のJIS規格などから出題されています。

は、予想が的中したものです。

問題4 品質管理 H30
予想
H29 H28 H27 H26 H25 H24 H23 H22-
H20
◇ 品質規格
 寸法基準の判定 3
 寸法規格の検査部位 3
 樹姿の品質規格 2
 樹勢の品質規格 3
 芝の品質規格 1
 草花の品質規格 1
 樹木の樹高と樹形
 品質規格と寸法規格 2
 株立(物) 1
◇ 植栽工
 掘り取りの作業手順
 樹木の保管措置
 植付け後の防寒対策
 植付け後の養生作業の目的
 根鉢の作業内容と品質管理
 根巻きの目的と方法
 幹巻きの目的と方法
 仮置き場の表土の保護養生 1


2級 実地試験 問題3 安全管理 の出題傾向

出題傾向の分析と重点項目について
 問題3 安全管理は、次のような問題が、出題されています。
 安全管理 全般については、事故発生と作業現場の準備、ツールボックスミーティング、服装・保護具の点検、安全活動の具体例、資材搬入出と公園利用の安全、安全帯、保護帽、安全靴の使用と点検、新規入場者教育、熱中症対策などから出題されています。
 肩掛け式草刈り機、芝刈機の点検などから出題されています。
 チェーンソーの振動障害などから出題されています。
 バックホウの運転、バックホウの安全教育などから出題されています。
 移動式クレーンについては、クレーンの誘導合図、配置・据付け、玉掛け者の確認事項、クレーンの技能講習、不適格なワイヤロープ、クレーンの吊り上げ、フック、離れる措置、自主検査などから出題されています。
 高所作業車については、高所作業車の技能講習、高所作業車の合図、高所作業車の安全、高所作業の墜落災害などから出題されています。
 作業床の設置、足場の組立てなどから出題されています。
 はしご、脚立、高所剪定作業などから出題されています。

は、予想が的中したものです。

問題3 安全管理 H30
予想
H29 H28 H27 H26 H25 H24 H23 H22-
H20
◇ 安全管理 全般
 事故発生と作業現場の準備 1
 ツールボックスミーティング 1
 服装・保護具の点検
 安全活動の具体例 1
 樹上の作業の安全確保
 資材搬入出と公園利用の安全 1
 安全帯の使用と点検
 保護帽の使用と点検
 安全靴の使用と点検
 新規入場者教育
 熱中症対策
◇ はしご、脚立
 脚立
 はしご 1
◇ 高所剪定作業
 高所剪定作業 3


このページに掲載している、実地試験の出題傾向は、ほんの一部です。
すべての出題は、これだけ項目集を申込み後、ダウンロードし、ご確認ください。


まとめ/実地試験の対策/1級・2級 造園施工管理

出題傾向の分析と「これだけ項目集」を使用すれば、
絞り込んだ重点項目を覚えるだけで、合格点が獲れる準備ができます。

これだけ項目集とは
・出題傾向の分析から、重点項目を絞り込み、これだけ項目集を作成しています。
・これだけ項目集では、出題年度・出題回数は、色を変えて記入しています。
・項目の重要度、覚える優先順位などが、ハッキリわかります。
・Wordデータです。並べ替え、編集して、オリジナルの項目集が作成できます。
・数枚づつ用紙に印刷して、通勤中や業務の合間にも、効率的な勉強ができます。

☆ 余裕のあるスケジュール管理を
試験前は、余裕のあるスケジュール管理が必要です。
ゆとりと余裕が脳を活性化させ、強い集中力を生みます。
「これだけ項目集」(出題傾向の分析と重点項目集)、早めのお申込みを。
施工経験記述問題の対策「出題予想と解答例文」も実績のあるツールです。
併せて、お申込みください。

300名以上が合格できた、造園施工管理技術検定 これだけ項目集の実績です。

これだけ項目集 H29
申込み数
H29~H24
申込み数(累計)
1級・2級 学科試験・実地試験の対策
 出題傾向の分析と重点項目集
70 310


1級・2級 実地試験の重要項目集と出題傾向を、メールで送信しています。




よく読まれている関連記事



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする