経験記述の解答例/1級造園施工管理




施工経験記述の対策は、過去に自分が経験した工事を選び、施工管理項目ごとに、事前に十分な準備をして、解答文を作成しておく必要があります。
そこで、効率的な試験対策を行うため、本年度の出題を予想し、独自の現場情報に書き換えるだけで、合格点の獲れる、解答例文を作成しました。

経験記述問題の解答例/1級造園施工管理

施工経験記述問題は、施工管理技士となるのにふさわしい施工管理能力を持つ技術者かどうかを、記述された施工経験の内容から判定する問題です。

下記の「経験記述の出題傾向」を見れば、本年度の出題は容易に予想できます。
本年度に出題が予想される施工管理項目(テーマ)に沿った、
合格点が獲れる「施工経験記述の解答例文」を、多数提供しています。

400名以上が合格できた、造園施工管理技術検定 支援ツールの実績です。

支援ツール名 H29
申込み数
H29~H15
申込み数(累計)
1級・2級 経験記述問題の対策
 出題予想と解答例文  
60 430


1級実地試験の経験記述問題の解答例を、メールで送信しています。

1級実地試験 経験記述の解答例は、ただ今、メール送信中です。


1.出題予想について(1級実地試験の経験記述)

近年の、造園施工管理技術検定試験、1級実地試験の経験記述問題の出題は、
工程管理、品質管理の内から1つを選び、解答することになっています。

工程管理、品質管理について、しっかりと準備して、臨んでください。

2.解答例について(1級実地試験の経験記述)

 経験記述問題の対策の流れは、経験記述原案を練る、工事概要の数量を揃える、添削をうけ修正する、暗記する、書き込む訓練を行う、という手順になり、たくさんの時間が必要になります。
 「経験記述問題の解答例」を使用すれば、自分が経験した現場条件に変更するだけで、確実に合格点が獲れる経験記述の準備ができます。

解答例文は、下記の内容で、合計32件、作成しております。
工程管理と品質管理について、それぞれ、
植栽工 8件、土工 3件、コンクリート 3件、舗装工 1件、水路工 1件。

解答例文は、それぞれの施工管理項目について、次の内容で作成しています。
⑤ 工事概要
(4) 管理項目の課題の内容
(5) 現場で実施した処置又は対策


スポンサーリンク


経験記述のサンプル解答/1級造園施工管理

このページに掲載している、サンプル解答文は、ほんの一部です。
すべての解答例は、支援ツールを申込み後、ダウンロードして、ご確認ください。

品質管理のサンプル解答文/植栽工

⑤ 工事概要
 ○○市ふれあい公園整備工事で、基盤整備工事として整地工(1,200m2)、盛土工(200m3)、植栽基盤工事として透水層工(50m)、石積工(70m)、植栽工事として植栽工(高木25本、低木100本)、張芝工(150m2)であった。

(4) 管理項目の課題の内容
 全体工事の工程から割り出した植栽工事の施工時期が気温の高い悪条件となる夏期が避けられない状況だったため、樹木の枯死を防ぐことや各樹木ごとの状況を把握して適切な対策をいかにして施すかが課題であった。
 現場においては植え付け作業の遅れによる樹木の枯死を防ぐために、植え付け時間の短縮と迅速化及び樹木搬入の時間管理の徹底を行う必要があった。
 また植え付け後の樹木の状況把握と灌水作業の確実な実施の管理も課題であった。

(5) 現場で実施した処置又は対策
 植栽工事期間が盛夏期に当たっていたため、枯死を防ぐために以下の対策を講じた。
 水枯れ防止対策として枝の切り詰めや蒸散量を抑制するため、1/3~1/2程度の枝葉の剪定を行ない、また監理者と樹木の状況を個々に確認して協議した上、必要に応じては蒸散防止剤やホルモン剤、発根促進剤などを施した。
 現場においては樹木を当日中に植え付けるために、早朝の搬入を協力会社に要請し、諸事情で搬入が遅くなりそうなときは翌日早朝の現場搬入に変更し、気温が高くなることが予想される日には植栽搬入及び工事を避けることを判断し、別途搬入・工事実施の日程を決定した。
 また植え付け後の植栽への灌水作業実施の有無の確認を徹底するため、各樹木ごとに作業報告書を作成して管理した。

工程管理のサンプル解答文/植栽工

⑤ 工事概要
 台風災害にあった市街地の街路樹の倒木復旧緊急工事において、市内主要幹線道路の交通回復と植栽の速やかな撤去・植え替え工事が市より発注された。受注業者は、弊社を含め市内の建設業者4社であり、共同作業することとなった。

(4) 管理項目の課題の内容
 台風一過の後、幹線道路には倒壊した樹木の他、建築物から剥がれた屋根材や壁材、看板類なども飛散しており、交通回復を行うことが最重要課題であった。倒木の処理と樹木の復旧計画工程を監理者・同業他社と協議し、7日間以内の撤去、一カ月以内の現状復旧を目指した。近隣の他市についても同様の被災状況であったため、施工人員の確保・機器の確保が困難であった。また、工事をスムーズに行うための監督員立会や現状調査時間を、どのように短縮するかも重要な課題であった。

(5) 現場で実施した処置又は対策
① 倒木処理とその他の産業廃棄物処理方法を監理者、及び同業他社と打ち合わせの場を設け、作業分担による効率の良い工程計画を策定した。
② 立会・現調時間短縮については、現状調査時間を短縮するため、施工範囲の立会時にビデオ撮影を行い、立会後すぐに撤去作業を開始できるようにした。
③ 樹木撤去時に手動で伐採するのではなく、大型の切断機械を導入し、伐採時間の短縮を図った。運搬にはロールアップ車を利用することとした。
④ 樹木で途中から折れているものについては速やかに撤去することとし、幹折れがないものは冬季剪定と同程度の仕上げとした。根が露出しているものについては撤去・植樹の手順では時間が掛かるため、根周囲を掘り起こし土中に収まるようにして支柱受けすることで工程短縮することとした。
 上記の対策により、撤去作業7日間、現状回復を1ヶ月で完工することができた。


1級実地試験の経験記述問題の解答例を、メールで送信しています。


経験記述の出題傾向/1級造園施工管理

は、予想が的中したものです。

出題項目 H30
予想
H29 H28 H27 H26 H25 H24 H23 H22-
H16
工程管理   7
品質管理 7
 


まとめ/経験記述問題の対策/1級造園施工管理

施工経験記述問題で問われるのは、次のような点です。
・十分な実務経験があるか
・現場に常駐する主任技術者として適格であるか
・契約条件に基づき、施工計画が立案できるか
・工程管理、品質管理、安全管理等の管理能力が、的確であるか

施工経験記述問題の効果的な試験対策には、「出題予想と解答例文」が必要です。

☆ 出題予想について
1級造園施工管理技術検定試験、経験記述問題の出題は、
工程管理、品質管理の内から1つを選び、解答することになっています。

☆ 解答例文について
「経験記述問題の解答例」を使用すれば、自分が経験した現場条件に変更するだけで、確実に合格点が獲れる経験記述の準備ができます。
解答例文は、下記の内容で、合計32件、作成しております。
工程管理と品質管理について、それぞれ、
植栽工 8件、土工 3件、コンクリート 3件、舗装工 1件、水路工 1件。

☆ 余裕のあるスケジュール管理を
試験前は、余裕のあるスケジュール管理が必要です。
ゆとりと余裕が脳を活性化させ、強い集中力を生みます。
早めの「経験記述の支援ツール」、お申込みをおすすめします。
学科試験、実地試験の対策「これだけ項目集」も実績のあるツールです。併せて、お申込みください。

400名以上が合格できた、造園施工管理技術検定 支援ツールの実績です。

支援ツール名 H29
申込み数
H29~H15
申込み数(累計)
1級・2級 経験記述問題の対策
 出題予想と解答例文  
60 430


1級実地試験の経験記述問題の解答例を、メールで送信しています。




よく読まれている関連記事



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする