これだけ項目集/2級 学科試験/建築施工


「これだけ項目集」は、2020年版に更新済み です。
下記の「お申込みはこちら」ボタンより、お申込みください。


これだけ項目集/2級 建築施工管理 学科試験

施工管理技士の資格の取得は、十分な実務経験を有する技術的評価と、的確な管理能力を備えた技術者、人材として評価され、優遇されます。
この「これだけ項目集」(出題傾向の分析と重点項目集)が、学科試験・実地試験の勉強法がかわからない方、業務でお忙しい方々の受験を支援します。

出題を分析した「学科試験の出題傾向」を見れば、本年度の出題が予想できます。
どのような問題が、どれくらいの頻度で出題されるのか、一目瞭然です。
「これだけ項目集」は、出題回数別に色分けした解答例です。下記の「これだけ項目集のサンプル」を見れば、特化すべき本年度の重点問題が絞り込めます。

  3,000名以上が合格できた、建築施工管理技術検定 の支援ツールです。


   2級 学科試験の重要項目集と出題傾向を、メールで送信しています。

これだけ項目集と出題傾向は、ただ今、メール送信中です。


これだけ項目集について(2級建築 学科試験)

「これだけ項目集」では、出題傾向を分析して、出題一覧表を作成しています。
どのような問題が、どれくらいの頻度で出題されているのか、一目瞭然です。
毎年出題される問題は、隔年・数年間隔で出題される問題は、頻度の多い出題は、近年人気の問題は、などを考慮し、特化すべき重点問題を掲載しています。

出題傾向の分析と「これだけ項目集」を使用すれば、
絞り込んだ重点項目を覚えるだけで、合格点が獲れる準備ができます。

これだけ項目集とは
・出題傾向の分析から、重点項目を絞り込み、これだけ項目集を作成しています。
・これだけ項目集では、出題年度・出題回数は、色を変えて記入しています。
・項目の重要度、覚える優先順位などが、ハッキリわかります。
・Wordデータです。並べ替え、編集して、オリジナルの項目集が作成できます。
・数枚づつ用紙に印刷して、通勤中や業務の合間にも、効率的な勉強ができます。


スポンサーリンク


これだけ項目集のサンプル/2級 建築施工管理 学科試験

これだけ項目集では、2級建築 学科試験で出題されるすべての、
次の出題分類について、重要項目集と出題傾向を作成しています。

2級建築 学科試験は、平成30年度以降、次の内容で出題されます。
建築学等 No.01~No.14、設備その他 No.15~No.17、
施工 躯体 No.18~No.24、施工 仕上げ No.25~No.32、
施工管理法 No.33~No.42、法規 No.43~No.50。

このページに掲載している、サンプル項目集は、ほんの一部です。
また、最新のものではありません。
最新のすべての内容は、
「これだけ項目集」をお申込み後、ダウンロードして、ご確認ください。
オリジナルの重点項目集を作成しましょう。!!
・間違い探し問題の間違った文章は、正しい文章に直しています。
 直した正しい文章は、太字にしています。
・出題年度は、色を変えて記入しています。
 たくさんの色が付いている問題が、よく出る問題です。
・項目の重要度、覚える優先順位などが、ハッキリわかります。
・下記の出題傾向の分析表を参考にして、問題を絞り込めば、
 オリジナルの重要項目集が作成できます。
・数枚ずつ用紙に印刷すれば、通勤や業務の合間に、効率的な勉強ができます。

2級建築 学科試験 躯体 NO.18~No.24 のサンプル

2建築 学科  H29-44 H28-44 H27-44 H25-44 H24-44 H22-44
砂利・骨材(コンクリート工事)

 川砂利と砕石は、所定の品質を満足していれば、混合して使用してもよい
 細骨材の粗粒率が大きい場合には、細骨材率を大きくする
 細骨材率が大きすぎると、所定のスランプを得るための単位水量が多くなる
 細骨材率が大きすぎると、流動性の悪いコンクリートとなる。
 乾燥収縮によるひび割れを少なくするためには、粗骨材率を小さくする


2建築 学科  H29-49  H28-49  H26-49  H25-49  H23-49
木軸組工法の継手(木工事)

 せいが異なる胴差どうしの継手は、柱心上で腰掛け鎌継ぎとし、短ざく金物当てボルト締めとした。
 土台の継手は、腰掛けかま継ぎとし、上木の方をアンカーボルトで締め付けた。
 束立て床組の大引の継手は、床束心で鎌継ぎとし、釘打ちとした
 根太の継手は、大引の心で突付け継ぎとし、釘打ちとした。
 隣り合う根太は、その継手位置をずらして割り付けた。
 洋式小屋組の真束と棟木の取合いは、棟木が真束より小さかったので、短ほぞ差し割くさび締めとした。

2級建築 学科試験 仕上げ No.25~No.32 のサンプル

2建築 学科  H29-52  H28-52  H25-52  H23-52
シーリング工事の留意事項(防水工事)

 2成分形シーリング材の練混ぜは、機械練りとした。
 シーリング材と被着面の接着性を良好にするため、プライマーを塗布した。
 目地への打ち始めは、目地の交差部あるいはコーナー部より開始した。
 ノンワーキングジョイントでは、3面接着で施工した。
 シーリング材の充填深さは、バックアップ材、ボンドブレーカーで調整した
 目地底にシーリング材を接着させないため、ボンドブレーカーを用いた。
 裏面に接着剤が付いているバックアップ材は、目地幅より1mm程度小さい幅のものとした。
 充填箇所以外に付着したシリコーン系シーリング材は、硬化後に取り除いた
 シーリング材の硬化の状態は指触で、接着状態はへらで押えて確認した


2建築 学科  H29-55  H28-55  H27-55  H25-55
軽量鉄骨壁下地の補強材(金属工事)

 そで壁端部は、開口部垂直方向の補強材と同じ材料をスタッドに添え補強した。
 出入口開口部の垂直方向の補強材は、上下のコンクリートスラブに固定した
 出入口開口部の垂直方向の補強材の上部は、梁下、床スラブ下に固定した。


   2級 学科試験の重要項目集と出題傾向を、メールで送信しています。

これだけ項目集と出題傾向は、ただ今、メール送信中です。


学科試験の出題傾向/2級建築施工管理

このページに掲載している、学科試験の出題傾向は、ほんの一部です。
また、最新のものではありません。
最新のすべての内容は、
「これだけ項目集」をお申込み後、ダウンロードして、ご確認ください。

2級建築 学科試験 躯体 NO.18~No.24 の出題傾向

出題傾向の分析と重点項目について

躯体 NO.18~No.24 の出題傾向は、次の通りです。
 墨出し、遣方、平板載荷試験、地盤調査、標準貫入試験、埋戻し・締固め、根切り・山留め工事、地業工事、鉄筋工事、型枠工事、コンクリート工事、鉄骨工事、木工事、建設機械などから出題されます。

過去の出題傾向から出題予想分析を行い、高い確率で予想的中させています。
は、予想が的中したものです。
高得点を取る必要なし。時間をかけずに、確実に合格点を目指しましょう。!!
・毎年出題されている問題はないか。
・頻繁に出題されている問題の周期は、1年置きか、2年置きか、3年置きか。
・久々に出題された問題があるが、同じような怪しい問題はないか。
・しはらく出題されていないが、気になる問題はないか。
このように、特化すべき重点問題を絞り込んでください。
躯体 NO.18~No.24 予想 R01
後期
R01
前期
H30
後期
H30
前期
H29 H28 H27 H26-
H22
◇ コンクリート工事
コンクリートの調合
空気量・スランプ・単位水量 3
砂利・骨材 3
単位セメント量 1
コンクリートの骨材 1
打込み速度・流動性 2
コンクリートの打込み 3
コンクリートの養生 3
セメント種別毎の養生期間 1
   
◇ 鉄骨工事
高力ボルト摩擦接合 2
鉄骨の錆止め塗装 1
鉄骨の工作 3
鉄骨の建方計画 1
鉄骨建方時の留意事項 1
   


2級建築 学科試験 仕上げ No.25~No.32 の出題傾向

出題傾向の分析と重点項目について

仕上げ No.25~No.32 の出題傾向は、次の通りです。
 防水工事、石工事、タイル工事、屋根とい工事、金属工事、左官工事、建具工事、塗装工事、内装工事、インテリア工事、ALCパネルなどから出題されます。

過去の出題傾向から出題予想分析を行い、高い確率で予想的中させています。
は、予想が的中したものです。
高得点を取る必要なし。時間をかけずに、確実に合格点を目指しましょう。!!
・毎年出題されている問題はないか。
・頻繁に出題されている問題の周期は、1年置きか、2年置きか、3年置きか。
・久々に出題された問題があるが、同じような怪しい問題はないか。
・しはらく出題されていないが、気になる問題はないか。
このように、特化すべき重点問題を絞り込んでください。
仕上げ No.25~No.32 予想 R01
後期
R01
前期
H30
後期
H30
前期
H29 H28 H27 H26-
H22
◇ 防水工事
アスファルト防水の留意点 3
防水接着工法
加硫ゴム系シート防水 2
ウレタン防水 1
シーリングの種類 1
シーリング工事の留意事項 2
   
◇ 金属工事
軽量鉄骨壁下地のランナー 1
軽量鉄骨壁下地のスタッド 1
軽量鉄骨壁下地の補強材 1
金属材料の表面処理
ステンレス鋼板の表面仕上 1
   

このページに掲載している、学科試験の出題傾向は、ほんの一部です。
すべての出題は、これだけ項目集を申込み後、ダウンロードし、ご確認ください。


まとめ/学科試験の対策/2級建築施工管理

出題傾向の分析と「これだけ項目集」を使用すれば、
絞り込んだ重点項目を覚えるだけで、合格点が獲れる準備ができます。

これだけ項目集とは
・出題傾向の分析から、重点項目を絞り込み、これだけ項目集を作成しています。
・これだけ項目集では、出題年度・出題回数は、色を変えて記入しています。
・項目の重要度、覚える優先順位などが、ハッキリわかります。
・Wordデータです。並べ替え、編集して、オリジナルの項目集が作成できます。
・数枚づつ用紙に印刷して、通勤中や業務の合間にも、効率的な勉強ができます。

☆ 余裕のあるスケジュール管理を
試験前は、余裕のあるスケジュール管理が必要です。
ゆとりと余裕が脳を活性化させ、強い集中力を生みます。
「これだけ項目集」(出題傾向の分析と重点項目集)、早めのお申込みを。
施工経験記述問題の対策「出題予想と解答例文」も実績のあるツールです。
併せて、お申込みください。


   2級 学科試験の重要項目集と出題傾向を、メールで送信しています。

これだけ項目集と出題傾向は、ただ今、メール送信中です。




よく読まれている関連記事




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする