経験記述の解答例/電気工事施工管理技士試験


電気工事施工管理技士試験の経験記述の解答例は、安全管理、工程管理、品質管理などの出題項目について、多数準備しています。
この解答例を参考にして、自身が体験した独自の現場情報を入れれば、経験記述の解答文が簡単に出来上がります。


安全管理の解答例/電気工事施工管理技士の経験記述

感電災害、受変電設備

(1) 危険性を予測した事項と理由
 本工事は、金属製品製造工場の既設受変電設備の改修工事であった。
 狭隘な場所の部分停電作業が多くあった。作業場所は暗かったため、周囲の機器状態が確認し難く、露出充電部も多かった。このようなことから、感電事故の防止対策に留意した。

(2) その対策
①作業場所は、作業用照明灯により照度を確保し、周囲の充電部は絶縁シートで防護した。
②開路に用いた開閉器は、「作業中の投入禁止」を作業員に周知し、「作業中通電禁止」札を取付けた。
③作業前に、電力ケーブルやコンデンサなどの残留電荷は、放電用接地棒により放電した。また、検電器を使用して作業機器の停電を確認のうえ、短絡接地器具を用いて短絡接地した。
④作業終了後は、作業責任者が自ら、全ての短絡接地器具を取り外したことを確認し、全作業者を待機させた上で通電を行った。

墜落・飛来落下災害、屋上配管配線

(1) 危険性を予測した事項と理由
 綜合管理ビルの屋上配管配線工事において、床の保護や汚れ防止を図る養生材が、台風等の強風にあおられて、飛来落下する災害の発生が予測された。
そのため、飛来・落下災害を防ぐための作業方法や工程調整に留意した。

(2) その対策
①作業エリアの作業及び通行に必要な範囲を養生するものとし、作業終了毎に撤去して夜間・休日の飛来落下防止を図った。
②養生はブルーシートを敷いた上にコンパネを敷き、床養生テープで目張りを行って要所に砂袋を置いて、作業中の突風による飛散防止を図った。
③資材等も飛散防止のため結束固定を行い、飛散する恐れがあるものは作業中はネット等で覆い、終了後は室内に移動させ保管した。
④前日の気象予報にて風速に注意し、強風の場合は翌日の作業は中止した。
⑤担当者及び作業責任者は作業終了、養生撤去後に現場を巡回して、飛来落下する恐れがある物が残っていないかの確認を徹底した。

工程管理の解答例/電気工事施工管理技士の経験記述

関連工事重複、電動ポンプ設置

(1) 工程管理上の問題と理由

本工事はD工場建設に伴う電動ポンプ設置付帯電気工事であり、ポンプ関連配電盤とケーブル布設工事であった。当該工事は、建築工事及び設備工事との並行作業となるため、配線器具設置工事が遅れないことが重要であった。また、進みすぎても待ち工事が生じ経済的損失となり注意が必要であった。そのため、特にハンドホール設置工事は、工程図表により進度管理に留意した。

(2) その対策

① 配線器具設置工事は、ネットワーク工程表の作成によりクリティカルパスの工程が明確となり、工程計画時の適正な技術者の配置や時間見積りの見直しを実施し、適正な人員配置を行い計画通りに工事を終了させることができた
② その結果、ダクト取付け、ケーブルラックの設置など、建築工事と関連のある電気工事を、詳細に打ち合わせすることで、スムーズな工程調整を行うことができた。
③ ハンドホール設置工事は、土木工事及び建設工事と並行で作業する必要があったため、時間ごとの工程を機械工と打ち合わせ・調整を行い、弾力的な進捗管理が実現した。

品質管理の解答例/電気工事施工管理技士の経験記述

施工完了から引渡しまでの機材管理、電源設備更新

(1) 留意した事項と理由
 D電力会社E工場の電源設備更新工事では、入出力点数が多く、ケーブル本数として約1000点あり、それぞれに掛かる電圧もAC6000VからDC24Vまで幅広いものであった。
 そのため、工事完了後のケーブル配線に誤配線がないことが、本工事の特に留意すべき事項であった。

(2) その対策
① 更新・新設盤と機器の配置図で使用するケーブルについて、サイズと種類を明記し、そのケーブルの行先を1つの図面上に表し、誤配線が起こらないように配慮した。
② 導通・絶縁検査を終了した端子、ケーブルは現物にマーキングするとともに、図面とチェックリストにチェックマークをつけて、検査未了分が分かるようにした。
③ 変電所内は無線が途切れるため有線通話機を設置し、確実に検査状況が直ちにフォローできるように、離れた変電所間の導通検査を行った。
④ 誤配線により高圧電流が流れ低圧電子回路機器を破損させないために、検査が終わっていない回路・機器の電源スイッチは投入しないように、電源投入禁止札を貼付した。




よく読まれている関連記事




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする