これだけ項目集/2級 学科試験/電気工事

「経験記述、実地試験と学科試験の解答例」は、
2020年版に更新済み です。

下記の「お申込みはこちら」ボタンより、お申込みください。


これだけ項目集/2級 電気工事施工管理 学科試験

施工管理技士の資格の取得は、十分な実務経験を有する技術的評価と、的確な管理能力を備えた技術者、人材として評価され、優遇されます。
この「これだけ項目集」(出題傾向の分析と重点項目集)が、学科試験・実地試験の勉強法がかわからない方、業務でお忙しい方々の受験を支援します。

出題を分析した「学科試験の出題傾向」を見れば、本年度の出題が予想できます。
どのような問題が、どれくらいの頻度で出題されるのか、一目瞭然です。
「これだけ項目集」は、出題回数別に色分けした解答例です。下記の「これだけ項目集のサンプル」を見れば、特化すべき本年度の重点問題が絞り込めます。

  2,000名以上が合格できた、電気工事施工管理技術検定 の支援ツールです。


   2級 学科試験の重要項目集と出題傾向を、メールで送信しています。

これだけ項目集と出題傾向は、ただ今、メール送信中です。


これだけ項目集について(2級電気工事 学科試験)

「これだけ項目集」では、出題傾向を分析して、出題一覧表を作成しています。
どのような問題が、どれくらいの頻度で出題されているのか、一目瞭然です。
毎年出題される問題は、隔年・数年間隔で出題される問題は、頻度の多い出題は、近年人気の問題は、などを考慮し、特化すべき重点問題を掲載しています。

出題傾向の分析と「これだけ項目集」を使用すれば、
絞り込んだ重点項目を覚えるだけで、合格点が獲れる準備ができます。

これだけ項目集とは
・出題傾向の分析から、重点項目を絞り込み、これだけ項目集を作成しています。
・これだけ項目集では、出題年度・出題回数は、色を変えて記入しています。
・項目の重要度、覚える優先順位などが、ハッキリわかります。
・Wordデータです。並べ替え、編集して、オリジナルの項目集が作成できます。
・数枚づつ用紙に印刷して、通勤中や業務の合間にも、効率的な勉強ができます。


これだけ項目集のサンプル/2級 電気工事施工管理 学科試験

これだけ項目集では、2級電気工事 学科試験で出題されるすべての、
次の出題分類について、重要項目集と出題傾向を作成しています。

2級電気工事 学科試験は、平成30年度以降、次の内容で出題されます。

電気工学 No.01~No.12、電気設備 No.13~No.32、
関連分野 No.33~No.39、
施工管理法 No.40~No.52、法規 No.53~No.64。

このページに掲載している、サンプル項目集は、ほんの一部です。
また、最新のものではありません。
最新のすべての内容は、
「これだけ項目集」をお申込み後、ダウンロードして、ご確認ください。
オリジナルの重点項目集を作成しましょう。!!
・間違い探し問題の間違った文章は、正しい文章に直しています。
 直した正しい文章は、太字にしています。
・出題年度は、色を変えて記入しています。
 たくさんの色が付いている問題が、よく出る問題です。
・項目の重要度、覚える優先順位などが、ハッキリわかります。
・下記の出題傾向の分析表を参考にして、問題を絞り込めば、
 オリジナルの重要項目集が作成できます。
・数枚ずつ用紙に印刷すれば、通勤や業務の合間に、効率的な勉強ができます。

2級電気工事 学科試験 電気設備 No.13~No.32 のサンプル

2電気 学科  H30-14  H29-14  H25-14  H23-14  H22-14
変圧器の冷却方式(変電設備)

 油入自然循環式
  ・油入自冷式 … 変圧器内部の絶縁油の自然対流によって、鉄心及び巻線に
           発生した熱を外箱に伝え、外箱からの放射と空気の
           自然対流により、熱を外気に拡散させる方式。
  ・油入風冷式 … 油入自冷式の放熱器を送風機に変えて強制的に通風する。

 油入強制循環式
  ・送油自冷式 … 放熱器に絶縁油をポンプにより強制循環させ、
           空気の自然対流により、熱を外気に拡散させる。
  ・送油風冷式 … 冷却管に絶縁油をポンプで強制循環させ、
           冷却管を送風機で冷却する。


2電気 学科  H30後-17  H30前-17  H28-17  H25-17  H22-17
架空送電線路のねん架(送配電設備)

(目的)
 各相の作用インダクタンスと作用静電容量を平衡させる。
(理由)
 架空送電線の各相の電線は、電線相互の間と地面に対し対称に配列されていないため、各相の作用インダクタンスと作用静電容量が不平衡なっていて、地絡保護に支障を与え、近くの通信線に誘導障害を生じさせる。

2級電気工事 学科試験 施工管理法 No.40~No.52 の サンプル

2電気 学科  H30後-41  H30前-41  H28-41  H24-41  H23-41
高圧架空配電線路の施工(工事施工)

 電線接続部の絶縁処理には、絶縁電線と同等以上の絶縁効果を有する絶縁カバーを使用した。
 高圧電線は、圧縮スリーブを使用して接続した。
 延線した高圧電線は、張線器で引張り、たるみを調整した。
 高圧電線の引留支持用には、高圧耐張がいしを使用した。
 支線が断線したとき地表上2.5m以上となる位置に、玉がいしを取付けた。
 長さ15mのA種コンクリート柱の根入れの深さを、2.5mとした。
 支線の埋設部分には、打込み式アンカを使用した。
 柱上変圧器の過負荷保護の為、変圧器一次側に高圧カットアウトを取り付けた。
 接地線は、地下75㎝から地上2mまでの部分を、合成樹脂管で保護した。


2電気 学科  H30後-43  H30前-43  H28-43  H25-43  H22-43
パンタグラフの離線防止(工事施工)

 トロリ線の波動伝播速度を向上させる。
 トロリ線の接続箇所を少なくする。
 トロリ線の勾配変化を少なくする。
 トロリ線の架線金具を軽くする。
 トロリ線の硬点を除去する。
 トロリ線の架線張力を適正に保持する。


   2級 学科試験の重要項目集と出題傾向を、メールで送信しています。

これだけ項目集と出題傾向は、ただ今、メール送信中です。


学科試験の出題傾向/2級電気工事施工管理

このページに掲載している、学科試験の出題傾向は、ほんの一部です。
また、最新のものではありません。
最新のすべての内容は、
「これだけ項目集」をお申込み後、ダウンロードして、ご確認ください。

2級電気工事 学科試験 電気設備 No.13~No.32 の出題傾向

出題傾向の分析と重点項目について

電気設備 No.13~No.32 の出題傾向は、発電設備、変電設備、送配電設備、構内電気設備、電車線などから出題されます。

過去の出題傾向から出題予想分析を行い、高い確率で予想的中させています。
は、予想が的中したものです。
高得点を取る必要なし。時間をかけずに、確実に合格点を目指しましょう。!!
・毎年出題されている問題はないか。
・頻繁に出題されている問題の周期は、1年置きか、2年置きか、3年置きか。
・久々に出題された問題があるが、同じような怪しい問題はないか。
・しはらく出題されていないが、気になる問題はないか。
このように、特化すべき重点問題を絞り込んでください。
電気設備 No.13~No.32 予想 R01
後期
R01
前期
H30
後期
H30
前期
H29 H28 H27 H26-
H22
◇ 発電設備
水車の種類 2
水車発電機
火力発電所の大気汚染装置 1
汽力発電 2
◇ 変電設備
変圧器の冷却方式 3
屋内変電所の雷害対策
変電設備機器
変圧器の騒音対策 1
◇ 送配電設備
保護リレーシステム 1
負荷率計算 1
過電流継電器 OCR
過電流継電器の限時特性 2
架空電線付属品 2
架空送電線のたるみ 2
電力用電線記号 1
がいしの種類 2
架空送電線路のねん架 2
 

このページに掲載している、学科試験の出題傾向は、ほんの一部です。
すべての出題は、これだけ項目集を申込み後、ダウンロードし、ご確認ください。


まとめ/学科試験の対策/2級電気工事施工管理

出題傾向の分析と「これだけ項目集」を使用すれば、
絞り込んだ重点項目を覚えるだけで、合格点が獲れる準備ができます。

これだけ項目集とは
・出題傾向の分析から、重点項目を絞り込み、これだけ項目集を作成しています。
・これだけ項目集では、出題年度・出題回数は、色を変えて記入しています。
・項目の重要度、覚える優先順位などが、ハッキリわかります。
・Wordデータです。並べ替え、編集して、オリジナルの項目集が作成できます。
・数枚づつ用紙に印刷して、通勤中や業務の合間にも、効率的な勉強ができます。

☆ 余裕のあるスケジュール管理を
試験前は、余裕のあるスケジュール管理が必要です。
ゆとりと余裕が脳を活性化させ、強い集中力を生みます。
「これだけ項目集」(出題傾向の分析と重点項目集)、早めのお申込みを。
施工経験記述問題の対策「出題予想と解答例文」も実績のあるツールです。
併せて、お申込みください。


   2級 学科試験の重要項目集と出題傾向を、メールで送信しています。

これだけ項目集と出題傾向は、ただ今、メール送信中です。