土木施工管理技術検定試験の解答例、経験記述と実地試験の必勝教材





このページの、目 次 です。

経験記述の出題予想と解答例、実地試験のこれだけ項目集

高い確率で予想的中させている、必勝教材。

土木施工管理技術検定試験 申込者4,000名突破!


1級・2級 土木施工管理技術検定試験、実地試験と学科試験に対応


本教材が選ばれる「5つの理由」

過去問を徹底分析した、高い的中率の出題予想

本年の出題予想を考慮して準備した、多くの解答例文

オリジナル解答が簡単にできる、短文を組み合わせる部品集

通勤中や仕事の合間でも学習できる、スマホで使える

短時間で対策ができる、有資格者・建設コンサルが作成した教材


土木施工管理技術検定試験 支援ツールの申込み実績

2,000名以上が合格できた、土木施工管理技術検定試験 支援ツールの実績です。

支援ツール名 H30
申込み数
H30~H24
申込み数(累計)
1級・2級 経験記述問題の対策
 出題予想と解答例文
180 2,660
1級・2級 学科試験・実地試験の対策
 出題傾向の分析と重点項目集
210 1,610


1級・2級 経験記述の支援ツール  3,000 円(税込)
経験記述問題の出題予想と解答例文

1級・2級 実地試験これだけ項目集 1,500 円(税込)
実地試験の出題傾向分析&重点項目集

2級 学科試験これだけ項目集 900 円(税込)
学科試験の出題傾向分析&重点項目集

出題傾向分析と解答例文、重点項目集を、メールで送信しています。


土木施工管理技術検定試験の支援ツール

経験記述で、この支援ツールが選ばれるワケ

経験記述問題の出題予想と解答例文

土木施工経験記述問題は、記述された施工経験の内容から、受験者が
 実務経験内容にふさわしい技術力が備わっているかを判定する問題です。

正しい技術用語を用いて、具体性のある説明ができれば、
 技術者としての十分なアピールになり、高い評価が得られます。

経験記述の出題傾向から本年度の出題を高い確率で予想します。

本教材では、出題が予想される施工管理項目(テーマ)に沿った、
 合格点が獲れる「施工経験記述の解答例文」を多数提供しています。

解答例文を独自の現場情報に書き換えるだけで、
 合格点が獲れる準備ができます。


支援ツールはこのようなものです。少しだけ紹介します。

土木施工管理技術検定試験  1級 経験記述の支援ツール


土木施工管理技術検定試験  1級 経験記述の出題予想

  • 1級土木施工管理技術検定試験、経験記述問題の出題は、品質管理、工程管理、安全管理の3項目から、出題されています。
  • 平成30年度の出題は、「品質管理」でした。
  • 平成29年度の出題は、「安全管理」でした。
  • 平成28年度の出題は、「安全管理」でした。
  • 平成27年度の出題は、「品質管理」でした。
  • 平成26年度の出題は、「安全管理」でした。
  • 2019年度の出題は「安全管理」と「工程管理」が予想されます。


土木施工管理技術検定試験  1級 経験記述の解答例

  • 解答例文は、下記の内容で、合計24件、作成しています。
    品質管理 7件、工程管理 7件、安全管理 7件、環境問題 3件。

解答例文は、それぞれの施工管理項目について、次の内容で作成しています。
 (1) 留意した技術的課題
 (2) 検討した理由と内容
 (3) 実施した対応処置


土木施工管理技術検定試験 1級 経験記述の解答サンプル

  • 経験記述の解答文のサンプルは、ほんの一部です。
  • すべての解答例は申込み後、ダウンロードしてご確認ください。

基礎工、酸素欠乏 (安全管理のサンプル解答文)


(1) 留意した技術的課題
 本工事は、太陽光発電所における特高受電設備の基礎工事の内、特高受電用電力ケーブル引込用の地下ピット(1,500㎜×2,800㎜×H:2,150㎜ マンホール:900㎜Φ)の設置工事であった。
 地下ピットは発電所正門の近傍にあり、かつ、管理道路(発電所構内の舗装道路 5m巾)に沿った位置にあった。
 そのため、工事車両や工事施工者が頻繁に行き来し、工事関係者以外の者も容易に近づく恐れがあった。
 コンクリート打設後の、型枠取外し作業等のピット内作業や、工事関係者以外がピット内に侵入する恐れも考えられることから、酸素欠乏対策が安全管理上の重要な課題であった。

(2) 検討した理由と内容
 特高受電用電力ケーブル引込用の地下ピットは、「ケーブル・ガス管など地下に敷設される物を収容するための暗きょ・マンホール・ピットの内部」に該当する。
 そのため、「酸素欠乏症等防止規則」に定める下記の項目について、月間定例会議で審議して具体的な検討を行った。
① 地下ピット作業時の酸素濃度測定方法と測定器具
② 地下ピット作業時の換気方法
③ 地下ピット作業人員の点検方法
④ 工事関係者以外の立入禁止の対策
⑤ 地下ピット作業時の監視方法
⑥ 地下ピット作業時の退避方法
 月間定例会議とは、毎月1回開催する、設計者・施工管理者・電気主任技術者・土木工事代理人・電気工事代理人が出席する定例会議であった。

(3) 実施した対応処置
① 地下ピット作業時の酸素濃度測定方法と測定器具
 a.酸素欠乏危険作業主任者を選任し、作業を指揮させることとした。
  その日の作業を開始する前、作業場を一旦離れた後再び作業を開始する
  前においては、ピット内の酸素濃度を測定することした。
 b.酸素濃度測定は「酸素濃度測定記録表」を使用し、次の項目を記載した。
  ・測定場所、測定日時、測定者、作業人員、測定条件(天候、気温)、
   測定箇所(上段、中段、下段)、測定結果
  ・測定器仕様:測定器の名称、型式、製造者、製造番号、製造年月日、
   検査日、有効期限
  ・判定基準:酸素濃度18%以上
 c.酸素濃度測定方法は次のとおりとした。
  ・測定結果は数値データで記入する。
  ・測定は送風機を起動させ、10分以上経過してから実施する。
  ・結果が判定基準に満たない場合は、換気方法を変更し再度、測定する。
 d.酸素濃度測定器具は次のとおりとした。
  ・測定器は警報機能付きとし、作業中は酸素濃度を常時監視した。
② 地下ピット作業時の換気方法
 地下ピット内作業時は、送風機による強制換気とし、常時運転とした。
③ 地下ピット作業人員の点検方法
 酸素欠乏危険作業主任者が確認し、「酸素濃度測定記録表」に記載した。
④ 工事関係者以外の立入禁止の対策
 ピット内作業中は、作業箇所周囲をカラーコーンで区画し、立入禁止の表示板を取付けた。
⑤ 地下ピット作業時の監視方法
 作業監視人を配置し、ピット内作業と酸素濃度を常時監視させた。
⑥ 地下ピット作業時の退避方法
 酸素濃度が低下し、測定器が警報を発した場合は、作業監視人が、ピット内作業員に退避指示を行うこととした。



土木施工管理技術検定試験  1級 経験記述の部品集

  • 土木施工管理技士試験、経験記述の部品集は、
    品質管理、工程管理、安全管理、環境保全、建設副産物の出題項目について、「理由(○○のため)」と「対応処置」に区分した部品集を多数準備しています。

  • この部品集から自身が体験した施工内容を選び、独自の現場情報を入れれば、経験記述の解答文の骨格が簡単に出来上がります。
  • 経験記述の部品集のサンプルページは、 こちらへ


土木施工管理技術検定試験  1級 経験記述の出題傾向

  • 過去の出題傾向から出題予想分析を行い、高い確率で予想的中させています。
  • ◎は、予想が的中したものです。
出題項目 2019
予想
H30 H29 H28 H27 H26 H25 H24 H23-
H16
 品質管理 2
 工程管理 1
 安全管理 2
 出来形管理   2
 仮設工 1
  • 出題傾向と出題予想のサンプルは、ほんの一部です。
  • 全ての出題予想は申込み後、ダウンロードしてご確認ください。


1級 経験記述の支援ツール  3,000 円(税込)
経験記述問題の出題予想と解答例文

出題傾向分析と解答例文を、メールで送信しています。


土木施工管理技術検定試験  2級 経験記述の支援ツール


土木施工管理技術検定試験  2級 経験記述の出題予想

  • 2級土木施工管理試験、経験記述の出題は、品質管理、工程管理、安全管理、環境対策の4項目から、2項目づつの、出題です。
  • 平成30年度の出題は、「品質管理、安全管理」でした。
  • 平成29年度の出題は、「工程管理、安全管理」でした。
  • 平成28年度の出題は、「品質管理、安全管理」でした。
  • 平成27年度の出題は、「品質管理、工程管理」でした。
  • 平成26年度の出題は、「工程管理、安全管理」でした。
  • 昨年でなかった項目が出題される、2年間連続した項目が出題される、という法則があるとすると、
  • 2019年度の出題は「安全管理」と「工程管理」が予想されます。


土木施工管理技術検定試験  2級 経験記述の解答例

  • 解答例文は、下記の内容で、合計24件、作成しています。
    品質管理 4件、工程管理 5件、安全管理 6件、環境問題 9件。

解答例文は、それぞれの施工管理項目について、次の内容で作成しています。
 (1) 留意した技術的課題
 (2) 検討した理由と内容
 (3) 実施した対応処置


土木施工管理技術検定試験 2級 経験記述の解答サンプル

  • 解答文のサンプルは、ほんの一部です。
  • すべての解答例は申込み後、ダウンロードしてご確認ください。

河川、材料不足 (工程管理のサンプル解答文)


(1) 留意した技術的課題
 国土交通省○○河川事務所発注の△△川護岸工事において、河川の低高水護岸に、かごマット工、雑割石張工を施工した。
 低水護岸のかごマット工は、施工中に被害の恐れがあるため、着手後短期間で施工する必要があった。しかし、発注者から指示のあった再生センターの再生栗石は、販売に数量制限があり、工事期間中に予定数量を確保することは困難であった。
 本工事では、再生栗石の確保と現場内での保管が、工程管理上の重要な課題であった。

(2) 検討した理由と内容
 現場付近の過去3年間の河川増水や気象状況を調べ、工期内の作業可能日数を想定し、日当たりの作業量を増大させる作業工程の検討が必要とされた。現場で検討した内容は、次のとおりであった。
① 再生センターの出荷30m3/日に対し、かごマット用の中詰栗石は45m3/日が必要であった。不足するかごマット用の中詰栗石270m3(9日分)を仮置きする方法を検討した。
② 同様の理由で、低水護岸工事に使用する中詰栗石も、不足分をストックしておく仮置きヤードを検討した。
③ 作業ごとに所要日数の短縮が可能か検討するとともに、労務、機械、資材計画など、工事全般の作業日数の短縮についてフォローアップの検討を行った。
 以上の検討から、次の対応処置を講じた。

(3) 実施した対応処置
① 現場近くに100坪程度の仮置きヤードを設け、低水護岸工事の着手前から再生センターの再生栗石を入手し、不足分の270m3(9日分)を仮置きした。
② かごマット工の着手前に、中詰栗石の仮置きヤードを確保し、不足分150m3(5日分)をストックして、工事に着手した。
③ 現場近くに100坪程度の仮置きヤードを設けることで、現場までは4tダンプトラックで運搬することができた。
 以上の処置により、材料不足による工期遅延の発生もなく、完工することができた。



土木施工管理技術検定試験  2級 経験記述の部品集

  • この部品集から自身が体験した施工内容を選び、独自の現場情報を入れれば、経験記述の解答文の骨格が簡単に出来上がります。
  • 経験記述の部品集のサンプルページは、 こちらへ


土木施工管理技術検定試験  2級 経験記述の出題傾向

  • 過去の出題傾向から出題予想分析を行い、高い確率で予想的中させています。
  • ◎は、予想が的中したものです。
出題項目 2019
予想
H30 H29 H28 H27 H26 H25 H24 H23-
H16
 品質管理 4
 工程管理 4
 安全管理 4
 環境問題    2
  • 出題傾向と出題予想のサンプルは、ほんの一部です。
  • 全ての出題予想は申込み後、ダウンロードしてご確認ください。


2級 経験記述の支援ツール  3,000 円(税込)
経験記述問題の出題予想と解答例文

出題傾向分析と解答例文を、メールで送信しています。


土木施工管理技術検定、実地試験のこれだけ項目集

重要な、覚える項目がハッキリわかる

 毎年出題される問題、隔年・数年間隔で出題される問題、
 頻度の多い出題、近年人気の問題などの条件を考慮して、

特化すべき重点問題を、出題回数別に色分けで掲載しています。

出題頻度の多いものから重点項目が絞り込まれています。

対策項目の重要度、覚える優先順位がハッキリわかります。

Wordデータなので、編集してオリジナル項目集を作れます。

スマホで使えるので、通勤中や仕事の空き時間に勉強できます。


実地試験の出題傾向分析&重点これだけ項目集とは、

このようなものです。少しだけ紹介します。


土木施工管理技術検定試験
1級 実地試験の これだけ項目集


土木施工管理技術検定試験 1級 実地試験の項目集サンプル

  • これだけ項目集では、1級 実地試験で出題される
    すべての出題分類について、重要項目集を作成しています。
  • これだけ項目集のサンプルは、ほんの一部です。
  • すべての項目集は申込み後、ダウンロードしてご確認ください。

1級 実地試験 問題2 土工 サンプル


1土木 実地  H30-2-2 H28-2-2 H25-2-1 H23-2-1 H21-2-1
盛土材料の選定

 盛土材料には、切土工事等からの建設発生土、あるいは土取り場から採取・運搬された土が利用される。
 これらの材料は粒度分布、組成等が設計段階では不明なものが多く、実際に切土後に盛土材料としての試験・判断が必要となる。

 盛土材料が粘性土の場合、一度高含水比になると含水比を低下させることは困難であるので、施工時の排水を十分に行い、施工機械のトラフィカビリティを確保する。
 盛土材料が砂質土の場合、盛土表面から雨水が浸透しやすく盛土内の含水比が増加して、せん断強度が低下するために表層がすべりやすくなるので、雨水の浸透防止をはかるためにはビニールシートなどで法面を被覆して保護する。

 盛土に用いる材料は、敷均し・締固めが容易で締固め後のせん断強度が高く、圧縮性が小さく、雨水などの侵食に強いとともに、吸水による膨張性が低いことが望ましい。粒度配合のよい礫質土や砂質土がこれにあたる。



土木施工管理技術検定試験  1級 実地試験の出題傾向

  • 過去の出題傾向から出題予想分析を行い、高い確率で予想的中させています。
  • ◎は、予想が的中したものです。
問題2 土工 2019
予想
H30 H29 H28 H27 H26 H25 H24 H23-
H17
◇ 盛土の施工
 盛土の排水処理 1
 盛土の留意事項 1
 盛土材料の選定 1
 盛土施工中の品質確保 1
 盛土の情報化施工 1
 盛土の含水量調節 1
 盛土の敷均し 1
 高含水比の建設発生土 1

  • 出題傾向と出題予想のサンプルは、ほんの一部です。
  • これだけ項目集では、1級 実地試験で出題される
    全ての出題分類について、出題傾向と出題予想を作成しています。
  • 全ての出題予想は申込み後、ダウンロードしてご確認ください。


1級 実地試験これだけ項目集 1,500 円(税込)
実地試験の出題傾向分析&重点項目集

出題傾向分析と解答例文、重点項目集を、メールで送信しています。


土木施工管理技術検定試験
2級 実地試験の これだけ項目集


土木施工管理技術検定試験 2級 実地試験の項目集サンプル

  • これだけ項目集では、2級 実地試験で出題される
    すべての出題分類について、重要項目集を作成しています。
  • これだけ項目集のサンプルは、ほんの一部です。
  • すべての項目集は申込み後、ダウンロードしてご確認ください。

2級 実地試験 問題3 コンクリート工 サンプル


2土木 実地  H29-3-1 H27-3-1 H25-3-1 H23-3-1 H21-3-1
棒状バイブレータ・内部振動機

 締固め作業には、内部振動機を用いることとする。
 締固めにあたっては、棒状バイブレータ(内部振動機)を下層のコンクリート中に、10cm程度挿入しなければならない。

 コンクリートを十分に締め固められるよう、棒状バイブレータ(内部振動機)は、なるべく鉛直に一様な間隔で差し込み、挿入間隔は、一般に 50cm以下にするとよい。

 コンクリート打込みの1層の高さは、使用する内部振動機の性能などを考慮して、40~50cm以下を標準とする。
 内部振動機の1ヵ所当たりの振動時間は、5~15秒とする。



土木施工管理技術検定試験  2級 実地試験の出題傾向

  • 過去の出題傾向から出題予想分析を行い、高い確率で予想的中させています。
  • ◎は、予想が的中したものです。
コンクリート工 2019
予想
H30 H29 H28 H27 H26 H25 H24 H23-
H18
◇ コンクリートの打込み・締固め
 2層以上の打込み
 許容打重ね時間間隔 1
 棒状バイブレータ・内部振動機 1
 締固め時間 1
 コンクリートの打込高さ 1
 コンクリートの打込時間 1
 コンクリートの打込順序 1
◇ コンクリートの初期欠陥
 コールドジョイント 1
 沈みひび割れ 1
 ブリーディング 1
 全面網目状のひび割れ 1
 ひび割れの原因 1

  • 出題傾向と出題予想のサンプルは、ほんの一部です。
  • これだけ項目集では、1級 実地試験で出題される
    全ての出題分類について、出題傾向と出題予想を作成しています。
  • 全ての出題予想は申込み後、ダウンロードしてご確認ください。


2級 実地試験これだけ項目集 1,500 円(税込)
実地試験の出題傾向分析&重点項目集

出題傾向分析と解答例文、重点項目集を、メールで送信しています。


土木施工管理技術検定試験に合格すると、
高額所得を獲得できる監理技術者、

 土木施工管理技士になることができます。


 土木施工管理技士になれば、

  ☑ 現場監督になれる。

  ☑ 社内外の信用度が増す。

  ☑ 転職が有利になる。

  ☑ 独立できる。

  ☑ 収入が増える。

 だから、「今年で合格してしまいましょう」


1級・2級 経験記述問題、実地試験と学科試験に対応


1級・2級 経験記述の支援ツール  3,000円 税込
経験記述問題の出題予想と解答例文

1級・2級 実地試験これだけ項目集 1,500円 税込実地試験の出題傾向分析&重点項目集

2級 学科試験これだけ項目集 900円 税込
学科試験の出題傾向分析&重点項目集

出題傾向分析と解答例文、重点項目集を、メールで送信しています。






よく読まれている関連記事




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする