経験記述の部品集/土木施工管理技士


土木施工管理技士試験、経験記述の部品集は、
品質管理、工程管理、安全管理、環境保全、建設副産物の出題項目について、
「理由(○○のため)」と「対応処置」に区分した部品集を多数準備しています。
この部品集から自身が体験した施工内容を選び、独自の現場情報を入れれば、
経験記述の解答文の骨格が簡単に出来上がります。




経験記述の部品集の掲載項目/土木施工管理

〔 品質管理 〕
〔 工程管理 〕
〔 安全管理 〕
土 工
・掘削、盛土、埋戻し
・調査、観測
・工事用道路
基礎工
・排水対策、湧水対策
・軟弱地盤対策
・地盤改良、置換え
・基礎杭、アースドリル
コンクリート
・材料、種類
・プラント工場
・運搬、配合
・打込み、養生
・脱型の時期
・テストピース、ジャンカ
・コールドジョイント
・ひび割れ、クラック
・仕上げ
鉄筋工
・かぶり、養生、継手
・内部欠陥
舗装工
・プラント、運搬
・温度管理、舗設
下水道
・推進工、管材料
塗装工
品質管理の方法
・施工要領書、熟練工
・チェック、その他
土 工
・掘削、埋戻し、残土
・運搬、搬入出
・工事用道路
コンクリート工事
・コンクリート工
・温度対策、型枠、砕石
一般工事
・気象、気候、時間、時期
・作業員の増員
・班編成、配置
・機材の増加、並行作業
・手戻り、手直し
・ネットワーク工程表
・バーチャート工程表
・フロート
・クリティカルパス
・工程会議、打合せ、協議
・教育、指導
・調査、確認、チェック
・工程調整
土 工
交通事故、車両事故
・交通事故、接触事故
・車両事故
関連工事
機械災害、器具災害
安全活動、教育
・安全活動、安全教育
・新規入場者教育
墜落事故、転落事故
飛来事故、落下事故
感 電
酸素欠乏
火 災


〔 環境保全 〕
〔 建設副産物 〕
・地球温暖化
・熱帯林の減少
・水質汚染、濁水対策
・地下水処理
・大気汚染、粉塵対策
・資源の枯渇
・環境負荷の低減
・騒音対策、振動対策
・廃棄物の処置対策
・コンクリート塊
・アスファルト塊
・建設発生土
・建設汚泥
・建設発生木材
・型 枠
・金属くず
・その他の副産物
・ゴミ処理


引き続き、土木施工管理技士試験、経験記述の部品集を紹介いたします。
このページに掲載している、部品集のサンプルは、ほんの一部です。
全ての部品集は、支援ツールを申込み後、ダウンロードして、ご確認ください。


品質管理、軟弱地盤対策/サンプル部品集

○○のため 部品集

○現地は、表層部に00m程度の軟弱層を有する地盤状況であったため
○軟弱地盤における開削工法の検討が必要であったため
○地質は、N値00~00の粘土質シルト、粘性土で、地下水位GL-00mの軟弱地盤であったため
○地盤が予想以上に軟弱で、掘削時に重機が自沈する危険があったため

○基礎工と将来建設予定の躯体とのクリアランスは00cmであったため
○軟弱地盤下において、側圧による掘削断面拡大の防止対策が求められたため
○打設したコンクリートが軟弱土中にもぐり込み、出来形が著しく不良であったため
○軟弱地盤の沈下量と擁壁の水平変位に着目して、品質管理を行う必要があったため

対応処置 部品集

○購入土の山砂は、軟弱地盤対策として、重機のトラフィカビリティを確保した
○軟弱地盤中の速やかな排水、上載荷重の分散を目的として、サンドマットを採用した
○締固めにおいては、最大乾燥密度が00%以上となるよう、0,000m3毎に検査を行い管理した
○試験施工時には、重機走行による適正強度を確認し、現場での発現強度の測定を行った

○固化材の最適添加量を決定するため、室内試験を行った
○湿地ブルドーザのトラフィカビリティーを考慮した
○現場配合については、材令00日で、コーン指数00kgf/cm2以上になる量を設定した
○試験盛土を行い、発生土の敷きならし、セメントの散布、撹挫、転圧の最適施工機械の選定など、それぞれの施工方法を立案した

工程管理、工程調整/サンプル部品集

○○のため 部品集

○最も工程のかかる構造物築造の工程を短縮するため
○限られた条件の工事において、的確・綿密な工程管理を行い、工期を短縮するため
○増水や、厳冬期の施工といった状況下での、的確な工程計画が求められたため
○工程の遅れを出さないため、施工性を考慮する必要があった

○仮設を設けたために作業幅は0.0mと狭く、ダンプトラックの離合が困難な状態にあったため
○電力通信、ガス管、給水管、排水管等の重要ケーブルが埋設されている可能性があったため
○発注者の要望により、大幅な設計変更になったため
○施工図、製作図の入念なチェックを求められたため

対応処置 部品集

○工事が終わった所から後追いで作業できるように、随時タイムスケジュールを調整した
○現場をブロックで分割し、工種間で作業が重複しないように調整した
○特定工事の作業を重点的に工程調整した
○工程計画との調整、弾力的な管理運営を行った

○関連他工事との工程調整を綿密にして、機動力を発揮した
○各作業間の取り合い調整により、作業効率を向上させた
○関連他業者との円滑な、取合い調整を行った
○工事の完了箇所から、随時後続施工を始め、工程の短縮を図った

安全管理、安全活動/サンプル部品集

○○のため 部品集

○現場馴れからくる油断や小さなミスを防止するため
○小さなミスの繰り返しによる大事故の発生防止のため
○現場慣れからくる安全意識のゆるみや、作業のマンネり状態による事故防止のため
○マンネリ作業の防止と、作業員の安全意識の高揚を図るため

○綿密な工程調整を行い、労働災害を防止するため
○作業調整、協力体制の確立による労働災害防止のため
○作業調整に重点を置くとともに、作業員の安全作業への取組みを強化するため
○労働災害の発生、工事の遅延など、多大な損害を防止するため

対応処置 部品集

○安全朝礼にツールボックスミーティングを実施することで、注意不足によるミスの防止、危険箇所の明確化、安全基本動作の総チェックに努めた
○作業開始前にKY(危険予知)活動等を行って、その日の作業に伴って想定される危険有害性とその対策について周知徹底した
○その日の作業の開始前に、予定されている作業について関係者で手順の確認を行った
○随時現場を巡回して、作業の実態の把握と必要な指示を行った

○事業計画書の事前提出により、安全管理体制を明確にして、立会時等に確認した
○警報音と監視員からの連絡・合図により、作業員への伝達・注意を周知徹底した
○資材管理にチェツクシートを作成し、1日の作業開始時と終了時の点検を徹底した
○作業開始前に作業場の仮設物の点検、安全帯の使用を徹底指示した

環境保全、水質汚染・濁水対策/サンプル部品集

留意事項:水質汚染

処置対策:

○現場内処理水は、砂利、砂層などの所定フィルター層にて処理し、沈殿池を設置した。
○現場内で発生した汚水をそのまま下水に放流せずに、浄化ピットにて浄化した。
○降雨時に土砂が、掘削土置き場から周辺排水路などに流出しないよう、調整池・仮設沈砂池を設置した。
○地下の掘削作業で発生する湧水の排水について、湧水の水質に応じ適切な水処理施設を設置する計画とした。

○地下湧水の水質が良好な場合には、場内散水等に直接利用することとし、放出量を低減できる排出方法について検討した。
○地下掘削で発生する濁水、酸性やアルカリ性廃液に対して、適切な水処理施設の設置など、保全措置を検討した。
○排水の水質に応じて適切な水処理を計画し、モニタリングによって水質を確認した後に放出を行った。
○工事に発生した濁水の拡散を抑制するため、濁水の発生が少ない工法を検討し、汚濁防止膜、汚濁防止フェンスを設置した。

建設副産物、建設発生土/サンプル部品集

留意事項:建設発生土砂

処置対策:

○基礎掘削により発生した土砂は、敷地に余裕があったので一時貯蔵し、交通量の少ない日に搬出した。
○地業工事の際に発生した残土を当建設敷地内に埋戻し、工事まで仮置きした。
○現場で杭工事から発生した建設汚泥を、天日乾燥させる計画、セメント系固化剤により改良を行う計画を立案し、発注者の承認を得て、場内で埋戻し材として使用した。
○現場で発生した残土は、社内の情報共有システムを活用し、他現場で利用するよう促進した。

○建設発生土情報交換システムを使用して、土砂の搬出先を選定した。
○埋戻し土は発生土を場内に仮置きして再利用した。ストック場所を確保するために、現場事務所は隣地を借りて設置した。
○建設発生土の搬出にあたり、再生資源利用促進計画を作成し、再利用を推進した。
○建設発生土に関する情報を広く周辺現場へ周知し、他の建設現場での利用を促進した。

結果評価:

○トラックの輸送コストが減ったこと、交通量の少ない日に搬送することにより、安全に輸送できた。
○仮置きすることにより、残土処分費用の軽減、工期を短縮することができた。
○建設廃棄物として埋立処分場へ搬出せず、場内にて再利用することで、コスト面、環境面で非常に有効であった。
○残土搬出車両が少なくすんだことで、近隣からの苦情や交通障害もなく、工程も予定より00日間が短縮できた。




よく読まれている関連記事




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする