技術力確保 01/管理技術力の部品集


RCCM試験/その他の管理技術力の解答例の一覧ページです。


スポンサーリンク


技術力確保 01/管理技術力の部品集


1.技術力確保の必要性

 今後の公共事業における業務の高度化への対応、国民の多様なニーズへに対応して、従来に増して、高度専門技術力の確保が求められている。このような技術力の確保及び新技術の導入・開発等に対する積極的な取り組みが必要であり、管理技術者のみでなく、各担当者の技術水準の向上が喫緊の課題である。


2.技術力確保に必要な事項、方策

①基礎技術力の確保
 技術力の向上においては、設計業務毎に、構造令・示方書の確認、技術書・参考文献の理解等を繰り返し、設計照査を実施しつつ、基礎技術の充実を図る必要がある。

②施工技術情報の収集と整備
 施工面については、新工法・施工事例の現地踏査等を積極的に行い、施工技術情報の収集・整備を実施し、各々の工法について、その内容を把握した上で、各工法の比較検討を十分に行い、設計者自らの意見を洞察力をもってまとめ、設計業務に反映させることが重要である。

③技術交流の推進
 発注者・施工者及び他分野との技術交流の推進、技術情報の整備、施工管理への積極的進出等を図り、技術力の確保及び新技術の導入・開発等に研鑽すれば、おのずと、技術評価が得られ、今後の公共事業におけるより高度な業務を実施できるものと確信する。

④施工管理への積極的な進出
 現在、建設コンサルタントにおいても、事務・技術業務の両面でコンピュータ利用が進み、生産性の向上が図られてきた。従前の報告書や図面の作成をデータベース化、CAD化することにより、技術者のウェイトを照査の分野、施工管理の分野へシフト化する必要がある。

⑤現場に適合した設計の実現
 施工方法等の選定については、技術力の向上を図りながら、現場の特性、地元住民のニーズ、発注者の意図等を考慮し、より安全で経済的かつ、現場に適合した計画として設計業務に反映させなければならない。

⑥施工者との業務遂行体制の整備
 公共工事の遂行にあたっては、発注者・設計者・施工者の三者が役割分担を明確にし、それぞれの業務遂行に責任を持つことが求められている。建設コンサルタントと施工者の関係においても、中立・独立性の倫理の確保を認識した上で、意志の疎通を十分に図る必要がある。
 施工者とのより良き業務遂行体制を確保するためには、選定した施工方法について、施工技術の情報交換等を行い、設計図面の基準点の確認、施工者・設計者両者による現地確認を踏まえつつ、より安全で現場条件に適合した最適の施工方法を確立していくことが重要である。


スポンサーリンク




よく読まれている関連記事




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする