職業倫理 02/その他の管理技術力の解答例


RCCM試験/その他の管理技術力の解答例の一覧ページです。


スポンサーリンク


職業倫理 02/その他の管理技術力の解答例

問い

 建設コンサルタントにおける職業倫理について、以下の点について述べなさい。
① 職業倫理が求められている背景を述べるとともに、建設コンサルタントとして遵守すべき倫理について3つ取り上げ、概要を述べよ。
② 業務を実施する上で想定される、又は見聞きしている具体の職業倫理上の課題を取り上げ、その課題にどのように対応すべきか、あなたの意見を述べなさい。


解答例

1.職業倫理が求められている背景
 近年、経済活動の停滞、税収不足が継続する中、国ならびに地方の財政の悪化等から、公共事業の削減が顕在化している。現在わが国は少子高齢化の進展や、経済成長の急激な伸びは期待出来ないことから、今後もこの傾向は続いていくものと考えられる。
 また、「無駄」「談合」「政治との癒着」等偏った情報をもとに負のイメージが先行し、社会資本整備である公共事業に対して世論の目は厳しくなる一方である。
 このような、限られた財源の下、社会環境の変化に対応して、生活を守る社会資本整備を行っていくためには、われわれ建設コンサルタントは、「職業倫理」は今後の業界発展には不可欠な基盤であることを認識し、「職業倫理」問題に真剣に取り組む必要がある。
2.建設コンサルタントとして遵守すべき倫理
(1) 中立・独立性の堅持
 技術者は、その業務を行うについて、中立公正を堅持し、独立性の堅持しなければならない。建設コンサルタントとして中立・独立性を堅持し、これを害するような建設業者または建設業に関連ある製造業者等との利害関係を持ってはならない。自己の業務についてその意義と役割を積極的に説明し、それへの批判に誠実に対応する。さらに必要に応じて、自己および他者の業務を適切に評価し、積極的に見解を表明する。
(2) 情報の開示
 長期性、大規模性、不可逆性を有する土木事業を遂行するため、地球の持続的発展や人々の安全、福祉、健康に関する情報は公開する。
(3) 説明責任
 建設コンサルタントには、社会情勢の変化に柔軟に対応した、多様な手段による住民参加、対話を通じた行政の実現への期待が寄せられている。建設マネジメントの関係者がアカウンタビリティを果たし、施策および事業を実施していくに当たって、建設コンサルタントは、住民の理解・協力が得られるように、広く意見を聞き、解りやすく、納得できる社会資本の充実を進めてゆく必要がある。
(4) 人材育成
 自己の人格、知識、および経験を活用して人材の育成に努め、それらの人々の専門的能力を向上させるための支援を行う。
(5) 国際社会における信頼
 自然を尊重し、現在および将来の人々の安全と福祉、健康に対する責任を最優先し、人類の持続的発展を目指して、自然および地球環境の保全と活用を図る。固有の文化に根ざした伝統技術を尊重し、先端技術の開発研究に努め、国際交流を進展させ、相互の文化を深く理解し、人類の福利高揚と安全を図る。環境問題が企業の存在と活動に必須の要件であることを認識し、地球環境への負荷を低減し、持続可能な社会づくりに貢献しなければならない。
3.職業倫理上の課題とその対応
(1) 再委託
 再委託については大きく二つの問題が存在している。一つは、いわゆる“丸投げ”といわれるものである。再委託は業務の「主たる部分」については禁止されており、契約違反である。その要因は、自社ではできない業務を無理に受注することや、実績作りのためなどによるもので「事前協力」の一因ともなりかねない。
 もう一つの問題は下請問題である。特に、近年は低価格入札などによる苦しい経営実態を反映した下請へのしわ寄せが懸念されている。これらは品質に問題をきたす要因にもなりかねない。
 我々は、すべての受託業務において、自らが「技術への責任」と「品質への責任」を持たなければならない。よって、自らが責任の持てない業務は受託してはならない。
(2) 新たな事業スキームへの対応
 今後も、設計・施工分離発注を原則と考えるが、新たな事業スキームとして、設計・施工一括発注方式やコンストラクションマネジメント(CM)、PFI/PPP などによる事業が増加するだろうといわれている。これらの事業への関わりにおいては、より高い職業倫理観と職業規範、高い技術力、中立・独立性をあわせ持たなければならない。これらが欠けると他者への従属関係となるなど歪んだパートナー関係となり、公共性・透明性・適正なコストの確保が困難となる。また、建設コンサルタントの権威を失墜させ、コンサルタントに対する不要論がでかねない。
 そのためにも我々は、しっかりとした職業倫理観と高い技術力を養成し、新たな事業スキームで期待される建設コンサルタントの役割を果たせるよう不断の努力を怠ってはならない。
                             - 以 上 -


スポンサーリンク




よく読まれている関連記事




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする